FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2005年11月23日 (19:39)

誰だって「大喰らい」なんてアダナは嫌だ。


Takes Charge
Cannonball Adderley




1.If This Isn't Love
2.I Guess I'll Hang My Tears Out To Dry
3.Serenata
4.I've Told Ev'ry Little Star
5.Barefoot Sunday Blues
6.Poor Butterfly
7.I Remember You
8.Barefoot Sunday Blues
(Alternate Take)
9.I Remember You
(Alternate Take)

April 1959


私はCannonball名義のアルバムをあまり聴きません。そんな訳でチョット辛口になってしまうかもしれません。

大喰らいな事から「Cannibal」とあだ名が付けられた彼は、もう一人のパーカーと騒がれるほどのそのブローの素晴らしさから「Cannonball」と改名してもらえた訳ですが、私は逆にその大胆で華麗な吹きっぷりが合わないようなのです。私は彼のその流暢な吹き方が何処かしら無神経に感じてしまうのです。

このアルバムでもやはり同じ様な感想を持ってしまいます。とても綺麗に流れるように聴こえては来るのですが、周囲の人間との関係が希薄に感じてしまって、ただソロの受け渡しだけの連続に思えてしまいます。別々に録音したのではと思ってしまう部分も有るのですが、どうも名盤と言われているらしくて、自分の評価との違いに戸惑ってしまいます。

このアルバムは、そんな彼が2種類のリズム・セクションを使い、Wynton Kellyと共に録音した9曲が収められています。前半の4曲がPaul Chambers(Bass)とJimmy Cobb(Drums)、後半の5曲がPercy Heath(Bass)とTootie Heath(Drums)となっています。

個人的には後半の方が好みなのですが、これはどうもWynton KellyのノリのせいとPercy Heathの大人しめのラインのせいではないかと思います。と言うわけで私はWynton KellyのPianoを聴く為にこのアルバムを聴くんだと自覚したところでした(笑)。
今ならAlternate Takeが2曲入った輸入盤が、アマゾンで1,000円を切る価格で購入できます。大変な時代になったものだ。

スポンサーサイト



コメント

 falsoさん、こんばんは。
falsoさんがキャノンボールをあまりお好きではないのは何となくわかるような気がします。彼はオーバーファンクとも称されたブロー振りが特徴ですがこれでいて結構繊細なプレーも中々なものです。エヴァンズとの共演作の"Know what I mean"にはその特色が良くでていると思います。もうとっくにご存知かもしれませんね。

Sonnyさん、こんにちわ。

書き込みありがとう御座います。
あははは、私の好みはミエミエかもしれませんね。特にSonnyさんは沢山のJAZZを丁寧に聴いていらっしゃる方だから誤魔化しが効かないだろうし、ヘタをしたら私自身よりも明快に判断出来るかも知れませんね。

音楽はあくまでも好みの問題なので、Cannonball Adderleyを悪いと思った事は一度も有りません。ただ「彼を聴くのなら他の・・・を」となってしまうのも現実です。
あくまでも自己分析ですが、彼の能力の高さからくる余裕の様なものが、気に入らないのかと思います。
大胆かつ繊細な演奏を「余裕ぶって」と嫌うなんて、演奏する側から言えば、困ったリスナーでしかないですね(苦笑)。

因みに私が持っているCDを考えてみたらSomethin' Else, And Nancy Wilson, With Strings, Presenting・・・わぁ、やっぱり私は彼から逃げています~(笑)。

コメントの投稿

サイト管理者にのみ通知する

トラックバックURL

http://falso.blog18.fc2.com/tb.php/107-a91bd7cc
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3557位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
415位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg