FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2006年02月05日 (13:48)

Johnny Almond Music MachineとJAやM&Mは、関係が無い。


Patent Pending
Johnny Almond Music Machine



01. Ensingle (Almond)
02. Before Dawn (Lateef)
03. Voodoo Forest (Almond)
04. Solar Level (Almond)
05. To R.K. (Almond)
06. Reversed For Two Horns (Almond)
07. Pequeno nova (Almond)
08. Tales Of Junior (Almond)

Johnny Almond
(tenor, alto, baritone, flute, alto flute, organ,
vibes, mellotron, bass clarinet)
Roger Sutton
(bass guitar, claves)
Alan White
(drums, congas, cowbell, native drum)
Geoff Condon
(trumpet, flugelhorn)
Johnny Wiggins
(piano, organ)
Jimmy Crawford
(Electric guitar)
Steve Hammond
(Acoustic guitar, Electric guitar)

Deram SML 1043
[1969]

Mark-Almondの片割れであるJohnny Almondが、1969年に発表した1stソロ・アルバム。タイトルを直訳すると「特許審議中」。

一応JAZZの範疇で語られるようだが、もしJAZZだとしたら、正しく「特許審議中」。この頃のBlue Noteなどが推し進めようとしていたSoulやRockなどの他のジャンルからの影響が、極めて強いアルバムだといえると思う。

ただRock側から見れば、JAZZやSoulの影響を受けたタイプのプログレッシヴ・ロックのアルバムだとも言える。

これはドラムのAlan Whiteのせいだろう。Yesのメンバーとして有名な彼は、残念ながらJAZZ的な叩き方をしても結局はJAZZには、なっていない。トニー・ウィリアムスなどに比べると不器用に感じるし技術的にも少々聞き応えの希薄なドラムに感じてしまう。
Yesでのドラムに問題を感じた事は無いしここでも決して悪くは無い。多分こう言うタイプの音楽が彼には合わないのだろう。

しかし彼がこのアルバムで、重要な位置を占めている事も確かな事で、このアルバムがありきたりなファンキー・ジャズにならなかったのは、彼のお陰と言っても良いかもしれない。

Roger Suttonはこれ以降も付き合う仲で、Mark-Almondの初期のメンバーでも有る。彼のベースは地味ながら中々心地良いうねりを感じさせてくれるが、やはりジャズ・ベースとは言い難いスタイルだろう。

そう考えるとこのアルバムの有り方は、音の出し方は違ってもコンセプトがMark-Almondに極めて近いと思っても良いような気がする。Mark-Almondでは、Jon Markの作曲とボーカルが表面的に目立つが、全体的なコンセプトにはJohnny Almondの貢献度が随分有る事が、このアルバムから感じられると思う。

このアルバムの出来方、John Mayallでの二人の演奏、Jon Markの参加したSweet Thursday、それらをミックスした方向にMark-Almondが有ると考えると彼らが作ったMark-Almondという少々掴み所の無いBandが、もう少しだけ理解出来る気がする。

それから、もっとファンキーで本格的なジャズ・アルバムになった彼のセカンドが成功してしまったらと考える時、失礼な話だが売れなくて良かったなんて思うのは、私だけではないかもしれない(笑)。

また、’73以降の彼らからそのアルバムの精度の高さとは裏腹にBandとしてのやる気の無さを感じてしまうのは、Johnny AlmondがMark-Almondの方向に興味を失ってしまったせいなのかもしれない。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/169-67589513
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
415位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg