FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2006年08月15日 (23:21)

Paul Desmondを忘れてた

rollins1581さんのBlogに『Paul Desmondが涼しい』と書いて有るのを読んで、「あっPaul Desmondがいた」と思い出しました。ファンの方には申し訳無いのですが、私の中ではそれくらい存在の薄い人なのです。でも、名前を聴かされた時に『こりゃきっと涼しいや』と思い出すくらい個性の有る演奏家なのも確かな事です。

「確か、このあたりに有ったはず」と手を延ばしたところには、Dave Brubeckのアルバムに並んで彼のアルバムが有りました。多分私以外にもPaul Desmondの横にDave Brubeckを置いている人は多いんじゃないかな。

出してきたのは1968年に録音したSummertimeと1974年に録音したPure Desmondの2枚。どちらも会社はCTI。もちろんプロデュースはCreed Taylor。

Summertimeのバックはオールスター形式で様々な演奏家が入れ替わり演奏をしています。1曲目がSamba with Some Barbecueと言う事でもCreed Taylorらしいと言うかCTIがブラジル音楽の影響を強く感じさせる出来事の様な気がします。

Paul Desmond + Creed Taylorには、バンドとしてのまとまりなどを必要としない音楽と言うイメージが有るのですが、ここでは如実にその姿が現われています。とても綺麗に計算された音楽からは1968年の録音とは思えないものが有ります。1970年後半以降に、このアルバムの焼き直しの様なアルバムが山ほど存在する事を考えると、彼らのやっていた事は、極めて先進的なアルバム作りをしていたようにも感じます。

ただ、その冷ややかで透きとおった音楽からは、人の温もりを感じる部分が少なく、Jazzを人間的な音楽と考えている人には、受け入れ難い部分も多々有ると思います。これは、極めて音楽的なCTI全般に言える事のようにも感じます。

Pure DesmondはSummertimeとは違って、ひとつのバンドとしての録音になっています。メンバーはPaul Desmond (Sax), Ed Bickert (Guitar), Ron Carter (Bass), Connie Kay (Drums)の4人。Ron Carter + Connie Kayと言う組み合わせには、少々心をくすぐられるのですが、実際にはギタリストのEd Bickertが主役級の頑張りを見せています。Ed Bickertのギターをたっぷりと聴かせる為にバンドと言うスタイルをとったのではと思わせるくらいです。
Summertimeに比べて無理をしている部分が見られずまとまりを感じますし、アルバム全体を包みこむ涼やかなベールは心地良く、それでいて人の肌のぬくもりも感じさせてくれます。
CTIの持ち味が好意的に受け取れる作りになっているのは、やはりRon CarterとConnie Kayの作り出す安定したリズムとJazzのノリが全体を軽く締めてくれているからではないかと思います。Paul DesmondのSaxもとても気持ち良く聴こえてきます。

Summertimeは人気の有ったアルバムだそうです。それゆえ評価も高いと思うのですが、私個人を『夏を心地良く涼しげに』してくれるのはPure Desmondです。Blogも書いた事ですし(笑)、これでSummertimeは棚へ戻す事になりますが、Pure Desmondはもう少し手の届くところに置いておきましょう。


Summertime
Paul Desmond





Pure Desmond
Paul Desmond




*あらっ、私の持っているものより
ボートラとして5曲増えています。





スポンサーサイト



コメント

Pure Desmond

こんばんは。
コメント&TBありがとうございました。
Pure Desmond は持っていたのですが聴いてませんでした(笑)
今聴いているのですが、やっぱり、涼しいですね。
デズモンドのサックスの音色自体が涼やかな感じがするので、基本的にどのアルバムを聴いても涼しいのかも?
エド・ビッカートさんは「ライブ」の演奏よりも一歩前面に出たような演奏で、ちょっとイメージが変わりました。「ライブ」ではもっと地味です。で、私の持っているCDはボーナス・トラックは2曲でした("M*A*S*H" と "Wave")。

覇気に欠けるって言うのか。

こんにちわ。
彼の演奏は、何処かしら人工的な感じさえする事が有ります。
上手い具合にバランスがとれると涼やかで心地良い音楽になってくれるような気がします。
BGMと鑑賞音楽のギリギリの線にいることが多いような感じが私にはします。
「好きです」と言うのが、ちょっと難しい演奏家かな。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/286-a19e6983

トラックバック

The Paul Desmond Quartet / Live (1975)

The Paul Desmond Quartet LivePaul Desmond Quartet A&M 2000-11-21売り上げランキング : 79915Amazonで詳しく見る by G-Tools 夏はポール・デズモンドという風に相場は決まっている。暑いときに少しでも涼しい思いを
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
340位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg