FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2010年04月07日 (18:39)

もう終わったグループの音を楽しんでる (Mark-Almond Live 1972)




久しぶりにMark-Almondのアルバムを。

もう何度も言っている事ですが、1970年代に少しだけ活躍したJon MarkとJohnny Almondとの双頭ユニットが有ります。
一般的にはMark-Almondと表記されますがMark-Almond Bandと書かれる事もハイフンを抜いたMark Almond BandやThe Mark / Almond Bandと書かれる事も有ります。これに日本語での表記が、マーク=アーモンドだったりマーク・アーモンドだったりする事もあり、それに語尾に「バンド」を付ける事も有り呼び名が一定しません。

その上に1980年代にソフト・セルと言うグループがデビューし、そのメインを張っていたのがMarc Almondと言う名前なので、混同される事も多々有ります。ソフト・セルのMarc Almond君は日本語表記で「マーク・アーモンド」となるだけではなく海外で英語表記される時に「Marc Almond」ではなく「Mark Almond」と表記される事が極めて多いので、これらを混同して語られてしまうことも多々有るようです。

もうこれだけ多いと可哀相としか言えない彼ですが、多分一般的に有名なのはMark-AlmondではなくMarc Almondだと思うので、「どっちかなぁ?」と思った方はMarc Almondを探す方が目的に近いと思います。

しかしグループの名前の説明でこんなに長く書くなんて、売れていない事の証明でしかないですよね(笑)。

オマケに「真のAOR」だって言われるし、Mingusの片腕だったドラマーが正式メンバーだし、本当に「真のロック・バンド」では無かった事を証明する情報は、いくらでも出てくる「真の中途半端」なグループだったと今更ながらに思ってしまいます。


Mark-Almond
Live in Syracuse, NY Feb. 24, 1972

Mark-Almond 1972
*ブートなので正規での販売は有りません。

1 Sunset (14:30)
2 The Sausalito Bay Suite (16:30)
3 Ballad of a Man (24:44)
4 The City (23:23)

Jon Mark - guitar/bass/percussion/vocals
Johnny Almond - sax/vibes/vocals/percussion/flute
Tommy Eyre - keyboards/flute/percussion/guitar/vocals
Roger Sutton - bass/percussion/vocals
Dannie Richmond - drums/percussion/vocals (3-4 only)

2ndアルバム発表後のアメリカでの録音です。ツアーの時なのかもしれませんが、初めから録音が前提に有ったようでライン取りで、極めて音が良いのです。ライン取りのようですがジングルのようなおしゃべりが途中に聞こえます。Jabberwocky Clubでのステージをラジオ用に録音したものでしょう。

Mark-Almond完成形のメンバーです。勿論完成形だから評価が高いという訳でもアルバムが売れたという訳でも有りません。Mark-Almondとしての評価もアルバムの売り上げもこれ以降の二人の趣味と実益を兼ねた、スタジオ篭もり方のお遊びの方が上です。世の中上手くいかない事を実践してきたMark-Almondらしい部分で、こう言うの嫌いじゃ有りません(笑)。

この録音、普通に正規で販売されても十分に耐えうる演奏です。曲の長さを見てもらえればわかりますが、とても自由に演奏しています。曲名の下の左側がライブでの演奏時間で、その右がオリジナル・アルバムでのスタジオ録音での時間です。

Sunset
Live (14:30) , Studio (6:25)
The Sausalito Bay Suite
Live (16:30) , Studio (5:54)
Ballad of a Man
Live (24:44) , Studio (11:41)
The City
Live (23:23) , Studio (10:21)


どの曲もオリジナルの2倍以上の時間をかけて演奏しています。アドリブ色が強く、とても良い演奏で手抜きの部分も感じられず、この頃の彼らのバンドとしての充実した積極的な部分を垣間見る事が出来ます。

ただ、やっぱり、彼らの作り出す曲自体がマニア嗜好でもミーハー嗜好でもないどっちつかずの中途半端な位置に立ったものなのです。

やっぱり、中々受け入れられないと思います。ホント、フュージョンだとかAORなんてクソッ喰らえの世界なんですが、ソッチの方が儲かるんです(笑)。
Jon MarkとJohnny Almondは、その世界を純化するという高度な事をやってのけたのですが、やっぱりAORなんて言うマニアには評価されない世界ですから、普通に気持ちの良いAORくらいにしか思ってもらえないんでしょうね。





現在Amazonで普通に買えるCDは有りません(笑)。


彼らのアルバムが今でも手にする事が出来たら奇跡と呼びましょうかねぇ(卑屈)。









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/639-9d6cc58f
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
415位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg