また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
CategoryとBlogの内容について

 人名が書いてある場合は、その人とその周辺に関してのものになります。
 データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
 間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

 個人的意見は、あくまでも個人的なもので、一般論では有りません。
 悪意を隠せないタイプだと自分では思っているので、他意は無いつもりです。

 古いものは全て仕舞ってしまいます。
 古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出す可能性が、極めて高いです。

 自分がとっても可愛い、心の狭い人間です。
 やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。
 その前に、ちゃんと書くつもりが有るのか自分でも心配になっています。

2012年01月15日 (17:17)

I Remember Clifford






良く来る喫茶店の順位で言えば4番目当たりになるだろう。ここは良く女の子との待ち合わせに使う。あまりにも順位の上位だと今後の生活に影響が出るし、何よりも女の子と待ち合わせに使えようなお店を普段は使っていないと言うのが事実だ。常時野郎率80%以上なんて店で女の子と待ち合わせをするほどは落ちぶれていないと自分では思っている。

ここは普通の喫茶店だ。4人掛けのテーブルが5つにカウンター席が有り、中々美味しい珈琲を淹れてくれるマスターがいて、その奥さんらしき人とアルバイトがいる。珈琲以外のメニューもある程度揃っている。

音楽は有線だがいつもジャズや最近流行のフュージョン、AORなどが選局されていた。暇つぶしのおばちゃんたちの煩い声は聞こえてこない。
マニアックではないが土着もしていない、探すと中々見つからない極々普通の小さな喫茶店だ。

ボクは奥から二番目のカウンター席に座り「アメリカン・コーヒー」よりも薄い大きなカップの「アメリカン・サイズ」と言う珈琲を飲んでいた。薄めに作ってはあるが水臭くなく、珈琲の香りがちゃんとするし量が多いので待ち合わせにはピッタリだ。冷たくなりだして少々味気なくなっているのは自分のせいだ。

ドアの上に付いているカウベルみたいなのがカランカランと鳴る度に首を右に90度回してみるが、入ってくるのは知らない人ばかりで、すぐに首を元の場所に戻す。何故か別に誰の事も待っていないような振りをしてしまう。

「待ち人来ず、だねぇ」とマスターが濡れたカップを拭きながら無表情で言った。ボクは顔を上げて声を出さずに軽く笑って見せた。「強がり」と「諦め」のどちらが強く出ているのかわからないが、それほど気にしていない振りをしようとしていたのは確かだ。

カウンターの上のロングホープの箱から1本抜き、口に咥えてから友達の親父さんから貰ったジッポのライターで火をつけて大きく吸い込んだ。
スピーカーからLee MorganのI Remember Cliffordが流れ出した。マスターとボクは同時にスピーカーに耳を傾けた。目が会って一瞬時間が止まり、それから同時に照れくさいような笑顔になった。そして目をそらしてからマスターはカップを拭き、ボクは待ち人を待つと言うそれまでの作業に戻った。

あの日の夜みんなは、来ないブラウニーをどんな気持ちで待っていたのだろう。

外が凄く寒いのは、エアコンがガンガンに効いた店の中からでもわかった。窓から見える裸寸前の街路樹の枝が普段よりも大きく揺れているし、歩く人たちは誰もが亀みたいに首を引っ込めて早足で通り過ぎていく。
街路灯が点灯するよりも早く暗くなる時期は過ぎたが、人恋しくなる季節は、まだ終わっていないんだと思った。


Lee Morgan, Vol. 3 / Lee Morgan



『好き』は、自分で決めれば良いんだよ。


01 Hasaan's Dream
02 Domingo
03 I Remember Clifford
04 Mesabi Chant
05 Tip Toeing [-]


クリフォード・ブラウンClifford Brown
(1930年10月30日 - 1956年6月26日)

1956年6月26日雨の降る夜、ブラウニーはリッチー・パウエル(バド・パウエルの弟)と、その妻ナンシーの運転する車に乗りフィラデルフィアからシカゴに向かっていたが、途中ペンシルベニア・ターンパイクで土手に衝突して、他の二人と共に亡くなった。

サックス奏者のベニー・ゴルソンは、ブラウニーを追悼して「アイ・リメンバー・クリフォード」(I Remember Clifford) を作った。
トランペット奏者のリー・モーガンのBlue Noteへのこの録音が初演。

極めて純粋に、極めて音楽的な、JAZZ



Clifford Brown





Clifford Brown 1955


スポンサーサイト
Category
Recent Comments
Link
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1869位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
257位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


Search this site
PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。ギャグや冗談だと喜びます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg