FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2006年06月04日 (16:07)

勝手にW杯予想 グループC

大好きなサッカーの世界的規模での祭典が目前に迫っています。
先日HD付きDVDレコーダーを注文してしまいました(笑)。考えてみればBSに加入したのもビデオデッキを買ったのもW杯の為でしたしスカパーもW杯見たさでした。
W杯の凄まじさは出場が決まるまでの予選だと思っていました。未だに日本代表の予選が一番興奮する試合ですし、過去の予選のビデオが流れると涙目になってしまいます(笑)。
だからW杯自体は、めいっぱい楽しんでしまうのです。




グループCは、正しく死のグループ。私の嫌いなアルゼンチン(笑)と実力は誰もが認めながら国の有り方がそのまま成績になってしまっているオランダ、そろそろ形になりだしたと思ったら又分割の波に揺れる「旧ユーゴスラビア」セルビア・モンテネグロに棚から牡丹餅的出場と言われるコート・ジボワールの4チーム。

スター群団ブラジルの陰に隠れて優勝候補の二番手グループにしか名前の上がらないアルゼンチンですが、彼らも優勝しても可笑しくないチームの一つに間違いないでしょう。元々彼らの勝利至上主義のサッカーは嫌いなのですが、個々の能力の高さは認めなければならないでしょう。それが逆に災いしてチームとしてのまとまりが悪く、マラドーナ以前から代表はディフェンシヴなチームとしか機能して居ないと思います。つまらない試合展開の全てをマラドーナのせいとは言いませんが、ここ数年良い選手が育っているのに勿体無い気がします。
私はアルゼンチンのサッカーが嫌いなので誉めたくはないのですが(笑)、憎きコリンチャンスに在籍するティベスは度胸も技術も有る素晴らしい選手ですしメッシもそろそろ代表として頭角を表す頃でしょう。他にもクレスポ、サビオラ、リケルメとスターも揃っています。
優勝となると特別な力が必要になります。バレンシア在籍のアイマールは良いものを持ちながら代表では中々ブレイクしないで今まで来てしまいました。彼が閃きを感じさせた時、アルゼンチンが3度目の優勝を手にする、そんな気がします。
しかし、まずは体力を残しながら「死のグループ」を抜け出す事が出来るのか、それが大きな問題でしょう。

いつでも「強い」と噂され、いつも「W杯出場」しているイメージが有る「いつでも優勝候補」のオランダは、国内に蔓延する「差別」と言う毒の為に代表チームは中々結果が出せないでいます。トータル・フットボールと言う誰もが夢を見ながら、どのチームもが完成する事が出来ていないフォーメーションを現在も引きずり、相変わらず4・3・3なんて言うタフでなければこなせない戦法でW杯に向かいます。
欧州のサッカーに興味が有る人ならファンバステンが、若手を中心にチームを建て直した結果が良い形で続いている事に気がつくでしょう。
得点出来なかったのは無理をしなかった最終戦のみと言う破壊力は抜群です。そして予選12試合でマケドニアとの2つの引き分け以外は全て勝っています。つまり無敗での出場です。守備陣が不安と言われながらも12試合で3点失点しかしていないと言う事実も有ります。
何かしらサプライズが起こるとすればアルゼンチンよりもオランダではないかと思います。ただ、う~ん・・・何度も裏切られているからなぁ(笑)。

ピクシーことストイコビッチの母国で有名な悲劇の国「ユーゴスラビア」が現在のセルビア・モンテネグロの前身です。元々「東欧のブラジル」と呼ばれるくらい個人技のレベルが高いチームですが、「キレる」連中が多い事でも有名です。
また、今回も大会直前に分裂の決定がされるという大きな大会の前に何がしかの国家的変化を起こしてしまう可哀相な国です。選手たちの心の中に亀裂が入らない事を祈っています。
クラブチームでの選手の活躍を中心に判断する事しか出来ませんが、組織的なチームになってきたと言われていますから
予選の1失点は特筆すべき点だと思います。ただ嫌な(卑怯な)小技の得意なアルゼンチンにとっては、やり易いチームではないかと思います。
スタンコビッチ、ミロシェビッチとたった一人で状況を変える事の出来る選手が存在していますが、PKを含んだ失点でアルゼンチンには負けそうな気がします。オランダとの試合が面白そうです。

カメルーンの最終戦の結果が出るまで出場が決定しなかった為に棚から牡丹餅的出場と思われがちなコート・ジボアールは、チェルシーで大活躍のドグロバを中心にヨーロッパで活躍する選手で作られた若いチームです。そして監督はフランス代表の監督の経験も有る名将アンリ・ミシェル。
残念ながらこのチームも試合を見た事が無いので想像しか出来ません。
アフリカ人特有のスバ抜けた運動能力とリズム感、若さがもたらす体力、それらが核融合した時に奇跡が起こるはずです。
経験の少なさとアフリカ特有の個人主義的行動がクリア出来れば、素晴らしい試合を見せてくれそうですが


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/248-65b483af

トラックバック

ドイツW杯(ワールドカップ)予選グループC勝敗は?

「ドイツW杯(ワールドカップ)予選グループC勝敗は?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ読み比べしてみてください。 =200...
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
350位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg