FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2006年04月30日 (19:37)

ケニー・ドーハムを使って、ケニー・バレルを誉める?(笑)。


Round Midnight At The Café Bohemia
Kenny Dorham



1. Monaco
2. 'Round About Midnight
3.Mexico City
4. A Night in Tunisia
5. Autumn in New York
6. Hill's Edge


The Complete
'Round About Midnight at the Cafe Bohemia
[Original recording remastered]



Disc 1
1.K.D.'s Blues [Alternate Take]
2.Autumn in New York
3.Monaco [Alternate Take]
4.N.Y. Theme
5.K.D.'s Blues
6.Hill's Edge
7.Night in Tunisia
8.Who Cares? [Alternate Take]
9.Royal Roost

Disc 2
1.Mexico City
2.'Round About Midnight
3.Monaco
4.Who Cares?
5.My Heart Stood Still
6.Riffin'
7.Mexico City [Alternate Take]
8.Prophet

Kenny Dorham (tp)
J.R.Monterose (ts)
Bobby Timmons (p)
Sam Jones (b)
Arthur Degehill (ds)
Kenny Burrell (g)

1956.05.31
BN 1524


Kenny Dorhamを中心としたJAZZ PROPHETSと言うグループが有りました。メンバーは、Kenny Dorham (tp), J.R. Monterose (ts), Dick Katz (p), Sam Jones (b), Arthur Edgehill (ds)の5人。1956年の4月にBNではないレーベルでアルバム・デビューをしています。

それから約2ヵ月後の5月31日にBlue NoteにLiveで録音されたアルバムはKenny Dorham個人の名義で発表されました。

大きな変更はピアニストがBobby Timmonsに変わった事、そしてLiveの途中からギタリストKenny Burrellが演奏に参加する事です。

恥ずかしながらJAZZ PROPHETSのアルバムを聴いていないので、その内容の比べようがないのですが、Kenny Dorham & JAZZ PROPHETSではなく、Kenny Dorhamでの発表になったのは、Blue Noteとして他社で発表した2ヶ月前のアルバムとの違いを明確にしたかったのではないでしょうか。

それはギタリストKenny Burrellが演奏に参加する事によって、演奏が大きく変化する事を意味しているのだと思います。
このアルバムが録音された日は4回の演奏が有ったそうです。その中で最初のステージだけはKenny Burrellがいない形で演奏され、残りはすべて彼の参加した形での演奏でした。
そしてBN1524として発表されたアルバムはJ.R. MonteroseとKenny Burrellが抜けた1ホーンのAutumn in New York以外は全てKenny Burrellの参加したもので占められているのです。

Complete盤の1曲目の最後でメンバーの紹介がされていますが、そこにはKenny Burrellの姿は有りません。曲も4曲目までは、彼の参加の無いものになっています。
5曲目からKenny Burrellが参加したものになるのですが、スウィング感が全く違っています。それまでの演奏はゆったりとしたもので、それなりに心地良いものなのですが、彼が参加した事によって全体のシャープさやメンバーの一体感が生まれてきています。

聴く側の意識をステージへ向けさせる力強さが加わった演奏は、演奏のスピードの変化にも表れてきます。一本調子気味だった演奏が様々な流れを持つようになり、それぞれのソロにも色気が出てきたように感じます。

「迫力」「トリッキー」「テクニシャン」などの言葉とは遠い位置に有るようなKenny Dorhamのトランペットにも自己主張が感じられるようになり、Bobby Timmonsのノリやアタックも良くなっていると思います。

個人的にはComplete盤のDisc2になってからの演奏が特に好みです。Kenny Dorhamはリーダーらしい演奏を聴かせてくれますし、メンバー全員がそれぞれの演奏を意識しながらは勿論の事、聴いている人の事にも意識がいっているような面白いフレーズがアチコチで聞けるバラエティにとんだ演奏は、目の前のグラスを持ち上げる事を忘れさせるような、隅々にまで気持ちの行き渡った中々の演奏ではないかと思います。
'Round About Midnightなんて、ありきたりな突出した部分の無い演奏かも知れませんが、7分以上酔わせてくれる酒要らずの心地良さですし、それ以降も心地良さはアルバムの最後までずっと続いてくれます。


スポンサーサイト



コメント

バレルの存在を忘れてました(笑)

こんばんは。
今までこのアルバムはオリジナルBN1524の方を雰囲気だけで聴いていて、バレルの存在を完璧に忘れていました(笑)。コンプリート盤での当時のステージ通りの曲順で聴けば、より一層バレルの存在価値がわかりそうですね。オリジナルではバレルは「絶妙の隠し味」になっているような気がします。憎い作りです(笑)

>7分以上酔わせてくれる酒要らずの心地良さ
 まさに。酒、必要ありませんね(笑)。

しゃしゃり出ない旨味

こんにちわ。
熱気よりも心地良さが出ているLiveだと思います。
ただコンプリート盤で彼の入ったステージと入っていないステージを続けて聴くと、彼の存在の有無が曲調やアレンジだけではなく、それ以上に効果的だと言う事が伝わってくると思います。

>>7分以上酔わせてくれる酒要らずの心地良さ
>まさに。酒、必要ありませんね(笑)。

本当にそう思います。気持ちの良い演奏ですよね。
こんな事されたらお店の売り上げが落ちちゃいますよね(笑)。

はじめまして。

ブルーノートのオリジナル盤は大好きでよく聴くのですがバレル入りの盤の存在を知って今びっくりしてます。かなり雰囲気変わるんでしょうね。今から聴くのが楽しみです。

入っていない方も有るのですか?

gaku69abさん、はじめまして。
私は現在コンプリートのCDでしか聴けないのですが、バレルの入っていない状態でオリジナルは出たのですか?
私は思い込みが激しいので勘違いも多いのです。
もう少し詳しく教えて頂けると嬉しいです。

Quiet Kennyと勘違いしてました。

ごめんなさい。なぜかQuiet Kennyの音像がうかび上がってきてたんですよ、コメント書いてた時に。

こんにちわ。

早々のお返事をありがとう御座います。
私は勢いで書いてしまう事が多いので、思い込みや誤字脱字が随分有ると思います。
また、気になる箇所が有りましたらご指摘いただけると助かります。
あっ誤字脱字は、目に余る量が存在すると思うので、「無視」の方向でお願いします(笑)。

Kenny Dorhamと言えばQuiet Kennyと言うのが一般的な感じもします。
Kenny Dorhamと言ってQuiet Kennyの演奏が、パッと頭に浮かんだと言うのも素敵な反応じゃないでしょうか。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/230-e3e2a3b8
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
305位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg