また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
CategoryとBlogの内容について

 人名が書いてある場合は、その人とその周辺に関してのものになります。
 データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
 間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

 個人的意見は、あくまでも個人的なもので、一般論では有りません。
 悪意を隠せないタイプだと自分では思っているので、他意は無いつもりです。

 古いものは全て仕舞ってしまいます。
 古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出す可能性が、極めて高いです。

 自分がとっても可愛い、心の狭い人間です。
 やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。
 その前に、ちゃんと書くつもりが有るのか自分でも心配になっています。

2010年04月30日 (19:14)

夜の桜をテーマにしたビデオを作ってみました。

日毎に北上する桜の季節もそろそろ終わりでしょうか。こちらでは既に葉桜です。
夜の桜の写真を使ってBGVのようなものを作ってみました。

目の悪い方や神経の細やかな方は気分が悪くなるかもしれませんので、見ない方が良いかも。
別に見なくてもあなたの大切な人生にとってマイナスにはなりませんもん(笑)。



本当は、ここを導入部にして、もう少し長い映像にしたいのですが、そんな根性を持ち合わせてはいませんでした(笑)。

BGMにはAlbert Aylerを使っています。と言うか彼の演奏を使って映像を作りたかったのです(笑)。
使った曲はLove Cryに入っています。



他には、こんなアルバムも有ります。



↓本当に重箱です。


彼のアルバムと言えばSpiritual Unityなのですが、Amazonで「通常1~3か月以内に発送します。」なんて事になっているので、外しました(笑)。

スポンサーサイト

2010年04月27日 (19:34)

CD化は無いだろうな。(Jon And Alun – Relax Your Mind)


またMark-Almond関係のアルバムを。マーク=アーモンド関連がこんなに短いスパンで続くなんて奇跡ですよね(笑)。


Jon MarkはSweet Thursdayと言うグループを結成して69年に録音しているのですが、それからさかのぼる事6年前の1963年のお話しです。

Sweet Thursdayで一緒だったAlun Daviesは、後にCat StevensからRight Hand Manと呼ばれるようになるのですが、Jon Markとは学生時代からの友人でした。

そんな二人が1963年にデュオでアルバムを出していたのです。名義はJon And Alun。アルバム・タイトルはRelax Your Mindと言います。Jon Markは、この時点では本名のJon Michael Burchellを使っています。
メーカーはDECCA、そこらに転がっているアンダーグラウンドなメーカーでは有りません。

私が聴いた事が無いので、どんな曲なのか説明が出来ません。レコード自体が「レア」と呼ばれてしまっているので、CD化は難しい感じがします。ついでに言えば「Jon And Alunの発掘音源なんて、誰が買うの?」でしょうね(笑)。

ジャケットの写真をどうぞ。

Relax Your Mind-01

Relax Your Mind-02

Relax Your Mind-03

Deccaからの発売ですからゲテモノと言う訳ではないでしょう(笑)。でもねぇ、このジャケットから「真摯に音楽に向かう若者」を想像できますか?ちょっとばかり難有りですよね。まずプログレ・ファンには嫌われるだろうな(笑)。
ただCat Stevensが言うには、内容的には中々のものらしいのです。ちょっと時代の先を行っていたみたいな事さえ言っています。でも・・・やっぱりジャケット見ちゃうとなぁ(笑)。

曲は全部で13曲です。

01. Relax Your Mind
02. Walk To The Gallows
03. I’m My Own Granpa
04. The Poor Fool’s Blues
05. Black Is The Colour
06. Easy Rambler
07. I Never Will Marry
08. Alberta
09. John B
10. The Song Of The Salvation Army
11. Lone Green Valley
12. The Way Of Life
13. Sinking Of The Reuben James

見た事の有るタイトルが有りますし、二人が作った曲ばかりでは無いようです。ただ同名異曲と言う事も有りますから、詳しい事が知りたかったら、レコードを買うしかないのかな。でも、これにお金を出すのは、相当勇気が必要です。少なくとも今の私には、そんな勇気(財力)が無いのです。

Jon And Alun のアルバムは無いので、二人が参加したSweet Thursdayです。

Sweet Thursday



あっ、これも取り扱いが有りません(笑)。


P.S.
そのうちにこの頃を含めてJon Mark, Johnny Almond, Mark-AlmondのDiscographyをやってみようかななんて考えています。

2010年04月25日 (16:37)

日本のメディアの考える「美」の醜さ (Compay Segundo)

下のような記事をNetで読みました。
そうそう、今回も記事と音楽は無関係です(笑)

テレ東、アイスショー真央転倒を偽装
(4月24日7時51分配信 サンケイスポーツ)


 女子フィギュアスケートの浅田真央(19)らが出場し、テレビ東京が11日に放送した「スターズ・オン・アイス 2010」で、転倒した浅田の演技を差し替えて放送していたことが23日、分かった。

 同アイスショーは9日から11日まで東京・代々木第一体育館で行われた。同局によると、放送した9日の演技は、実際はトリプルフリップで転倒。その部分を成功した10日のトリプルフリップに差し替えるなど、計3選手で同様の編集を行った。同局の島田昌幸社長(65)は23日の定例会見で「あくまでショーなので問題はない。選手の妙技を見てほしかった」と説明した。






全く愚かとしか言えない出来事ですね。完璧に競技を行うことにしか興味を持たないのは「美」に対しての認識が、希薄過ぎます。たとえ一瞬を切り抜いたとしても、そこへ達する「過程」が感じられないものには希釈された「美」しか存在しません。

フィギア・スケートも競技ですから順位を争う為の基準が必要です。たとえ全体として美しくなくても競技基準に準じて成功すれば点数は上がります。しかし人は、そんな部分ばかりに興味が有る訳では有りません。

彼女たちの演技には、高いレベルに達した者のみが表現できる「人格」が現れます。そして、それは「嗜好」の部分が強く押し出される為に、点数では比較できない「美」が存在します。
オリンピックでのフィギアで、金をとったキム・ヨナの演技も残念だった浅田真央の演技にも点数とは別の部分での「美」が有りました。見る人の心に深く感じたのは、「失敗しない上手な演技」ではなかったはずです。

オリンピック後の演技でのキム・ヨナの転倒にも「醜」は感じませんでした。演技全体から彼女の感情の起伏を感じる事が出来「演技をする事」の価値である「美」を感じたからです。表現された「美」の過程は点数では計算できない部分でも感動させる事が出来るのです。

浅田真央の演技を切り貼りする事によって、彼女の「演技をする事」の価値は失われてしまいました。「美」は、テレビ局によって薄められてしまったのです。
なのに「あくまでショーなので問題はない。選手の妙技を見てほしかった」などと言う社長の発言です。

この社長は65歳になるまで何をしてきたのでしょう。何を心に感じてきたのでしょう。
映画のエンディングだけを見て映画を見たつもりになるのでしょうか。小説のあらすじを読んで、その小説に感動したと発言するのでしょうか。
何故フィギアスケートは、数分と言う時間を使い表現をしようとするのでしょうか。何故ワールドカップはPK戦ではなく90分かけて試合を行うのでしょうか。

スポーツニュースで得点の部分ばかり流す事が有ります。これは結果報告であり、それは競技としての「美」を見せる為の番組とは違います。そこには、人の心へ訴える部分のほんの一欠けらしか存在しないのです。
メダルや点数でしかスポーツを評価できないうちは、日本は「スポーツ」と言う「文化」において後進国でしかないのです。「完成」されたものにしか評価をしない文化は、その底辺でうごめく「醜」でしか「美」を表現出来なくなってしまうのです。

テレビ東京は、日本のメディアが文化や芸術に対して極めて無知だという事を露見させてしまいました。このままでは、日本の現代芸術や文化が、世界に「醜と言う形の美」としか受け取られないでしょう。
そして、その責任は日本人全員でとらなければならないのです。




Compay Segundo

The Cuban Heroes Collection [Best]


Cien Anos: 100th Birthday Celebration [Best]


彼は完璧な演奏は求めていません。そこには彼の求めている「美」が存在していないからです。

自分の表現したいものを表現しようとしているだけです。そこに彼の求めている「美」が存在し、それを求められている事を彼が知っているからです。

Buena Vista Social Clubで評判になり、日本でも色々と聴ける様になったのは素晴らしい出来事でしたが、一時の流行のようにとられるのは、少々悲しい事ですね。


2010年04月23日 (22:25)

春の昼下がりの小雨が止む直前 (Frances Langford sings Cole Porter - Easy To Love)


春の昼下がりの小雨が止む直前

春の昼下がりの小雨が止む直前


Jazzと大衆音楽とは、随分長い間同義語だったと思います。それが、特化され専門的な扱いを受けだし、特別な楽しみをされだしてから、その存在自体に問題を抱えだしたような気がします。
物事って本当に難しいですねぇ。ジャズは難しい事なんて考えなくても楽しめるのにねぇ(笑)。





Easy to loveが入っているけど、多分入手出来ないだろうアルバム。




Easy to loveは、入ってないけど、手に出来るアルバム。





2010年04月21日 (19:26)

一日の終わりが始まる時間 (Time Lines / Andrew Hill)


2008年の10月に作ったビデオをUPしました。5分半ほど変化の無い風景と音楽が流れます(笑)。こう言うのって、音楽様様ですよね。音楽無かったら笑ってももらえそうも無いです。





BGMに使ったのは、Andrew HillのアルバムTime Linesからの曲でMalachi [Solo Piano Version]です。




2010年04月20日 (22:37)

桜の風景02



満開の桜の下に横たわって


満開の桜の下に横たわって



2010年04月18日 (01:00)

桜の風景01



01.窓の向こうは満開の桜


窓の向こうは満開の桜



2010年04月14日 (22:32)

2010年の桜の花をもう少し (You Never Know Who Your Friends Are/ Al Cooper)


もう少し桜の花を。随分散ったようなので、もう一度写しに行ってこようかな。そうなると、もう一度桜の花になります(笑)。

2010-Sakura-16

2010-Sakura-17

2010-Sakura-18

2010-Sakura-19

2010-Sakura-20

2010-Sakura-21

2010-Sakura-22

2010-Sakura-23

2010-Sakura-24

2010-Sakura-25

「桜」には「日本」と言うイメージを持つのは私だけではないでしょう。

ただ、私には「日本」と言うイメージと一緒に「生にしがみつく死」や「心の奥の狂気」が、イメージされてしまいます。
繊細で細やかな精神の奥に眠る狂気と言うは、多分日本人だけが持っているものでは無いと思います。

しかし、自分から好んで自らを抑圧しコントロールしようとする日本人の心には、普遍的な正義と同様の量で、自らを一瞬で崩壊させる狂気が含まれている気がします。


I Stand Alone/You Never Know Who Your Friends Are (2CD) / Al Cooper



2CDにボートラたっぷりで、お得なセットみたいなんだけど、なーんかお得な気がしません。何故なんだろう?ちょっと価格的に?を感じるのかなぁ。

音はGood! あの頃の空気を吸う事が出来ます。女性コーラスもホーンもストリングスも最高の配置だと思います。ガチガチに構築する事無く、心の逃げ場を作ってくれる優しさまで伝わってきます。

2CDのもう一方I Stand Aloneからの曲ならYoutubeに有るんだけどなぁ。I Stand Aloneは素晴らしいアルバムだから有って当たり前だけどね(笑)。









2010年04月11日 (22:57)

Net花見をどうぞ。

桜の花を写したので、Net花見をどうぞ。一気に15枚だけど、飽きないでね。

2010-Sakura-01

2010-Sakura-02

2010-Sakura-03

2010-Sakura-04

2010-Sakura-05

2010-Sakura-06

2010-Sakura-07

2010-Sakura-08

2010-Sakura-09

2010-Sakura-10

2010-Sakura-11

2010-Sakura-12

2010-Sakura-13

2010-Sakura-14

2010-Sakura-15

で、今日は本当に写真だけです~。

2010年04月09日 (18:02)

マルコム、ホントにもう終わりなのかい? (Malcolm McLaren - Double Dutch)


久々にPunk, New Waveに関して書きます。

Sex Pistolsは、好きじゃ有りませんでした。凄くPopだし、少しもヘヴィじゃないし、お洒落だし、計算されまくりだと思っていました。「ロックは死んだ? お前らの事ぢゃん」って思っていました。

まぁ、そんな人間でも気になったニュースが目に飛び込んできました。多分大きなニュースにはならないだろうけど、本当はとても大きなニュースだと思うんだけどな。

Malcolm McLaren dies.

1980年以降の音楽のジャンルとして振り分けられたPunkを本物のPunkと思っている人たちには、意味も無い出来事かもしれません。

でもね、やっぱりコイツの天才並みのバカ加減が、ただのロックン・ロールをパンクと言う流行にしてしまったって言うのが、現実だと思います。

この曲はPunkの終焉でしょ。本人が幕を下ろしたって感じがしました。





Duck Rock - Malcolm McLaren


*売っていません。

レコードは買わなかったしCDになってからも買う気はしなかった。でも今なら買うかも。って思ったら売ってないね(笑)。

こんなのだったら手に入るみたい。






Category
Recent Comments
Link
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
248位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


Search this site
PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。ギャグや冗談だと喜びます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg