また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
CategoryとBlogの内容について

 人名が書いてある場合は、その人とその周辺に関してのものになります。
 データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
 間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

 個人的意見は、あくまでも個人的なもので、一般論では有りません。
 悪意を隠せないタイプだと自分では思っているので、他意は無いつもりです。

 古いものは一旦全て仕舞って仕分け方法を変えて出します。
 古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出す可能性が、極めて高いです。

 自分がとっても可愛い、心の狭い人間です。
 やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。
 その前に、ちゃんと書くつもりが有るのか自分でも心配になっています。

2010年03月30日 (23:12)

猫だって笑う (Oh Happy Day - Edwin Hawkins Singers)


最近あまりJazzminとMintの写真を載せていないので、久しぶりに幾つか載せたいと思います。そうそう、Jazzminは、チシャのように密かに微笑むのです。

Cats2010-01おすまししてます

Cats2010-02手の甲にKissなら

Cats2010-03異議ありーっ

Cats2010-04猫だって考える

Cats2010-05呼んだぁ

Cats2010-06微笑むネコ



また写真と関係の無い音楽です。



Oh Happy Day!
The Best of the Edwin Hawkins Singers



メチャクチャ安いです。何でや?

私だけなのかもしれませんがOh Happy Dayと言えばEdwin Hawkins、Edwin Hawkinsと言えばOh Happy Dayってイメージで固まっています。
でもこの曲って、誰の歌でも盛り上がりますよね(笑)。

最近はWhoopiの映画で取り上げられましたね。あっ、もう最近の映画でもないか(笑)。
こう言う良く有るパターンは嫌いじゃ有りません。「わかっちゃいるけど・・・」好きなのです(笑)。



天使にラブソングを2


これも1,000円ぢゃん。デフレ・スパイラル?


これはオマケね(笑)。これは中々凄いから是非見てみて下さい。



Choeur Gospel Celebration de Quebec
Soliste/Soloist: Fernande Angers
Soliste invitée/Guest Soloist: Sylvie Desgroseilliers

そうそう、私はクリスチャンじゃ有りません(笑)。

スポンサーサイト

2010年03月27日 (23:35)

庭の写真が続きます (Tea For Two 二人でお茶を)

また写真です。でもココって写真の為のBlogじゃないのです。それほど私がネタで困っていると言う事なんでしょう。
中々情けない話しでは有りますが(苦笑)、考えてみるとココって元々写真が多いBlogですよね。
んぢゃ、普段と変わりが無いぢゃん(笑)。一応花が中心ですが、虫も少し有ります。

花2010-c01

花2010-c02

花2010-c03

花2010-c04

花2010-c05

花2010-c06

花2010-c07

駅の桜が沢山咲き出したので、花の写真はまだまだ続くかもです(笑)。


Tea For Two (二人でお茶を)



Amazonでは現在取り扱いが有りませんが、書店やホームセンター、レンタル・ショップ等で500円くらいで入手できます。

1950年にDoris DayとGordon MacRaeで映画化されたコメディ・ミュージカルで、オリジナルは「No, No, Nanette」と言うタイトルのブロードウェイ・ミュージカルです。

映画タイトルの楽曲がDoris Dayの歌で大ヒットして、ジャズのスタンダードになりました。
映画音楽の監督はRay Heindorfですが、この曲はVincent YoumansとIrving Caesarの作品です。




Star Box (Best) Doris Day




映画のタイトルになったTea For Twoは、スタンダードになっていますから色々な演奏家がレコーディングしています。



The Piano Style Of Nat King Cole / Nat King Cole



私が持っているアルバムがこれではないので、同じ演奏なのかわからないのですが、King ColeがTea For Twoをボーカル抜きで聴かせてくれます。ピアノ、ベース、サックスのトリオで、彼のピアノ・ソロが曲の真ん中で1分半ほどフィーチャーされています。これが軽快ながら小技を効かせて飽きさせないソロに仕上がっていて中々のものです。彼はボーカルが注目されていますが、ピアノも相当のものなのです。




Once Upon a Summertime / Blossom Dearie



アルバム全体が反則なBlossom DearieのTea For Twoは、勿論反則(笑)。男性は骨抜き間違い無し。18禁アルバムです。私は未成年で聴いてしまったので、その後の人生が屈折してしまいました(笑)。


2010年03月24日 (18:48)

また、庭の景色 (Bolivia - Gato Barbieri )

庭の花を。でもこの花の名前を知らないんです。一昨年親父が植えたのは確かな事。で、親父に聞いたのですが「?」だった。一体、何を植えたんだよー。

花b01

花b02

花b03

花b04

花b05

花b06


14歳と15歳の姉妹がボリビアに帰りました。日本にいる間は親と一緒に生活が出来ずに施設に入っていたから、親と一緒に暮らせるボリビアでの生活は幸せだと思う。

でも、ずっと日本人と一緒に生活をし、日本人の学校に通い、日本が大好きだった二人の目が、とても寂しそうだったのも確かだった。



Bolivia - Gato Barbieri


*現在取り扱いが無いようです。

南米人だと言う事を頑なに表現し続けるジャズ・サックス・プレイヤーのガトー・バルビエリ。でも表現される音楽はBGMに毛が生えたようなフュージョンとかクロスオーバーにはならずにいる。Straight AheadなJazzとは言えなくても、彼はJazzから離れる事が出来ないのは確実だ。

彼のアルバムでは↓が、一番思い出深いです。すっごく美人なブラジレイラとの思い出があるんだ(笑)。



Caliente! - Gato Barbieri



SantanaのEuropaは、確かにやり過ぎだけどね(笑)。


2010年03月14日 (18:39)

ジェシカは、5歳 (Brothers and Sisters - The Allman Brothers Band)

ジェシカは、5歳。三人兄弟の末っ子ですが、上が17歳と19歳だから甘やかされています(笑)。

シャイで人見知りをするけど、打ち解けると凄い事に(笑)。体全体で親愛の情を表し飛びついてくるし、ポルトガル語と日本語が混ざった状態で、早口で話しかけてくる。その間もジッとしていなくて、本当に元気。

Jessica01

お父さんとお母さんの顔を足して、ちょうど2で割ったような顔。お母さんは北海道からブラジルへ渡った2世、お父さんは九州からブラジルに渡った2世だけど、日本人の血をあまり感じさせない顔じゃないかと思います。

Jessica02

本当に可愛い子です。帰ろうとして「チャオ」と言うと泣き出すし、大人になったらきっと男を泣かすんでしょうね(笑)。

Jessica03

彼女とは関係の無いジェシカを。

Jessica



Jessica と言う曲はDuane亡き後のThe Allman Brothers Bandとしての最初のスタジオ録音Brothers and Sistersに入っています。このアルバム、新生The Allman Brothers Band の1stと言っても良いと思います。

以前のガツガツと真っ直ぐに響いてくる音圧や大きくゆれるグルーブが、ソウルフルなうねりになりました。こんな表現でわかるかなぁ(笑)。
Dickey Bettがリーダー・シップを取り出した事やChuck Leavellの加入がそうさせたのでしょう。

でも基本的な部分は変わっていないと、あえて言わせてもらいます。それくらい生気に溢れた、想像力豊かな素晴らしい録音です。

Brothers and Sisters
The Allman Brothers Band




01. Wasted Words
02. Ramblin' Man
03. Come and Go Blues
04. Jelly, Jelly
05. Southbound
06. Jessica
07. Pony Boy


Beginnings
Allman Brothers Band




彼らの1stと2ndの2in1。もうすでに凄いよ(笑)。

2010年03月10日 (18:07)

庭の風景 (Restless Nights – Karla Bonoff)

ちょっと寒さがぶり返してきましたが、庭は少しずつ春を感じさせてくれます。で、それほど春を感じさせてくれる訳ではない写真です(笑)。

松の木2010-01

松の木2010-02

松の木2010-03

松の木2010-04

松の木は力の具合が面白いです。長い時間を感じさせてくれる部分と一気に拡散していく力が共存しています。

次は「これ、なーんだ?」です(笑)。

ネギ2010-01

ネギ2010-02

ネギ2010-03

ネギ2010-04

ネギ2010-05

まぁ、見慣れたものですからすぐに気が付きますよね(笑)。ネギは抜かずに切って使うと、また生えてきます。でも、切った部分に水が溜まりそうで、中々出来ません。そのままチョッキンすれば良いのかなぁ。

庭の風景-春の少し前2010

ヒヨドリの声は聞こえます。姿は時々。つがいのメジロは山に帰ったようです。そろそろ虫が増えるかなぁ(笑)。




ねぇ、どうして一人でいるって事を説明しようとするの。
どうして、こちらから連絡が取れないの。
本当は誰か一緒に居るんでしょ?

私の愛が足らなかったなんて言わないで。
私だけが傷つくのね、
お互いに分かち合っていたはずなのに。
私の全てを差し出したのに、
何も報いは無かったわ。
バカなくらい真剣な方だけが傷つくのね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中々男には辛い内容の歌詞ですね(笑)。

Restless Nights – Karla Bonoff



01. Trouble Again
02. Restless Nights
03. The Letter
04. When You Walk in the Room
05. Only a Fool
06. Baby Don't Go
07. Never Stop Her Heart
08. Loving You
09. Water Is Wide

Karla Bonoff :Guitar, Keyboards, Vocals
Don Henley :Guitar
David Lindley :Guitar
Andrew Gold :Guitar, Keyboards
Steve Forman :Percussion
Garth Hudson :Keyboards
Danny "Kootch" Kortchmar :Guitar
Russ Kunkel :Drums

2010年03月04日 (23:01)

ブラジルのコロッケって説明されるけど (小船 - Fernanda Takai)

Nelsonの奥さんは料理が上手だそうです。今まで色々な人のを食べてきた中では確かに美味しいと思いますが、日本人の好みも有るので、そのまま日本人にとっても美味しいとは限りません。

写真が美味しく見えると嬉しいのですが。

01-Risolis-01
02-Risolis-02

Risolis(リゾーリス)と言う半月型の揚げ物です。写真はハム+チーズですが、チーズのみや牛挽肉の場合も有ります。味は素材と塩くらいかな。それほど強い味付けはして有りません。ハム+チーズは大好き。でも沢山は無理(笑)。

03-Coxinha-01
04-coxinha-net-01

Coxinha(コッシーニャ)は、涙型の揚げ物です。鳥挽肉が一般的だと思いますが、チーズだったりと他のものが入っている事も有ります。カットした写真を撮らなかったのでNetから拝借しました。ケチャップやマスタード、マヨネーズなどを付けて食べたりします。そのまま食べる事も多いみたい。
大きさが様々でうずらの卵大から鶏の卵大まで色々な大きさのものを見た事があります。

05-Esfiha-01
06-Esfiha-02

Esfiha(エスフィーファ)は、作る人によってパンのようだったり、少し固くてパイ生地みたいだったりします。写真のは少し固めのパンみたいでした。中に牛挽肉や鶏挽肉だったりします。味が大味で私はあまり好きじゃないです。でも食べます(笑)。
マヨネーズとかケチャップを付けたくなります。


07-Enroladinho

Enroladinho(エンホラディーニョ)は、具入りのロールパンと言えばわかりやすいと思います。中がハム+チーズだったりピザ味だったりします。これは今日載せた中では一番好き。だって普通のパンだもん(笑)。何も付ける必要は有りません。好き過ぎてカット写真撮る前に食べ終わっていました。

食べ終わる前に気が付いたら、また写真を撮ります。




Onde Brilhem os Olhos Seus
Fernanda Takai






現在ブラジルのポップ・カルチャーを牽引するパト・フのシンガー - フェルナンダ・タカイが、ボサ・ノヴァのミューズ - ナラ・レオンの秀逸なレパートリーを新たな視点でカヴァー(解説から)。

ブラジルでも大人気のグループのPATO FUのフロントで日系のカワイコちゃん。ビデオは彼女の1stソロ・アルバムの1曲目。
全然凄い曲じゃないし、みえみえのブラジル風じゃないのが、逆にブラジルの普通を感じさせてくれて大好きです。
日本で発売されたアルバムにはボーナスとして素敵な曲が加えられていました。

Kobune (O Barquinho)



Fernanda Takai / Luz Negra ao vivo [CD+DVD]




O Barquinho em Japonês (Porto Alegre)





2010年03月02日 (18:43)

浅田真央の演技を映画に喩えたかったんだった。

よく知らないフィギアスケートが続きます。それも更新が鈍間なこのBlogで連続するのです。既に奇跡ですよね(笑)。

実はキム・ヨナと浅田真央の演技を映画に喩えたかったのですが、記憶の中で曖昧だった部分が有ったので、どうしようか悩んでしました。でも書いちゃうのが私のBlogです(笑)。


キム・ヨナの演技はまるでハリウッド映画のようでした。エンターテイメント性に優れ、誰もが娯楽としてリラックスして楽しめるタイプだと思います。007の曲が使われていたから英国映画に喩えるべきなのかもしれませんが、私はハリウッド映画のそれと同じ質を感じました。世界中の人が楽しむ事の出来る万人に好かれる世界は素晴らしいと思います。

The Cabinet of Dr. Caligari P-3



それに対して浅田真央は、もっと重厚なものでした。昔見たロシア映画やドイツ映画と同じような娯楽性と言う言葉と同様の重さで芸術性を語られるそれらと同等のものを感じました。

彼女の演技から「カリガリ博士」や「戦艦ポチョムキン」のそう「オデッサの階段」のシーンを思いだしたのです。

Escalera de Odesa "El Acorazado Potemkin"



二人の演技を評価する時、その価値観の位置の違いが、まさしく点数の違いに出たのだと思います。男性ソロの誰かさんじゃ有りませんが、このオリンピックがアメリカ大陸ではなく、ロシアやヨーロッパ大陸だったら、また違った点数評価になったのではないでしょうか。

だからね、もう二人を比べるのに何かと否定的に扱うのは止めませんかね。あんなに素晴らしい演技を見せてくれたのに失礼だと思いますよ。
って、言う私個人の意見でした(笑)。


カリガリ博士 オールインワン・DVD-BOOK1




戦艦ポチョムキン【淀川長治解説映像付き】 [DVD]




オマケ
死神の谷 [DVD]






2010年03月01日 (20:39)

浅田真央は凄まじかった (Hosianna Mantra - Popol Vuh)





アイススケートに詳しくないけど、書いちゃう(笑)。

MixiでTさんの所にも書いたのですが、フィギュアスケート女子のフリーでの浅田真央の演技は凄かった。いや、凄まじかったと言った方が良いかも。

オリンピックの競技としての点数方式では考えられない領域だったと思います。オリンピックと言うスポーツ大会の中で、彼女の演技は芸術の世界に踏み込んでいました。

見ているうちに鳥肌が立ってしまいました。19歳であんな凄まじい領域に達してしまった彼女は、きっと普通の19歳の女の子が経験出来ないような世界を経験してきたのでしょうね。

韓国のキム・ヨナが競技を始めた途端「金だ」と思いました。それほど高いレベルでオリンピック競技として完成していました。あれほど完璧に完成していたら誰も文句は言えないと思いました。とても綺麗な演技でした。

浅田真央の見せてくれた彼女自身から溢れ出るような抑えきれない感情表現は、あまりにも芸術的過ぎる気がします。あれを競技として点数化すると言うのは、難しいのではないかと思います。

これからのアイススケートの点数を付ける人の中に、バレーやアートの世界の人を含めなければいけなくなる様な域に彼女は達していました。それが彼女のこれからにプラスになるのかわかりませんが、まだまだスポーツが文化になりえていない日本には、とても大きな刺激になったのではないでしょうか。

浅田真央さん、もし大須のリンクに行く事が有ったらPukioによって、Miguelに「ここへ来たらアルパカのヌイグルミをもらえるってBlogに書いてあった」って言ってください。お姉さんの分もプレゼントします(笑)。

彼女たちとは関係のない音楽です。



Hosianna Mantra - Popol Vuh



1. アー! Ah !
2. キリエ Kyrie
3. ホシアナ・マントラ Hosianna-Mantra
4. 別離 Abschied
5. 祝福 Segnung
6. 礼拝 Andacht
7. 天はそこに Nicht hoch im Himmel
8. 礼拝 Andacht
9. アヴェ・マリア Maria ( Ave Maria )(ボーナス・トラック)

ポポル・ヴー代表作と語られる'72年のサード・アルバム。アコースティック・サウンドへの回帰と、稀代の女性ヴォーカル、ヨン・ユンを迎えて生まれた、 神々しいまでの神秘性に満ちた音楽性は他に並びないもの。
ボーナスにユン名義の稀少シングル アヴェ・マリア 収録。 見開きダブルジャケット仕様、帯・解説付。解説:山崎尚洋




Category
Recent Comments
Link
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
275位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


Search this site
PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。ギャグや冗談だと喜びます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg