また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
CategoryとBlogの内容について

 人名が書いてある場合は、その人とその周辺に関してのものになります。
 データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
 間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

 個人的意見は、あくまでも個人的なもので、一般論では有りません。
 悪意を隠せないタイプだと自分では思っているので、他意は無いつもりです。

 古いものは全て仕舞ってしまいます。
 古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出す可能性が、極めて高いです。

 自分がとっても可愛い、心の狭い人間です。
 やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。
 その前に、ちゃんと書くつもりが有るのか自分でも心配になっています。

2009年08月31日 (23:33)

別に「コーヒー風味」でいいよ (Black Coffee / Peggy Lee etc)

結構無闇に忙しくさせてもらってます(苦笑)。で、8月が終わっちゃうので、急いで何かを書こうかと(笑)。





ブラジル人の淹れてくれる珈琲は砂糖が多くて、アメリカンな珈琲が「美味しい珈琲」だと思っている大抵の日本人には「甘過ぎる珈琲」と受け取られると思います。

実を言うと私も始めは甘いのが気になって中々「美味しい」とは言えなかったのです。

ところが、この「甘い珈琲」はコーヒー豆の使う量も多くこくが有って、これに馴れるとアメリカンな日本の珈琲は「豆をケチったコーヒー風味湯」に思えてきます。

まぁ「コーヒー風味」であれば、缶コーヒーだろうが飴だろうがガムであろうが「何でもOK」な私なので、相変わらず「日本風」のコーヒーも美味しく頂いています(笑)。


ここ最近2回以上聴いたアルバムをいくつか紹介して8月は終わりになってしまいます。



Turnstiles / Billy Joel




8月に入ってから何度かTVCMで彼の音楽を聴いて懐かしく思い買ってしまいました。PianomanとStreetlife Serenadeも一緒に買ったのですが、このアルバムを一番良く聴きました。Cold Spring Harborが大好きで、以前からCDを持っていたのですが、他のアルバムには手を出していませんでした。久しぶりにタップリと彼のアルバムを聴いたのですが、Turnstilesも大好きだった事を思い出しました。






Scissors Cut / Art Garfunkel



新しく買った訳ではないのですが、彼のアルバムは定期的にヘヴィ・ローテーションとなるのです(笑)。今回はこのアルバムだったのですが、WatermarkやAngel Clareもよく聴きます。
彼はPaul Simonとの長い付き合いからか、素晴らしいライターと出会わないとアルバムを作ろうとしない癖が有るようです。その偏執的なほどの美意識がアルバムの数を極端に減らしてしまっているのが残念です。




Ben and Sweets
Ben Webster with Harry Edison



Jazzは垂れ流しな感じでBen Webster、Johnny Dodds、Lester YoungなどをダラダラとBGMとして聴いていた8月でした。
Ben and Sweetsは、最高に気持ちが良いアルバムなのにメチャクチャ安い事になっています。何かを注文する時に+1で買える値段ですが、聴く時にコッチの方がメインになってしまう危険性もあります(笑)。

そう言えばNew Orleansと言うDVDを見ました。随分以前にホームセンターで390円で買ったものです(笑)。はじめはチャンと見ていたのですが、2度目からはほとんどBGM状態でした(笑)。
メンバーが凄いですよ。ルイ・アームストロングやビリー・ホリデイ、キッド・オリー、ウディ・ハーマン、バーニー・ビガード・・・。
ストーリーもちゃんと有る映画なので、シッカリと楽しめると思います。

ニューオリンズ




あっ、急がないと更新が9月にずれ込んでしまう(笑)。
スポンサーサイト

2009年08月07日 (21:37)

簡単で難しいブラジルの味Vinagrete Molho (Very Saxy)


何度作っても中々美味しく出来ないVinagrete Molhoを今回は少しだけ上手に作ることが出来ました。

Vinagrete Molhoと言うのは、簡単に言ってしまえば「細かく刻んだ野菜の酢漬け」です。ブラジルでは肉料理のソースに良く使われますが、他の食材に合わせる事も有り、またパンにも御飯にも合うと言う万能ソースです。

Vinagrete Molho-01

まぁ簡単に説明してしまえば、野菜をビネガーとオリーブ・オイルで混ぜたものに塩と胡椒で・・・私は、また手を抜こうとしていますね(笑)。珍しく箇条書きしてみましょう。

Vinagrete Molhoの材料

①野菜
トマトとタマネギは必須だと思います。今回はそれにキュウリを加えただけですが、セロリやピーマンなどを加えたりとそれぞれの家庭で色々と違ってきます。
これらを全て細かく刻みます。小指の爪より一回りか二回りくらい小さいくらいサイズだと思います。トマトは真ん中の種の部分を捨ててカットするとグチャグチャにならなくて食感が良いと思います。

Vinagrete Molho-02

②ビネガー(酢)
今回Netで調べてみたのですが、日本語で表記されたレシピは全て「白」となっていました。しかし私の知っている数件の家庭では全て「赤ワインのビネガー」でした。私もそれを使いました。
量は作る量で変わりますが(当たり前)、大匙で3杯とか4杯なんてレベルの量です。
「ビネガーに漬ける」と言うよりも「ビネガーをかけて混ぜる」と言う言い方の方が実際の行為に近いと思います。

Vinagrete Molho-03

③オリーブオイル
これもビネガー同様に漬けるほどは使いません。ビネガーと同量程度と考えて良いと思います。今回は近所のスーパーで買ったものを使いました。これも個人で好きなものを使えば良いと思いますが、サラダに極めて近いものなのですしオリーブ・オイルも酸化するので、随分以前に開封したものはフライなどに使う事にして、少ししか使わないので勿体無いかもしれませんが、新しいものを用意してもらう方が美味しいと思います。

Vinagrete Molho-04

④塩、胡椒、オレガノ
何度か作って調整するしか無いと思っています(笑)。どれもが正しく「少々」です。特にオレガノはブラジル人に何度も「少しだけ」と言われました。まぁ、そうアドバイスしてくれた人が、全体的な量の説明を求めると「適当」と言いますから何ともなりませんね(笑)。

塩は中国青島の海水塩、胡椒は粒を砕いて使いました。オレガノは友達の奥さんが「これは新しいし乾燥しているから風味が良い」と言って分けてくれました。
青島の海水塩は安いし味も日本人の口に合うと思います。個人的に好きなので、最近は何をするのにもこれを良く使います。

Vinagrete Molho-06

野菜をボールに入れて軽くかき混ぜながらビネガーとオリーブ・オイルを加えます。そこへ塩と胡椒、オレガノを加えてかき混ぜて出来上がりです(笑)。

一晩置いたくらいが美味しいと思いますが、1時間も置けば全体的に落ち着いてきて使える状態になります。
個人的には、数時間置いて出てきた水を捨てて、味をみながらビネガーその他の調味料を多少加えて調整し、翌日のバーベキューに使うと言った感じです。

今回Blogを意識して、いつもよりも丁寧に作ったのが良かったと思います(笑)。いつもよりも少し塩を多めに(+小さじ1杯)にしたくらいが、実際にはいつもとの違いかな。
それでも、何処の家庭のものにも勝てていないのが現実です。あいつらの「適当」にも、家庭に代々伝わるちゃんとした「良い具合」が有るんでしょうね。

締めは、庭で見つけたバッタのアップです。えっ!?料理が不味くなる?ごめんなさーい。

庭に来てたバッタ-06





Very Saxy
Eddie 'Lockjaw' Davis-Buddy Tate-Coleman Hawkins-Arnett Cobb



Eddie "Lockjaw" Davis (Tenor Sax)
Buddy Tate (Tenor Sax)
Coleman Hawkins (Tenor Sax)
Arnett Cobb (Tenor Sax)
Shirley Scott (Organ)
George Duvivier (Bass)
Arthur Edgehill (Drums)

Prestige
April 29, 1959

日本語でアルバム・タイトルを「とっても、さっくしぃ~っ」と付けたくなる「やっぱ、音楽は‘ノリ’だよねっ」の4本サックス・プラス・オルガンのイケイケ・ジャズ。
ステージのジャムで有りがちな、目で合図しながら「ほらっ、今度はお前行け」って感じの始まりと終わりだけを決めて始まったようなノリのアルバムです。

これが百戦錬磨の大所帯経験者たちのせいでしょうか、少しも痛くない余裕の有る素晴らしい音楽になっているのです。
変に音楽の革新や芸術性なんて事を考えたり先駆者の責任感なんてものを持ったりすると少しも楽しくないものになりがちなのですが、4本サックスを並べた事に特別な意味を持たせようなんて考えていませんし、芸術性なんて事は微塵も思っていないんだと思います。

彼らの経験から来る「これは、やってても、聴いていても、絶対に面白い」と言う部分への確信が、アルバムの中心に一本通っている事で、あながち「何処にでも有る音楽」にならなくさせているのではないかと思います。
また、4本のサックスに負けていないオルガンの素晴らしさやバックに徹しながらも的確なリズムの演奏もアルバムを一層楽しくさせています。

最短5分半、長くは10分近くと言う作りはジューク・ボックスなどの為のシングルとか考えていないのでしょう。1960年代以降のポップスでさえラジオで流してもらう為に「3分」がお約束だった事を考えると、結果的にジャズ自体が革新的な音楽だったという事でしょうね。

2009年08月01日 (21:47)

南豆製氷工場跡を残す価値は有るのか? (文章が長いから音楽無し/笑)



随分のご無沙汰です。「公開型日記」らしいBlogが、月イチになっています(笑)。今年は何かとシンドイ(方言?)です。

2007年12月04日に書いた記事に書き込みが有りました。この問題は「他所の土地の問題」で終わらせる事の出来ない部分が有ります。

「旧南豆製氷所」に対しての私の感想は、現在も全く変わりませんので、それに関しては以前の記事を読んでいただければと思います。
ただ、彼の書いた内容に対しての私の意見は、あの頃よりもより厳しくなってしまいます。
いまだにこんな事を言っている彼らは、外側から見れば「効果的な事は、何もしていない」と思われても仕方が無いと思います。あの頃「既に遅いんじゃないのか?」と思った事をいまもまだ続けようとする事に疑問を持たないのが不思議です。

そんな訳で、彼の書き込んでくれたコピペらしきとっても長い文章と雨の合間に写した庭の写真や猫の写真を。

「旧南豆製氷所」に解体の危機 [きっど]

静岡県下田市にある「旧南豆製氷所」が解体の危機にあります。1923年に立てられた石造建築(地元産の伊豆石)です。全国に文化財は数多くありますが、石を積んで作られた建物(井戸とか埠頭とかはあります)は多分これだけではないかと思います。

0105庭01

2007年に国指定の文化財となりましたが、所有者(個人)が文化財登録の取消を下田市に求めました。解体して更地にするか、更地にすることを前提とした転売目的のようです。

0106庭02

「旧南豆製氷所」は建物として貴重なだけではありません。製氷と言う「富国強兵」とは無縁の産業遺産であり、大正期に地元資本だけで設立され2003年まで一貫して製氷所として機能してきました。「遠洋漁業」特に、鰹漁はこの製氷所がってこそ今日の隆盛を築いたとも言えます。

0107庭03

文化財保護法第56条の二の三の第2項には「文部科学大臣は、登録有形文化財についてその保存及び活用のための 特別の措置を講ずる必要がなくなった場合その他の特殊の事由があると きは、その登録を抹消することができる。」とあります。つまり、文部科学大臣が南豆製氷の登録を抹消するという ことは、「南豆製氷が保存及び活用のための特別の措置を講ずる必要が なくなった=残しても意味がない建物になった」ことを国が認定することを意味します。この逆のお墨付きはかなり決定的です。

0108庭04

文部科学大臣は、基本的に県からの申請を受けて決定する形を取り、県 は市からの申請を受けて国へ上申するという形を取ると思います。だか ら、現時点では市に対して<市民等の多く>が<切実に>「登録抹消を しないでほしい」とう意志を示す必要がある思います。はがき作戦は有効だと思います。

0109庭05

市も県も国も一度登録した文化財の抹消を望まないはずですが、建物の劣化が激しく自分では維持管理が出来ないなどの理由で所有者が強く登録抹消を希望する場合には、それを認めざるを得ないのではないかと思います。しかし、それを市民等が強く反対している場合は、登録抹消の手続きを進めにくいはずです(そもそも登録抹消を国が簡単に認めてしまうようであれば、文化財登録制度そのものが成立しなくなってしまいます。市民等の声は力を持つと思います。)。

止められる可能性がどれくらいあるのか分かりませんが、今は皆がやれる形で「登録抹消をしないでほしい」という声を広げるしかないと思います。

0201おいっ、あそべ

とりあえず、この情報を心ある方にお伝えください。できれば、下田市、静岡県、文化庁などに登録取消に反対し、保存を求めるハガキを送って下さい。

0202頭なでなさい

「大正十二年(一九二三年)雑忠家が創業したと伝えられている。当時は伊豆製氷冷蔵株式会社でしたが、昭和三十一年より南豆製氷株式会社となりました。建物は対象の面影を残し、地元産の伊豆石をふんだんに使い造られました。一部木造二階建てで延べ面積六百六十平方メートルあり市内では、伊豆石を使った最大の建物でです。内部は製氷室と冷凍室からなっており製造した氷の保存を考慮した断熱構造となっています。八十年間に渡り下田の漁業を支えてきた歴史的な価値が高く、長い間、下田市民はもとより来街する観光客等に対し、下田のイメージを示す重要な存在として認識されてきた貴重な建物です。」

0203遊び来たったでー


南豆製氷+INFO&EXCHANGE
 ttp://nanzu.exblog.jp

南豆製氷応援団 活動記録ARCHIVE
 ttp://www.geocities.jp/yuebing99

下田まち遺産連携会議サイト
 ttp://smrk.exblog.jp

なんずねっと
 ttp://groups.yahoo.co.jp/group/nanznet/

0204ともだちやー

「旧南豆製氷所」の問題は、現在選挙に絡んでよく話題になる「地方分権」や「道州制」にも関係する問題だと思うので、ここに記事にさせていただきました。
同じような問題は、日本中のアチコチで起こっています。私の住んでいる市でも幾つかの公共施設が閉鎖になっています。ただ、全てを任せていた市民にも責任が有ると言うのが私の意見です。あとはそこに住む皆さんが問題に気がつくかどうか、そして効果的な行動に移るかどうかだと思います。

「地方分権」や「道州制」に関係する問題と言えば、個人的に言いたい事が、もうひとつ。
「今回外国人参政権はマニフェストには入れなかった」が、やるつもり満々の民主党さん。「二度と外国人参政権なんて言いません」と言わない限り、私は民主党には投票しません。
っても、私の1票減るだけなんだけだから痛くなんて無いだろうけどね(笑)。


Category
Recent Comments
Link
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
248位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


Search this site
PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。ギャグや冗談だと喜びます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg