FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2010年10月30日 (18:13)

The Pianist / Duke Ellington


あらゆるジャンルの沢山の演奏家に、尊敬の念を持ってSir Dukeと呼ばれたDuke Ellingtonのピアニストとしてのアルバムです。

マネー・ジャングル同様トリオとしての演奏を中心にしてのアルバムですが、前記のアルバムとの大きな違いは、一緒に演奏しているベースとドラムの緊張感の少なさだと思います。

その分デューク・エリントンも特徴的なパーカッシブな弾き方よりもメロディを大切にした聴き易いリラックスした演奏になっています。

現役時代の彼に対して「古い」と言った評論家がいるそうですが、このアルバムも上澄みだけをとればそう聴こえてくるかもしれません。

しかし、今聴いても「懐メロ」になっていないリアリティ度の高い演奏は、それ以上のものを持って演奏されている事の実証になっていると思います。

作曲能力が高過ぎる事が演奏者としての彼やコンポーザーとしての彼にマイナスになったのかもしれません。どの曲も歌詞を付けて歌いたくなるのですから。



The Pianist / Duke Ellington
OJC [Fantasy]

01 Don Juan
02 Slow Blues
03 Looking Glass
04 The Shepherd (take 1)
05 The Shepherd (take 2)
06 Tap Dancer's Blues
07 Sam Woodyard's Blues

Duke Ellington (piano)
John Lamb (b)
Sam Woodyard (dr)
Recorded in New York City on 18th July 1966


08 Duck Amok
09 Never Stop Remembering Bill
10 Fat Mess

Duke Ellington (piano)
Rufus Jones (dr)
Victor Gaskin (b) [on tracks 10] &
Paul Kondziela (b) [on tracks 08, 09]
Recorded in Las Vegas on 07th January 1970



On The Fringe Of The Jungle par Duke Ellington (p), John Lamb (b), Rufus Jones (dr) en 1967 au Danemark


今回もオマケが楽しいです。

1



2
これは貼り付け禁止なのでYotubeに飛んでいきます。

Duke Ellington Trio 1966

Duke Ellington - piano; John Lamb – bass
Sam Woodyard – drums
Joan Miró - sculpture and standing appreciatively
Cote d'Azure - French Riviera



スポンサーサイト



2010年10月26日 (18:18)

Spoiled Girl / Carly Simon

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : Pops 01記事のURL

2010年10月23日 (15:26)

The Sixth Sense (5)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : X記事のURL

2010年10月20日 (21:26)

The Sixth Sense (4)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : X記事のURL

2010年10月17日 (17:31)

The Sixth Sense (3)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : X記事のURL

2010年10月16日 (19:20)

The Sixth Sense (2)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : X記事のURL

2010年10月15日 (18:57)

The Sixth Sense (1)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : X記事のURL

2010年10月11日 (11:50)

73/Mark-Almond


73 (1973)
Mark‐Almond

73-a

73-b


[Live]
01 Get Yourself Toghther
02 What Am I Living For
03 The Neighborhood Man

[Studio]
04 Lonely Girl
05 Clowns
(The Drmise Of The European Circus
With No Thanks To Fellini)
06 Home To You

All Songs Written by Jon Mark



Jon Mark
Lead Vocals, Lead Guitar, Classical Guitar
Johnny Almond
Baritone, Tenor, Alto, Soprano Saxophone; Bass, Alto, and Concert flute; Organ, Electric piano, Backing Vocals, Vibes and Percussion
Danny Richmond
Drums, Timbales, Percussion, Screams, Whoops and Yells on “Live” side
Geoff Condon
Trumpet, Fluegel Horn, Concert Flute, Electric piano, Oboe, Clavinet, Percussion
Alun Davies
Second Vocals, 12String Guitar, Rhythm guitar, Percussion
Wolfgang Melz
Bass guitar, Percussion and Cognac brandy
Bobby Torres
First Percussion, Congo Drums, Quika, Bongos, Timbales and Latin Percussion

Special Thanks to our old friend Nicky Hopkins for his great piano work on “Home to You”
Thanks also to Kevin Crossley for his keyboard and chamberlain work on “Clowns”

Produced by Jon Mark and Bill Blue
Engineering, Live and Remix Bill Blue



半分ライブに半分スタジオと言う「いかにも」なアルバム。でも悪くないのがマーク=アーモンド(笑)。

ギター2人、ベース、パーカッション2人にホーンが2人の7人編成で専属のキーボードプレイヤーがいないマーク=アーモンドって、何なんでしょうね(笑)。
前作に続きジョン・マークとジョニー・アーモンドが居なくても大丈夫な状態を強力にしたように見えます。
Alun Davies正式メンバーだしNicky Hopkins参加しているしホント何考えていたんだろう。


バンドとしてのMark-Almondは始めの2枚で終わり、グループとしての残りカスのようなMark-Almondもここで終了します。

日本のファンの間で評価されるMark-Almondは、これ以降のJon MarkのプロジェクトとしてのMark-Almondです。

しかしJon MarkとJohnny Almondが参加する限りMark-Almondとしての音楽を保っていると言うのも事実だと思います。


もひとつオマケを。
Charles Mingusが1958年にThe Clownと言うアルバムを録音していますが、そこでドラムを叩いていたのもDanny Richmondです。
ホント、何なんだろうね(笑)。

2010年10月07日 (23:10)

「お茶を濁す」って濃く出す事?

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : 古い日記記事のURL

2010年10月03日 (00:14)

安いか高いか

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
カテゴリ : 古い日記記事のURL
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
374位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg