FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2011年01月04日 (22:47)

暮れに駆け込みで買ったCD

新年明けましておめでとうございます。ちょっと遅いけど(笑)。

で、去年の事を書きます。去年の暮れに駆け込みで何枚かCDを買いました。最近はあまり買わなくなっていましたし、中古での買い物も多かったので、新品を3枚まとめて買うのは最近の私としては珍しい事なのです。ただ、買ったのが新譜ではないというのが相変わらずの私なのですが、多分今年もそんな買い物ではないかと思います。




Jubilation / The Band



The Bandの1998年に発表したアルバム。GarthとLevonとRickがいます。
全員が揃っていなくても結局The BandはThe Bandであって、確かに全員が揃ったThe Bandに比べればパワー不足かもしれませんが、1曲目のBook Faded Brownから完全なThe Bandなのです。うーん、何を言ってんだろう(笑)。
このアルバムをずっと買わなかった自分の愚かさに対しての言葉じゃないのかな。

このアルバムがあらゆる意味でザ・バンドのラスト・アルバムと言えると思う。ラスト・ワルツでは終わらせる事の出来なかったモヤモヤした部分をそれ以降のゴタゴタと言う形で表現し、このThe Bandらしいアルバムで終止符をうったと考えると、彼らは生身の部分を見せてくれた、スーパースターになる事を拒絶したミュージシャンズ・ミュージシャンの集団であり、ある意味ではやっぱりスーパースターだったのではないかと思う。

ほんと、何を言ってんだろう(笑)。





Number 5 / Steve Miller Band



1970年に発表されたライヴ・アルバムみたいなジャケットのとってもスタジオな彼らの5枚目は、Ban Sidranをメンバーから外しトリオになりましたが、沢山の人が演奏には参加しています。勿論ベン・シドランの名前も有りますが、Bozzの名前も有りません。あっ、作曲のところにBozzの名前が有るや。
で、メンバーじゃないはずなのにBen Sidranは演奏してもSpecial Thanksと言ってもらえません。多分逃げられた腹いせなんだろうな(笑)。おっと、正月ボケとは言え冗談はこれくらいにしておこうっと。

実験的なアルバムでありながらもポップな部分が強く、その後の大ブレイクのスタート的なアルバムと言って良いと思います。
このアルバムに関してももう少し詳しく、また書きたいと思います。そう言って書く確立は35%くらいなんですけどね(笑)。





Jazz Advance / Cecil Taylor



Free Jazzは生活に欠かせません。なぜなら好きだから(笑)。あっ、酔ってません。
1956年に録音されたCecil Taylorの自分名義としては1stとなる作品。Transitionは「幻のレーベル」と呼ばれるレーベルですが、Blue Noteが買収したので、私のような後聴きにとっては、それほど珍しい音源にも思えません。

全体的に中途半端で青い演奏なのですが、中々心地良いアルバムに仕上がっていると思います。「完璧」なアルバムだけが面白い訳じゃないと以前から言っていますが、このアルバムもまたそんなアルバムの1枚ではないかと思います。

このアルバムに関しても今後書けたらと・・・なんか言ってて恥ずかしくなってきました(笑)。





オマケは唐突ですが、こんなん。

















スポンサーサイト



コメント

こちらでも、おめでとうございます。

セシル・テイラーは、思い切ってますね~。
最初なんだから、そう来なくちゃって感じでしょうか。

今年もよろしくお願いします。

私のお薦め

私の宝物にMICHAEL KAMEN も在るのですが。
ガース・ハドソンの
「Sea to the North」
も又、生涯物です。お薦めしますね。(^ω^)

今日は寒いけど、明日はもっと寒いらしい

pさん、こんにちわ。どーも、どーもです。
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。
Free Jazzは楽しいですぅ~。


oiko3oikoさん、こんにちわ。
GarthのSoloですか。また機会が有れば聴いてみますね。

ザバンドは・・・

お久しぶりです!
本年もどうぞヨロシクです♪

ザバンドは
後にRCOオール・スターズ
となって来日した日比谷野音の
コンサートを偶然見ました。

リックダンコウ、リボンヘルム
スティーブクロッパーなどの音が
今も脳裏に刻まれております♪

しょうたさんがやってきたw

しょうたさん、こんにちわ。
今年もよろしくお願いします。

イタズラ坊主みたいな部分が、ずっと残っているBandじゃなかったかと思います。
理屈を越えてはいるのですが、何処かしら屁理屈を言ったりしてね(笑)。
とても素敵な人たちですよね。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/720-39010719
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
340位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg