FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2007年01月31日 (23:06)

決して手放してはいけない物が、きっと誰にでも有る



Never Letting Go / Phoebe Snow

Never Letting Go -PS

01. Love Makes a Woman
02. Majesty Of Life
03. Ride the Elevator
04. Something So Right
05. Never Letting Go
06. We're Children
07. Middle of the Night
08. Electra
09. Garden of Joy Blues

Produced by Phil Ramone

77年に発売された4thアルバムです。ジャケット写真とタイトルとはどちらが先だったのか知りたくなるほどのジャスト・フィットです。
彼女はこのアルバムで、もう一度フィル・ラモーンと一緒に仕事をする事を選びました。彼の影響力の大きさはこれまでにでた彼女の3枚のアルバムとこのアルバムを聴くと良くわかると思います。彼と一緒に仕事をした2ndとこのアルバムが同じ雰囲気を漂わせ、彼が少し離れたところにいる1stと3rdがやはり同じ様な雰囲気を漂わせています。つまりこのアルバムは2ndと同じ様に洗練されたとてもバランスの良いアルバムになっています。勿論それを好むかは聴く人それぞれの自由なんですが(笑)。

このアルバムと2ndアルバムとの大きな違いは、彼女の関与を感じられる量の違いだと思います。このアルバムからは、彼女の鼓動が聴こえて来ます。錬金術師フィルの技でも抑えきれないくらい彼女は自己主張を始めました。3枚目を彼と離れサンフランシスコで作った事も影響が有ると思います。1stでの稚拙さも2ndでの借りてきた歌手の様な所も克服し今まで出したアルバムの良いところだけを集めて作られたように感じます。しかしアルバム全体を通して聴くと何処か希薄な作りとなってしまいました。つまり彼女の持つ稚拙な部分や経験不足などからくるマイナス部分が消えると共に彼女の持つ特徴、あくの強い部分まで希薄になってしまっています。

中途半端と言うと悪いところが有る様に捉えられると思うのですが、実際には悪いところを上手に消し過ぎたのが、やはり2ndと同じ様な結果を生み出してしまったのだと思います。アルバムの完成度の高さ、一般的な美しさという部分で4枚に順序を付けてみると2nd、4th、3rd、1stと言う順番になると思いますが彼女らしさという点から見てみると3rd、1st、4th、2ndとなると思います。又一般的には1stしか知られていないのが現実だと思います。

フィル・ラモーンのやり方に間違いは無かったと思います。アルバムの完成度の高さ・美しさは万人に好かれるものだと思います。彼女のクセのある声を美声にしてしまう彼の仕事は素晴らしいものだと思います。しかしそれが逆に彼女独特の雰囲気や味を薄めてしまっているのも事実です。
ぶっ飛んで結果をだしてみればそれは、とても魅力的で特徴のある声とノリをもった彼女は、その独特の声とノリのために到底フィルの力でも万人に好かれるようなものには出来なかったという事だと思います。フィルもそれを知りながら自分が魅力を感じた彼女を万人に好かれるようにと努力をしたんだと思います。

今回のアルバムでは9曲のうち5曲が自作の曲になっています。共作は有りません。
1曲目の入ってるのはバーバラ・アクリンと言うソウル系の女性が60年代後期に歌った曲です。こう言う特徴の有るリズムは彼女の得意中の得意ですね。ファキーに伸び伸びと歌っています。
2・3曲目は彼女の作品です。私は彼女のギターの響きが彼女らしさの一つだと思うのですが、このアルバムでは自作の2・6曲目だけでしか聴く事が出来ません。緩やかに流れる彼女の歌声には、アコーステック・ギターの音が良くマッチすると思います。3曲目でのHugh McCrackenのスライド・ギターを聴くとポール・サイモンのアルバムを思い出すのは私だけではないと思います。ラスト近くでのEddie Danielsのクラリネットの短いソロが印象的な曲です。
4曲目は彼女と縁の有るポール・サイモンの曲です。元歌のイメージを壊さずにそれでいてしっかりと彼女の歌にしています。イントロのリチャード・ティーのエレピからしてまんまです(笑)。
アルバム・タイトルでもある5曲目のスティーブン・ビショップ作の歌は彼女以外の人たちにも歌われている曲でとてもシンプルな作りの美しい曲だと思います。将来スタンダードになるかもしれませんね。考えてみればポールもスティーブンもフィルとの関係が深い人ですね。
ウィル・リーの印象的なベースラインで始まる6曲目ではケニー・ロギンズとのデュオが聴けます。5曲目のフィル・ウッズのアルト・ソロと言うこの曲のブレッカーのテナー・ソロといい、フィルは短くて印象的なソロを入れると曲が綺麗にまとまると言う方程式を持っているようですね。
7曲目のような軽く流すような曲は本当に気持ちの良い歌を聞かせてくれるのですが、残念ながら印象に残る押しの強さが有りません。これだけあくの強い声とだと言われながらも不思議な事だと思います。全体に流れる軽やかに踊るようなKen Ascherのアコーステック・ピアノがとても印象的で本当にリラックスした綺麗な曲です。
8曲目はこのアルバムで一番ハードな曲に仕上がっています。と、言ってもこのアルバムの中でと言うだけでアルバム全体の流れを壊すほどのものでは有りません。
アルバム最後に入っているのは1900年初期に活躍したディキシーランド・ジャグのClifford Hayesの曲です。現代的なアレンジになっていますが、この曲も彼女は自作の歌のように歌いきっています。誰がこんな曲を見つけてきたんでしょうか?私はこのアルバムで初めて聴いたのですが有名な曲なのかも知れません。

どの曲も素晴らしいと思います。しかし全体として希薄な印象と言うのが本音です。何かしらのマジックが有れば、きっと名盤と呼ばれるアルバムになったでしょうね。


Never Letting Go Never Letting Go
Phoebe Snow (1990/08/20)
Columbia
この商品の詳細を見る


*聴いて欲しいから再発するか、
安い中古が有ると良いのになぁ。

スポンサーサイト



カテゴリ : Pops 01記事のURL コメント (2) トラックバック (0)

コメント

こんにちは

先日のfalsoさんの女の子ジャケ特集以来気になっていたので、先週中古LPを買ってきました。日本円にして600円強でした。

ネットでCDも探したんですけど、かなり入手困難ですね。ジャケットが可愛いから、LPでよかったと思いますけど。

まだ一回しか聴いていません。このfalsoさんの記事を参考にさせてもらって、また聴いてみますね。

良い買い物だと思いますよ~

yasさん、こんにちわ。
とっても綺麗なジャケットなのでアナログ「買い」だと思います。
記事は極めて個人的な意見なので、適当にお願いします(笑)。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/345-9a4f6511
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
340位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg