FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2006年06月01日 (23:57)

パンクなんて種類の音楽は無かった。



No New York

*以前一度取り上げましたが、
プロデュースからジャケットまで、
全面的にブライアン・イーノが関与した
New Waveのバイブルと呼ばれたアルバム。


1970年代の中頃にはRockに対しての高熱は随分下がっていた。それまでの反動の様な感じで、何処かしら距離を置き始めていた。Led Zeppelinの新譜にもそれほど興味が湧かなかった。相変わらずラジオは聴いていたが、興味の中心はジャズやブルースだった。

そんな時に知ったのが『Punk』と言う言葉だった。もう5歳年上だったら無視出来たかもしれないし、もう5歳年下だったらドップリと浸かる事が出来たかもしれないと言う微妙な世代だが、大きな影響を受けた事は間違いの無い事実だ。

その頃出てきた新人バンドで勢いの良い連中は全て「パンク」の名前の元で紹介されていた。ポリスもスクイーズもXTCもカーズもブロンディもニック・ロウもパンクだった。ドクター・フィールグッドだってパンクだったし、モッズだってフーはパンクじゃなくてもジャムはパンクだった。ダムドやピストルズやストラングラーズ、クラッシュ、ラモーンズ、テレビジョンなどの一部のバンドをパンクと言う言葉でそれまでのロックと分けていた訳ではなかった。

今は、ふるいにかけられパンクだったりパンクじゃなかったりしているが、あの頃キツツキヘアーのロッドの尻を蹴っ飛ばしたいと思ったとしても決してパンクだとは言われなかったと思うし、ブルースと作ったビコーズ・ザ・ナイトを歌ったパティはN.Yパンクの女王でいる事が出来た。テクノも有ったしレゲやスカが認知されたりもした。

個人の耳で好きなタイプの音楽を分けてはいたが、それ以前から音楽を聴いていた者にとって、Punkをジャンルとして分けて聴く術など存在しなかった。個々のバンドを「パンクだ」とか「パンクじゃない」とか言っていただけだったような気がする。

今考えてみると1970年代にパンクなんて種類の音楽は存在しなかったかもしれない。巨大ビジネスとして認知されテクニック重視になってきた専門職のような世界に、勢いの良い連中が飛び込んできたお陰で今まで目を付けられにくかった連中がヒョッコリ乗っかっただけの様な気がする。

反体制はずっと昔からロックのお家芸だ。パンクと言う言葉が起こしたムーブメントは、確かに業界を震撼させ我々にも大きな刺激を与えてはくれたが、実際にはハッキリとした線引きなど存在はしなかった。スタイルが確立されファッションになってジャンルとして認められたのは、初期のミソクソを含めた様々なバンドが消えてしまってからだろう。

「パンク」と言うジャンルが出来たと言う事は、評論家が線引きをし綺麗に選別してくれた事を意味する訳で、結局は巨大ビジネスの歯車のひとつとしてクルクルとストレス無く廻り出した事をも意味する。それが、私たちがパンクに求めていた「意識」とは全く別なものだとしてもビジネスとしては成功したと言うわけだ。



スポンサーサイト



コメント

評論家先生方の本なんかより

falsoさんの解説のほうがよほど分かりやすい!そういうことだったんですね。何もいうことございません。falsoさんに一票です。トラックバックさせてください。

先生方は世界中を見る(済んだ後からだけど)

こんにちわ。
書き込みありがとう御座います。
同じ頃に同じ様な事を考えてお互いのBlogに書いていたなんて面白いですね。

私は自分の経験した事を思い出して書いただけで、
極めて個人的な狭い世界で考えてみました。
それが私の限界かな(笑)。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/246-1e39198f

トラックバック

パンクということばをめぐる取り留めのない文章。

”パンク”ということばは今や”ロック”とか”ポップ”とかと同じくらい幅広く使われるようになっている。ジャンルとして使われているパンクということばだけに限定しても、60
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2965位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
350位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg