FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2009年01月25日 (17:35)

今日はJazzのRiff Raff (Destination Out! / Jackie McLean)


RockのRiff Raffは何度か取り上げているので、今日はJazzのRiff Raffを。勿論こちらのRiff Raffも決して「クズ」じゃありませんよ(笑)。

Jackie McLean - Love and hate



JazzのRiff RaffとはJackie McLeanが1963年の9月にBlue Noteから発表したアルバムDestination Out!のアルバム最後を飾る曲の事です。

こんなもの、ネタ明かしした時点で、全て終了ですね(笑)。

同年3月に録音したOne Step Beyondとほとんど同じメンバーで、前々作(4116は未発表なので)のLet Freedom Ringの方向で推し進めた作品です。
今になればLet Freedom Ring → One Step Beyond → Destination Out!と言う流れに逆らうような4116の録音は不思議な感じが感じがしますが、1962年と言う時代はBlue NoteにとってもAlfred Lionにとっても、そしてジャズ・ミュージシャンにとっても過去と未来、世襲と革新の狭間で、「今」を表現する方法を様々な形で模索していたと言う事でしょう。

個人的には1曲目と2曲目は構築的になり過ぎていて、Let Freedom Ringの様な沸き立つ「何か」が物足りない気がします。
3曲目や今日のネタにさせてもらった4曲目のRiff Raffの方が、もっと自由度が広く、進化する為の「無理矢理感」が少なく、大きく翼を広げたようなそれぞれの演奏が、こちらへ心地良く響いてきます。

前作はGrachan Moncur IIIと彼との作品が半分半分だったのが、このアルバムでは4曲中3曲がGrachan Moncur IIIの作品になっています。何となく自作の3曲目が一番楽しそうに聴こえてくるのは私の思い込みかもしれませんが、翌1964年に録音されたIt’s Timeには、Grachan Moncur IIIの名前もBobby Hutchersonの名前も有りません。

Destination Out! - Jackie McLean



01. Love and Hate
02. Esoteric
03. Kahlil the Prophet
04. Riff Raff

Jackie McLean, alto sax
Grachan Moncur III, trombone
Bobby Hutcherson, vibes
Larry Ridley, bass
Roy Haynes, drums

Recorded in 1963


One Step Beyond




Let Freedom Ring






スポンサーサイト



コメント

Re: 今日はJazzのRiff Raff (Destination Out! / Jackie McLean)

先日、これはコメントしないと、と思いつつ、電話がかかってきたりして、すっかり忘れてしまいました。何を隠そう、隠しはしない、マクリーンは、ジャズを聴き始めて最初のアイドルでした。

マクリーンの場合、あのピッチの不安定さも魅力だったりします。僕は、Let Freedom RingよりもOne Step Beyondの方が好きなんですよね。あと、Actionなんかも相当好きです。まあ、好きなアルバム、たくさんありますけど。

「人」なんですよね

tabascoさん、こんにちわ。
彼の演奏って下賤と言うか、凄く人間臭いと思います。
私はそこが大好きです。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/555-a6e12325
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
305位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg