また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
CategoryとBlogの内容について

 人名が書いてある場合は、その人とその周辺に関してのものになります。
 データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
 間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

 個人的意見は、あくまでも個人的なもので、一般論では有りません。
 悪意を隠せないタイプだと自分では思っているので、他意は無いつもりです。

 古いものは全て仕舞ってしまいます。
 古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出す可能性が、極めて高いです。

 自分がとっても可愛い、心の狭い人間です。
 やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。
 その前に、ちゃんと書くつもりが有るのか自分でも心配になっています。

2010年01月28日 (21:43)

美人と言われるのを拒否したSaxプレイヤー


最近アメブロのPiggに頻繁に入っています。ここで実際に演奏をしている方と話が出来る事が多くて、田舎で隠居状態の私にはとても刺激的だったりします。

昨日の夜Piggでお話し相手をしてくれたのは、偶然ですが私が今住んでいる近くの名古屋を拠点にしているジャズ・サックス・プレイヤーの方でした。

お名前は、纐纈歩美(こうけつ・あゆみ)さん。愛知県のお隣にある岐阜県出身の方で、まだ20歳を過ぎたばかりですが、積極的にライブをこなすプロの方でした。



お話をしていて、まずその聡明さにビックリしました。素人の私の偉そうな話も丁寧に聞いてくれますし、自分の考えている事も多くの言葉では有りませんが、こちらに伝わる言葉を選んで話してくれました。

Netでの名前で実際にも演奏していると言う事で、急いで検索してみてビックリ。これが素晴らしく美しい方。芯がシッカリしているからでしょうね、この若さで「可愛い」と言う言葉よりも「きれい」と言う言葉が似合う美人の方でした。

ご本人の了承を受けていないので写真の転用は止めておきました。ご自分で探してください。それだけの価値は有ります(笑)。

あゆみブログ
纐纈歩美るーむ


ただご本人は、その事に触れられるのは、不本意そうでした。はっきりと「若いとか女性だとかは今だけの言葉だから」と、一蹴されてしまいました。おじさん、恥ずかしくなってしまいました(笑)。

演奏に関しては、まず始めに何よりも魅力的だと言っておきたいです。なにせ私は書き出すと意地悪な言葉しか出てこないので勘違いされそうですが、プライドの高い技術で聴かせようとする演奏だと感じました。そこにとても好感が持てるのです。



Jazz In Lovelyと言うライブハウスでの演奏です。私が知っている以前のままなら、それほど録音するのに条件の良い場所では有りません。聴くなら近くて素敵な場所でしたけど。

抑えた演奏ですが、まだ余裕があるように感じられます。体の中から出てくるようなスウィング感は有りませんが、自分に課題を与えて演奏をしているようなものが、こちらに伝わってきます。



もう半年も前の録画ですから彼女の演奏も現在はもっと素晴らしくなっているはずです。
音の選択や手数の配分、それらを含めた全てが進化の途中ではないかと思います。そう期待させてくれる何かが有ります。

演奏家は、素晴らしい時間を与えてくれます。そして聴く側の人間は、その演奏を育てる立場でも有ると思います。

名古屋周辺以外でもライブを行っているようですし、レコーディングの話も有るようです。
今なら随分安く演奏を見ることが出来ます。皆さんの近くに行く事が有りましたら是非、出かけてあげて下さい。

2月のライヴスケジュール

2月3日(水) ハドウス大高店
モーリス・オテイ(Ds) / バニー・ワイルダー(Ba)
トム兼松(Gt) / 纐纈雅代(As)
纐纈歩美(As)
19:00~

2月5日(金) 岡崎 Satin Doll
【長瀬良司(Tp)クインテット】
安田基郎(Ba) / Sakakura(Pf)
砂掛裕史朗(Ds) /纐纈歩美(As)
20:00~
\1500

2月10日(水) 新栄 Swing
【納谷嘉彦(Pf)f 】
日景修(Ba) / 河村亮(Ds)
纐纈歩美(As)
20:00~
\1500

2月19日(金) 吉良 intelsat
【纐纈歩美(As)カルテット】
清水行人(Gt) / 大村守弘(Ba)
奥村将和(Ds)
20:00~
\1500

2月20日(土) 多治見 Palette
【纐纈歩美(As)カルテット】
渡辺ショータ(Pf) / 谷井直人(Ba)
奥村将和(Ds)
20:00~
\1500

2月22日(月) 平針 SunnySide
【吉岡直樹(Ba)クインテット】
加藤大智(Ss,As) / 纐纈歩美(As)
森永理美(Pf) / 佃政彦(Ds)
20:00~

2月23日(火) 金山 Mr.Kenny's
【加納奈実(As)纐纈歩美(As)クインテット】
平光広太郎(Pf) / 谷井直人(Ba)
船尾真伊年(Ds)
20:00~

2月24日(水) 栄 Jazz Inn LOVELY
【納谷嘉彦(Pf)f 】
日景修(Ba) / 河村亮(Ds)
纐纈歩美(As)
19:30~
\1500

2月25日(木) 多治見 palette
【Banana Space】
林左知恵(Pf) / 大沢賢太(Ba)
浅田亮太(Ds) / 纐纈歩美(As)
20:00~
\1400

2月26日(金) Honey Style Cafe TOSHIN
【纐纈歩美(As)トリオ】
清水行人(Gt) / 塩井洋介(Ba)
19:30~
おひねり制

2月28日(日) 徳島ジャズストリート
【納谷嘉彦(Pf)f 】
日景修(Ba) / 河村亮(Ds)
纐纈歩美(As)

ホント、文字だけでのお付き合いでしたが、彼女の丁寧さとプロとしてのプライドが伝わってきて、随分好感の持てる方でしたよ。

こんなBlogで扱うのが失礼かもー(笑)。
と、言う訳で、ご本人から「すぐ消せ」等のクレームが出た場合、速攻で消させていただきます。
スポンサーサイト

2010年01月26日 (21:55)

BNなんて知らないけど、コンペントラリーなジャズが好き、ってさ。

Piggと言う人形を使ったチャットのようなNet上での話しです。ジャズの部屋へ行くと男女の二人の可愛い人形が盛んにおしゃべり。他には誰もいないし出て行こうかと思ったら女の子の人形が話しかけてくれました。

私は聴くだけで楽器の演奏なんて出来ないと言うと、最近どんなジャズを聴いているかと言われたので「Blue Noteの1500番台をまとめて聴いていました。」と答えました。

返ってきた言葉は「へー、そんな聴き方があるんだ」でした。やはりBlue Note自体を知りませんでした。横にいた男の子の人形は急いでNetで調べたみたいで、少しNet Shop的情報を語ってくれましたが、どうやら知らなかったというのが実際でしょう。

まぁ以前に現実社会で同じような事が起こっているので、ビックリする事はなく、レコード会社で演奏や録音のカラーが違うんだよ、のような話を少ししたのですが、二人ともジャズが好きな事が自慢のようで「普段はコンペントラリーなジャズを聴いているからスタンダードは聴かないなぁ」と言われた時には、返事に困ってしまいました。

あなた方の言うコンペントラリーなジャズはどんなものですかと言うと、返事に困っているようだったので演奏家の名前を聞いてみました。
はじめに出てきたのが、パット・メセニー。次に出てきたのが・・・ド忘れました(笑)。私が「その人たちってフュージョンじゃないんですか」と聞くと、何かバカにされたように感じたのでしょうか、あまり友好的ではない態度に(笑)。

まぁ別にどうでも良いとも思いますが、古いジャズにも良いものは有りますし、フュージョンにも良いものは有ります。勿論、今でもコンペントラリーなジャズで良い物を作っている人もいます。別にジャンルで上下関係は無いと思います。

私は基本的に全ては好き嫌いを越える事が出来ないと思っているので、個人的な意見を書いてしまえば、パット・メセニーをコンペントラリーなジャズとは思えませんし、彼名義のアルバムで良かったと思った事は一度も有りません。(あーあっ、言っちゃった/笑)



Steve Coleman

Motherland Pulse



Invisible Paths: First Scattering



On the Edge of Tomorrow


あらゆる音楽と混ざり合いながら進化をしようとする彼の座っている位置は、明らかにジャズ。決してコンペントラリーなジャズではありませんが、彼の作り出す音楽はジャズ的快感に満ちています。

ただ残念な事は、頭が良いせいでわけのわからない理論で固まっている事。音楽が柔軟スタイルを取ろうとしているのに、その出口が論理で固まっているとのも変な話ですが、もっとストレートにジャズしても良い気がします。

それから、彼の過去のアルバムは彼のサイトで自由に無料で聴く事が出来ます。
それ自体は素敵な事のようにも感じますが、そんな環境に無い人の手に彼の音楽が届きにくくなる可能性も有るので、これらの行為も一考して欲しい気がします。
どちらかと言えば、Liveとか未発表の音源を沢山UPしてほしいな(笑)。

2010年01月22日 (18:56)

お前のアドリブなんて、聴きたくもない (The Freedom Book / Booker Ervin)

ワンフレーズ出来て「さぁ、いっちゃえ」みたいなセッション的なアドリブをもジャズの面白さのように語る人がいるが、そんな所にジャズの面白さなど存在しない。

もし、そこに特別な出来事が起こったとすれば、それは奇跡なのだ。奇跡は起こりうるが、そうアチコチで簡単に起きる事は無い。

曲の展開の熟知、それぞれの音の趣味の相互理解、みんなの心臓の鼓動の共振、それらが深く関わりあう事が出来て、始めて奇跡は起きる。

その為にする「奇跡を起こすための」セッション自体をアドリブ合戦として喜び持ち上げ真似するのは軽率な行為だ。

そこで止まってしまっては奇跡など起こる訳がないのだ。その次に進む事を否定する事に価値は無いのだ。

奇跡を求めない楽しさもある。純度の低い参加型の楽しさも存在する。それらを楽しむ事も勿論許される行為ではある。

しかし、それはそれまでの事であり、それ以上の高みに昇る狂おしいほどの想いとは別の世界だと認識出来ていなければならない。

奇跡に辿り着けるのは、奇跡を求めた者ではない。全てを受け入れ、全てを吐き出し、全てを確信したうえで、無知への領域へ踏み込む勇気を持った者だけなのだ。

奇跡が起こる事を求める者と、奇跡を起こそうとする者を混ぜてはいけない。

それらは演奏する側にとっても聴く側にとっても
「混ぜるな、危険」なのだから。


The Freedom Book / Booker Ervin



ちゃんとした説明を読みながら聴きたい人は


01. Lunar Tune
02. Cry Me Not
03. Grant's Stand
04. Day to Mourn
05. Al's In
06. Stella by Starlight [*]

Booker Ervin: tenor saxophone
Jaki Byard: piano
Richard Davis: bass
Alan Dawson: drums

December 3, 1963

アルバムは「独創的な」と言えば聞こえがいいが、素っ頓狂なイントロで始まるLunar Tuneで始まる。それがこの曲のテーマとして延々と続く訳なのだが、元々センスが悪いと感じた事は無い彼は、それをメンバーと展開していくうちに、ちゃんとした曲にしてしまう。

ただ、そこに面白みが無い。楽しさが無い。曲としての面白さの無さを演奏でカバーしようとしたが、残念ながら高いレベルには辿り着けなかった、って感じ。

次の曲のCry Me Notが流れてくると、それがより明確になる。この曲は丁寧に音が選ばれた曲の良さが、演奏自体に面白さを持たせてくれる。
1曲目の無理矢理加減がより強調され、その後に続く曲の良さを際立てる。まるで狙ったように感じるのは、考え過ぎなのかもしれない。

しかしボーナス・トラックとしてプラスされた、誰もが知っているスタンダード(流行曲)であるStella by Starlightによって、より強調されているのは、少々皮肉かもしれない。

まぁ、それでも彼に「お前のアドリブなんて、聴きたくもない」とは、言えないよな(笑)。

2010年01月17日 (17:22)

二つのリアルタイム (In the Wake of Poseidon / King Crimson)




その音楽の「旬」は、その音楽が録音された(演奏された)その瞬間だと思う。音楽も人の手で人工的に作り出されるものだから、それが作られた時代の影響を強く受けるのは当たり前だ。

例え、それがジャズのスタンダードでも当然の如く録音された時代が反映される。演奏者の毎日の生活が演奏に反映されるし、その時代の録音技術やメディアの種類が、作り出されたものに影響を与えるのは確実だ。

音楽は聴く人間の耳に到達した時点で、個人のものになる。どれほど評価の低いものでも、どれだけ周囲に否定されようとも、聴いた者の嗜好に合えば「好き」と言う言葉で、全てを凌駕することが出来る。

古い音楽を楽しんでいる人は沢山いる。個人の記憶と混然となった音楽への感傷は誰にもとめる事の出来ない感情となり、その人個人の時間軸の一部として存在する事になる。

新たに出来上がった個人の時間軸の中での「リアルタイム」は、社会的事象としての歴史的な「リアルタイム」よりも、個人自体には有用なのかもしれない。


In the Wake of Poseidon / King Crimson





*どちらもボートラ+2です。

これが発表されてから私が聴くまでに数年のギャップが存在するのは事実です。それでも「懐かしい」アルバムであり、忘れられないアルバムの一枚なのも事実なのです。

King Crimsonのアルバムで一番懐かしいのは、従兄弟に聴かせてもらった1stですが、「懐かしい」と言う感情以上のものが有るのが、このアルバムじゃないのかな。

「キンクリじゃ、どのアルバムが一番好き?」と聞かれたら、きっと「ポセイドン」と答えると思います。他のアルバムも好きだから微妙と言えば微妙なんだよなぁ(笑)。

彼らは、ロックン・ロールの極めて基本的な部分から抜け出そうとしたグループの一つとして、プログレッシブ・ロックと呼ばれるジャンルで語られる事になります。

ただ、それを説明する為に「ジャズ云々」と言う言葉が使われますが、彼らからジャズを感じた事は有りません。ジャズ的な技法や演奏家を使って作られた音楽としても、そこに出来上がった音楽は、あくまでも「ロック」なのです。

「ジャズ」と「ジャズぽい」は、全く違うものなのです。


オマケ

Progress - Michael Giles



Michael Giles is an English drummer, best known as a co-founder of King Crimson in 1969. Prior to the formation of Crimson, he also co-founded the short-lived Giles, Giles & Fripp with his brother, Peter, and Robert Fripp the previous year.
Giles left the King Crimson in December 1969, though he played as a session musician on the band's second album, In The Wake Of Poseidon. He joined Ian McDonald to record an album called McDonald and Giles, which was much lighter in style than King Crimson, but just as challenging musically. Giles then worked as a session musician for the duration of the 1970s, working with many popular artists including Leo Sayer, Steve Winwood, and Yvonne Elliman. A solo album, Progress, was recorded at his home studio in 1978, but wasn't released until 2003. He continues to work as a session musician.

2010年01月12日 (22:48)

この冬の松前漬けは、カットにこだわりました。 (Alabama Concerto - John Benson Brooks)

2009暮れの松前漬け

去年の暮れに作った松前漬けは、三大材料(人参、スルメ、コンブ)のカットの仕方に工夫をしました。
人参は長さを4センチから5センチにカットしました。厚みは2ミリくらいと薄くして、漬け汁が沁み易いようにしました。

スルメは、まず胴体と足を分けてから、胴の部分の真ん中にある固い部分をはがし、真ん中から二つに切りました。切った後に真ん中の固い部分を取るよりも取り易かったので、その順番を使いました。スルメの胴は最長が胴の幅の半分になります。幅は3ミリ前後です。伸び縮みがないので、これが箸で掴んだ時の大きさと考えて良いでしょう。
足の部分ですが、固いので少し工夫をしました。長さを胴体と同じくらいに切った後に、真ん中から二つに裂くようにカットをしました。口に入れた時の感触は、これで随分変わりました。

コンブは5センチくらいの長さにカットした後に幅2ミリくらいにしました。大きくなりますし個人的に松前漬けの中では脇役だと思っていたので、なるべく小さくしたかったのですが、このサイズにしたせいで俄然輝きだしました(笑)。これくらいのサイズでの主張が、私の中では抜群のバランスになったようです。

漬け汁の量も今までよりも増やしました。全体的にかぶるくらいの量にした事によって、つかるまでの時間が短縮されました。逆に長時間の放置は漬かり過ぎる事もわかりました。食べるまでの時間に合わせて、容器を二つ用意するとベツトのような気がします。



Alabama Concerto - John Benson Brooks



ここで試聴できます。

1. Alabama Concerto (First Movement)
The Henry John Story
2. Alabama Concerto (First Movement)
Green, Green Rocky Road
3. Alabama Concerto (First Movement)
Job's Red Wagon
4. Alabama Concerto (Second Movement)
Trampin'
5. Alabama Concerto (Second Movement)
The Loop
6. Alabama Concerto (Third Movement)
Little John Shoes
7. Alabama Concerto (Third Movement)
Milord's Calling
8. Alabama Concerto (Fourth Movement)
Blues for Christmas/Rufus Playboy
9. Alabama Concerto (Fourth Movement)
Grandma's Coffin…

Art Farmer (tp)
Cannonball Adderley (as)
Barry Galbraith (g)
Milt Hinton (b)
John Benson Brooks (comp, arr, p)

NYC, July 28 & 31, August 25, 1958

「3枚のアルバムしか出していないから」と言うよりも元々アレンジャーで、演奏家としては芽が出なかった為に、後に「幻の」とやらの言葉が付くアルバムを作ってしまったJohn Benson Brooks。このアルバムでもほとんど演奏していません。

実際、このアルバムが注目されるのは、彼自身がどうのこうのと言うよりも1958年のCannonball AdderleyとArt Farmerの演奏が聴けると言う部分ではないかと思います。

アルバムタイトル通りにアラバマをテーマにした組曲形式になっています。曲調から察すると、ジャズがジャズと言うカテゴリーで区分され語られる前の黒人音楽のルーツをカテゴリー化されたジャズの方法論で表現しようとしたアルバムではないかと思います。

ただ、そこへ音楽としての楽しさが加味されたかと言うと少々疑問も感じられます。作者の譜面の上での楽しさが実際の演奏を超えてしまっている為に、出来上がった音楽自体は思いの他表現された世界が平坦になり、こちらへ迫ってくる部分が欠落しているように感じます。

1曲目の出だしやメロディには面白さを感じましたが、大衆音楽をストレートに表現したAlberta Haunterなどの演奏やジャズとして未来へ向かった沢山のジャズ演奏家に比べると、残念ながら中途半端に終わってしまっているように感じます。

ただ、ジャズを奴隷たちが突然生み出した魔法の音楽と思っている人には、音楽の持つ長い歴史の繋がりを感じさせてくれるサンプルにはなるのではないかと思います。


実を言うとね、アルバムのそこここに聴こえるフレーズとか、嫌いではないのです(笑)。Cannonball Adderleyも中々良い感じだしね。

2010年01月07日 (19:17)

年賀状のネタにした (Dexter Calling - Dexter Gordon)


Dexter Calling

Dexter GordonのDexter Callingを年賀状のネタに使わせてもらいました。ハッピーでちょっとスケベそうな顔が、私の年賀状にピッタリとはまりました(笑)。

音もワンホーンでストレートに楽しく、あまりジャズを聴かない人にも「わぁー、ジャズだ」って言ってもらえるし、ジャズを好きな人にも「心地良いスウィング感」と楽しんでもらえるアルバムだと思います。

1961年にケニー・ドリューはヨーロッパに渡ったと言うからその直前の録音なんだろう。

このアルバムが下賎な録音にならなかったのは、バックのケイー・ドリュー・トリオのお陰なんだと思いたいんだけど、1960年の12月にBlue Noteに録音したUndercurrentとはメンバーの面子が違う。

この録音の三日前の録音はバックがホレス・パーランのグループで録音されDoin’ Allrightと名付けられ発表された。
このアルバムの為にアルフレッド・ライオンが以前のメンバーに声をかけたのかなぁ。
そう言えば1961年1月に録音したケニー・ドーハムのアルバムは、このトリオがリズムセクションだ。

あー、なんかアルフレッド・ライオンがニヤリと笑って「まぁまぁ、楽しめよ」と言っている気がする。
そうさ、音楽はまず楽しむ事なんだよなぁ。無い頭で変な事を考えるのは、たっぷりと楽しんだ後にしよう(笑)。

Dexter Calling - Dexter Gordon



↓音が良いらしい。高いねー。


1. Soul Sister
2. Modal Mood
3. I Want More
4. End of a Love Affair
5. Clear the Dex
6. Ernie's Tune
7. Smile
8. Landslide [*]
BN 84083
1961年5月9日録音

Dexter Gordon (Tenor Saxophone)
Kenny Drew (Piano)
Paul Chambers (Bass)
Philly Joe Jones (Drums)

2010年01月01日 (00:34)

Feliz Ano Novo!


謹賀新年

です。

あけおめー


Category
Recent Comments
Link
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
248位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


Search this site
PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。ギャグや冗談だと喜びます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg