また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年04月25日 (18:19)

春を感じていますか? (They Say It's Spring)






春を感じていますか?

2011春-01

2011春-02

2011春-03

2011春-04

2011春-05

梅の花、桜の花と、気持ちが花に行っているうちに、気がつくと過ぎているのが春なのかもしれません。
春は、その気まぐれな気候が魅力なのかもしれませんね。


Give Him the Ooh-La-La (1958)
Blossom Dearie




ロリータ系ジャズ・ボーカリスト(笑)、ブロッサム・ディアリーのVerveでの2枚目。
演歌歌手のようにコブシを回すのが一般的なジャズ・シンガーとすれば、彼女はノンリバーブの歌謡歌手、もしくはアイドル歌手ってところかな(笑)。

01. Just One Of Those Things
02. Like Someone In Love
03. Between The Devil And The Deep Blue Sea
04. They Say It's Spring
05. Try Your Wings
06. Bang Goes The Drum (And You're In Love)
07. The Riviera
08. The Middle Of Love
09. Plus Je T'Embrasse
10. Give Him The Ooh-La-La
11. Let Me Love You
12. I Walk A Little Faster
13. Give Him The Ooh-La-La (Alternative Take)

スポンサーサイト

2011年04月17日 (19:18)

不確かな記憶は、空想なのか幻想なのか (5)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : X記事のURL

2011年04月12日 (23:17)

アレルギー検査2011


目の違和感と痰が酷い時が有り、鼻水も多少出るという事でアレルギー検査をしてもらいました。

対処療法と言う事で、検査をした時に薬を貰ったので、今日は結果を貰うのみで、先生と多少は話をしたのですが、\0で済んでしまいました。

その結果は、こちら↓

アレルギー検査結果2011春


もう、田舎の年寄りは強く出来ています。子供の頃から動物と接していたので動物関係は大丈夫だと信じていたのですが、杉の花粉もヒノキの花粉もドンと来い(笑)。他も軒並み大丈夫です。

牛乳とセイタカアワダチソウは駄目だと思うのですが、今回の項目には無いようです。

良かった、良かった、と言いたいのですが、それでわ「目の違和感と痰は、どうして?」なのですが、先生は「他にも色々とアレルギーの対象は有るけど、酷くないなら気にしなくても大丈夫だよ」だそうです。

原因はわからなくても症状さえ出なければ良しが、医療の現場なんでしょうね。







The Tokyo Blues / Horace Silver



まだまだ地震が続きますね。余震と言うには大き過ぎる気がします。原子力発電所の問題も震災ではなく人災のような雰囲気になってきました。
辛くて大変な日が続きますが、震災地域も他の地域も一体になって、日本として乗り越えましょう。

Tokyoが、これ以上Blueにならないためにも、Cherry Blossomでも見に行こう。

ジャケットが、怒って良いのか、笑って良いのか、泣いた方が良いのか、イマイチ判断に困るんですけど、内容は嫌いでは有りません(笑)。とても聴き易い作りになっている日本のファンへのサービスのようなアルバムです。

2011年04月07日 (19:29)

2011年、今年の桜

今年も家の周りの桜の樹に花が咲きました。近所のおばあさんと「今年は遅いね。それに少し少ないみたいだね」なんて話をしました。

写したものの中から何枚かを。

20110400-01

20110400-04

20110400-09

20110400-10

20110400-12

20110400-15

頑張ろうぜ、日本



もう少し多くサイズ変更したので、それらは去年同様にMixiのフォトへ収めたいと思います。

2011年04月02日 (17:51)

纐纈歩美 (Ayumi Koketsu) 2nd のタイトルは Daybreak

纐纈歩美さんの2ndの発売日が4月20日に決定しました。タイトルはDaybreakで、全11曲となっています。

Daybreak

ジャケットは1st以上にイマイチ感が強い気がします。彼女の見た目の変化は2枚並べるとわかるので、そう言った類のものが好きな人にはウケるかもしれませんが、ジャズ・サックス・ブレイヤーとしての魅力を感じさせる方が良い気がします。今回はレタリングも酷いなぁ。

レコード抱きしめて走って家まで帰った事の無い人のデザインだと思います。あのワクワク感を一度でも味わった事の有る人なら音楽が聞こえてくるような物を作ったと思うんですけどね。今は音をDLする買い方が多いようですしCDはポケットに入っちゃうしね。
早く聞きたくて走るんだけど、レコードが風にあおられたり曲がったりしそうで、気持ちがアワアワするあの感覚は、今考えてみると素敵な思い出だったのかもしれません。



Daybreak / Ayumi Koketsu 2nd



01 Daybreak (Ayumi Koketsu)
02 Sub-Conscious-Lee (Lee Konitz)
03 Embarcadero (Paul Desmond)
04 How Deep Is The Ocean (Irving Berlin)
05 ハナミズキ (一青 窈, マシコ タツロウ)
06 Evidence (Thelonious Monk)
07 After Dark (Yoshihiko Naya)
08 I Can't Get Started (Vernon Duke, Ira Gershwin)
09 Out Of Nowhere (John Green, Edward Heyman)
10 Ezz-Thetic (George Russell)
11 Oleo (Sonny Rollins)

纐纈歩美 (Alto Sax)
納谷嘉彦 (Piano)
俵山昌之 (Bass)
マーク・テイラー (Drums)


全11曲のうち、8曲がジャズ・ジャイアンツの演奏が有る物。残りの曲が、日本人の作曲したものとなっています。
個人的な推測ですが、曲名を見ていると何となく、選曲のリーダーシップをとったのはピアニストのような気がします。

2曲目のSub-Conscious-Leeは、Lee Konitzの作曲。オリジナルを探す時はSubconscious-Leeで検索する方が見つけ易いと思います。

3曲目のEmbarcaderoが入っているアルバムが見つからなかったのでYoutubeでしか聴けなかったのですが、ギタリストのフレーズをピアノに置き換えるのでしょうね。ん?1stにもそんな曲が有ったような気がしたけど勘違いかな。

4曲目のHow Deep Is The Oceanは、スタンダード中のスタンダード。ボーカルは勿論の事、サックス、トランペット、ピアノ、ベーシストと沢山の演奏家が自分の名義のアルバムに録音しています。
パーカーも録音していますが、彼の録音を含めてピアノが印象的な録音が多い気がします。ほとんどの人がスローな演奏なので、アップテンポのスウィンギーな曲になっていたら面白いだろうなぁ、なんて勝手に考えたりしています。

6曲目のEvidenceはモンクの作曲。個人的にはMilt JacksonがBlue Noteに残した録音が印象深いです。Milt Jackson with the Thelonious Monk Quartetですからピアニストは勿論モンク自身。彼のとんがったピアノが流暢なMilt Jacksonのバイブと重なって、とても面白い効果をだしています。
最近ではWynton Marsalisがレパートリーにしたりしていますが、頭でっかちの曲になってしまっていて楽しめませんでした。彼女はどんな風に料理するのでしょうね。楽しみです。

8曲目のI Can't Get Startedは、このアルバムの中では4曲目のHow Deep Is The Oceanと双璧を成すスタンダード中のスタンダード。やはり様々な人が録音をしています。
How Deep Is The Oceanよりもサックスがリーダーの録音が多い気がします。一歩間違えると昭和歌謡や有線放送になりそうな危険を持っている曲なのですが、Mingusや鈴木勲さんの録音は面白いと思います。コールマン・ホーキンスは少々辛いかな(笑)。サックスではSonny Stittが曲の際どさを自分の演奏で払拭しているTune-Upでの録音が好きです。

9曲目のOut Of Nowhere広く録音されている古い曲です。パーカーやドルフィも録音しているサックス好みの曲ではないかと思いますが、この曲のコールマン・ホーキンスの録音は好きです。
そう言えばこの曲もHow Deep Is The Oceanもパーカーのオン・ダイヤルの第2集に入っていますね。やはり、パーカーの録音が有るから入れたのかなぁ。
アルバムが全体的にユックリ目になりそうな雰囲気が有るのですが、是非ともこの曲はSonny Crissみたいなノリを期待したいと思います(笑)。

10曲目のEzz-Theticは、George Russellの曲なのですが、彼のアルバムでしか聴いた事が有りません。Miles DavisとLee Konitzの競演盤での録音が有るので、そちらからのピック・アップなのかな?
中々面白い選曲だと思いますが、どちらにしろ、ワンホーンでやると吹きっぱなしになりそうですね。どうなんでしょう、楽しみです。

アルバムの締めくくりはSonny RollinsのOleoです。ロリンズはピアノレスの録音。もしかしてこのアルバムでもピアノレスなのかな。


まだ全く音源を聴いていないので、色々と身勝手な想像をしていますが、そろそろ長い曲が入ってきても良い気がします。
それにしても聴いてもいないのに長い文章になってしまいました(笑)。













Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
259位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。