FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2010年01月12日 (22:48)

この冬の松前漬けは、カットにこだわりました。 (Alabama Concerto - John Benson Brooks)

2009暮れの松前漬け

去年の暮れに作った松前漬けは、三大材料(人参、スルメ、コンブ)のカットの仕方に工夫をしました。
人参は長さを4センチから5センチにカットしました。厚みは2ミリくらいと薄くして、漬け汁が沁み易いようにしました。

スルメは、まず胴体と足を分けてから、胴の部分の真ん中にある固い部分をはがし、真ん中から二つに切りました。切った後に真ん中の固い部分を取るよりも取り易かったので、その順番を使いました。スルメの胴は最長が胴の幅の半分になります。幅は3ミリ前後です。伸び縮みがないので、これが箸で掴んだ時の大きさと考えて良いでしょう。
足の部分ですが、固いので少し工夫をしました。長さを胴体と同じくらいに切った後に、真ん中から二つに裂くようにカットをしました。口に入れた時の感触は、これで随分変わりました。

コンブは5センチくらいの長さにカットした後に幅2ミリくらいにしました。大きくなりますし個人的に松前漬けの中では脇役だと思っていたので、なるべく小さくしたかったのですが、このサイズにしたせいで俄然輝きだしました(笑)。これくらいのサイズでの主張が、私の中では抜群のバランスになったようです。

漬け汁の量も今までよりも増やしました。全体的にかぶるくらいの量にした事によって、つかるまでの時間が短縮されました。逆に長時間の放置は漬かり過ぎる事もわかりました。食べるまでの時間に合わせて、容器を二つ用意するとベツトのような気がします。



Alabama Concerto - John Benson Brooks



ここで試聴できます。

1. Alabama Concerto (First Movement)
The Henry John Story
2. Alabama Concerto (First Movement)
Green, Green Rocky Road
3. Alabama Concerto (First Movement)
Job's Red Wagon
4. Alabama Concerto (Second Movement)
Trampin'
5. Alabama Concerto (Second Movement)
The Loop
6. Alabama Concerto (Third Movement)
Little John Shoes
7. Alabama Concerto (Third Movement)
Milord's Calling
8. Alabama Concerto (Fourth Movement)
Blues for Christmas/Rufus Playboy
9. Alabama Concerto (Fourth Movement)
Grandma's Coffin…

Art Farmer (tp)
Cannonball Adderley (as)
Barry Galbraith (g)
Milt Hinton (b)
John Benson Brooks (comp, arr, p)

NYC, July 28 & 31, August 25, 1958

「3枚のアルバムしか出していないから」と言うよりも元々アレンジャーで、演奏家としては芽が出なかった為に、後に「幻の」とやらの言葉が付くアルバムを作ってしまったJohn Benson Brooks。このアルバムでもほとんど演奏していません。

実際、このアルバムが注目されるのは、彼自身がどうのこうのと言うよりも1958年のCannonball AdderleyとArt Farmerの演奏が聴けると言う部分ではないかと思います。

アルバムタイトル通りにアラバマをテーマにした組曲形式になっています。曲調から察すると、ジャズがジャズと言うカテゴリーで区分され語られる前の黒人音楽のルーツをカテゴリー化されたジャズの方法論で表現しようとしたアルバムではないかと思います。

ただ、そこへ音楽としての楽しさが加味されたかと言うと少々疑問も感じられます。作者の譜面の上での楽しさが実際の演奏を超えてしまっている為に、出来上がった音楽自体は思いの他表現された世界が平坦になり、こちらへ迫ってくる部分が欠落しているように感じます。

1曲目の出だしやメロディには面白さを感じましたが、大衆音楽をストレートに表現したAlberta Haunterなどの演奏やジャズとして未来へ向かった沢山のジャズ演奏家に比べると、残念ながら中途半端に終わってしまっているように感じます。

ただ、ジャズを奴隷たちが突然生み出した魔法の音楽と思っている人には、音楽の持つ長い歴史の繋がりを感じさせてくれるサンプルにはなるのではないかと思います。


実を言うとね、アルバムのそこここに聴こえるフレーズとか、嫌いではないのです(笑)。Cannonball Adderleyも中々良い感じだしね。
スポンサーサイト



コメント

新春恒例ですね

こうしてみると、松前漬けってのは材料の切り方でずいぶん違ったものになりそうですね。コンブは大きくなってスルメは伸び縮みがない。このような材料の捉え方はグッときます。
私は料理は進んでやるほうじゃありませんが、こういった工作や実験に近い調理はスキです。私はしんなりしたのが好みなので、全体的にもっと細くしそうです。

写真に、どう見てもニンジンのテカり方ではないオレンジのやつがいますが、それはユズの皮ですか?

庭には二羽の小鳥が来るけど、ユズの樹は無い

カブ子さん、こんにちわ。
残念ながら図面引きは苦手なので、これが限界です(笑)。
乾燥しているので、寒さに体が慣れてきたら燻製もしようと思っているのですが、この状態だと寒さに慣れるのに、あと4ヶ月はかかりそうです。

写真ですが、照明が近過ぎましたね。ハイコントラストで生々しい部分を消しながら美味しそうに見えたらと思ったのですが、ユズに見るほどテカってしまいました。人参とスルメと昆布しか入っていませんですー。

おはよーございます

進出してきました(笑)宜しかったでしょうか?
常備菜、仕事はじめてから作らなくなったなぁ~と
お写真拝見して気付きました。
松前漬、アルコールと一緒に召し上がるのでしょうね。
Alabama Concerto - John Benson Brooksのジャケット見て
デュフィを思い浮かべてしまいました。
音に関係ないコメントですみません。jazz…馴染みがなくって(汗)



おおおおおおおおおお

nakayoshiさん、こんにちわ。
海の向こうくらいの遠出(笑)、ありがとうございます。

松前漬けは、ここのところ年末恒例になっています。簡単に作れて美味しいのですが、手が痛くなるのが玉に瑕です。
私は随分の間アルコールを口にしていません。これも白い御飯の為です(笑)。

John Benson BrooksはJazzの中でもそれほど有名ではないと思います。また、良かったら左のカテゴリーから入ってもらえると、もう少し知っている名前が出てくるかと思います。

これからも是非覗きに来て下さい。ここ、来てくれる人が少ないんです(涙)。来てくれる方のボランティア精神で続いているBlogと言っても良いと思っています。
書き込んでくれると無いしっぽをブルンブルと振り回して喜びますー。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/616-163e89e5
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
340位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg