FC2ブログ
また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

2009年01月30日 (22:48)

第9回 TAKI TUSUIで、トランス状態する?


4月18日に第9回目のタキ・トゥスイが開催される事になりました。自称Pukio宣伝部なので(笑)、ここで告知を。

第9回タキ・トゥスイ

チラシの文章を書き出してみますね。

南米では、フォルクローレの楽しみ方は様々です。演奏を聴いたり、踊りを見たり、みんなで一緒に踊ったり。
 南米のフォルクローレ・ペーニャ(ライブ・ハウス)の雰囲気をお楽しみください!
 南米から帰国したサンポーニャ奏者の長田健がカムバック!さらにパワーアップしたクラカの演奏を乞うご期待!


上の文章にも有るようにキッチリと決まった部分が多くないので、その時での違いは有りますが、第8回の時の模様をMiguelがビデオにしていますので、これを見てもらえれば、少しは雰囲気を楽しんでもらえると思います。




今年は4月の18日(土)に名古屋市千種文化小劇場で午後4時から行う事になりました。
大人は3,000円(前売りは2,500円)、小学生以下は1,000円となっています。

詳しい事はPUkioのHPやMiguelのBlogで確認できます。良かったら「直接参加するライブ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。


PukioのHPです。


MiguelのBlog[Mi Diario]です。



PUKIOの2009のプログラムなんてのを見つけました。
今年は6月にロス・カルカスが来日して名古屋でもLiveが有るんですね。










スポンサーサイト



2009年01月29日 (17:56)

皆さんの知識をお借り出来れば (The Eminent J. J. Johnson)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2009年01月25日 (17:35)

今日はJazzのRiff Raff (Destination Out! / Jackie McLean)


RockのRiff Raffは何度か取り上げているので、今日はJazzのRiff Raffを。勿論こちらのRiff Raffも決して「クズ」じゃありませんよ(笑)。

Jackie McLean - Love and hate



JazzのRiff RaffとはJackie McLeanが1963年の9月にBlue Noteから発表したアルバムDestination Out!のアルバム最後を飾る曲の事です。

こんなもの、ネタ明かしした時点で、全て終了ですね(笑)。

同年3月に録音したOne Step Beyondとほとんど同じメンバーで、前々作(4116は未発表なので)のLet Freedom Ringの方向で推し進めた作品です。
今になればLet Freedom Ring → One Step Beyond → Destination Out!と言う流れに逆らうような4116の録音は不思議な感じが感じがしますが、1962年と言う時代はBlue NoteにとってもAlfred Lionにとっても、そしてジャズ・ミュージシャンにとっても過去と未来、世襲と革新の狭間で、「今」を表現する方法を様々な形で模索していたと言う事でしょう。

個人的には1曲目と2曲目は構築的になり過ぎていて、Let Freedom Ringの様な沸き立つ「何か」が物足りない気がします。
3曲目や今日のネタにさせてもらった4曲目のRiff Raffの方が、もっと自由度が広く、進化する為の「無理矢理感」が少なく、大きく翼を広げたようなそれぞれの演奏が、こちらへ心地良く響いてきます。

前作はGrachan Moncur IIIと彼との作品が半分半分だったのが、このアルバムでは4曲中3曲がGrachan Moncur IIIの作品になっています。何となく自作の3曲目が一番楽しそうに聴こえてくるのは私の思い込みかもしれませんが、翌1964年に録音されたIt’s Timeには、Grachan Moncur IIIの名前もBobby Hutchersonの名前も有りません。

Destination Out! - Jackie McLean



01. Love and Hate
02. Esoteric
03. Kahlil the Prophet
04. Riff Raff

Jackie McLean, alto sax
Grachan Moncur III, trombone
Bobby Hutcherson, vibes
Larry Ridley, bass
Roy Haynes, drums

Recorded in 1963


One Step Beyond




Let Freedom Ring






2009年01月24日 (00:13)

始めの男

随分間が空いてしまいました。


01944



大好きなMark-Almond関係のグループでRiff Raffと言うグループが有りました。発表を見送った(させてもらえなかった)幻の1stと呼ばれているOutside Looking Inと言うアルバムを含めても3枚のアルバムしか作っていません。ただ、どのアルバムもMark-Almondに比べれば正統派プログレアルバムに仕上がっています。

まぁRiff Raffが、アチコチでヘルプで扱き使われていたTommy Eyreの欲求不満爆発だとすれば、その後の妻Scarlet Riveraとのアルバムの平穏さからして、3枚で良かったのかなぁとも思ってしまいます。


Original ManOriginal Man
(2000/03/06)
Riff Raff (1)

商品詳細を見る




手抜きで、すいません。

2009年01月14日 (19:19)

無気力と言う存在の仕方も有るって事–もしくは、心に一輪の花を(The Hilversum Session - Albert Ayler)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2009年01月12日 (19:01)

ガリガリのMint (Gerry Mulligan Featuring Lionel Hampton)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

2009年01月11日 (23:57)

なんか風邪みたい (Yesterday And Today/George Young)



Steve Gadd Band (1985)
Things Ain't What They Used To Be
(George Young – Reeds)




なんか風邪をひいたみたいで悪寒がしたので風邪薬をのみました。
去年から続いていた喉の痛みが落ち着いてきたというのに、今度は別のタイプの風邪にやられたかと思うと、ちょっと情けないです(笑)。

インフルエンザが流行しそうだそうですね。インフルエンザは風邪と違って熱が出て48時間以内なら良く効く薬が有るそうです。インフルエンザは熱が引いても当分は人との接触を制限するべきだそうですし、高熱が出たら速攻で病院へ行って即効で効果の有る薬を貰いましょう。

因みに即効で効く薬のタミフルに「民降る」の当て字をするとのむのが怖くなるので、やめましょうね(笑)。


Yesterday And Today
George Young


*廃盤のようです。

George Young (Ts)
Gil Goldstein (P)
Chip Jackson (B)
Dave Weckl (Ds)

01. Stuff Like That
02. Kissin' Time
03. Let's Twist Again
04. Yesterday And Today
05. A Lover's Concerto
06. I've Got You Under My Skin
07. Underneath The Apple Tree

Recorded at March 30, 1989.

1989年に日本のプロデュースで録音されたアルバムです。日本ではManhattan Jazz Quintetのメンバーとして有名かな。個人的には「明るい鳴りとフレーズ」の持ち主ってイメージが有ります。ロックの人たちとの交流が多いイメージも有ります。

流石この頃の売れっ子スタジオ・ミュージシャンだけ有って、ちゃんとバックのフュージョン風の音に合った音を出しているので、まとまりとしては前回取り上げたFreddie Hubbardよりもまとまりの有る音になっています。

しかし、全体的には「ライブなら許されるだろう」的なノリでのフレーズが多くじっくりと聴かせるようなタイプのアルバムには仕上がっていないと思う。このアルバムだけではなく、この頃以降にこう言った音が多くなった気がするのは、私の勘違いかな。

バックとのセッティング、これはこれで良いと思うのですが、もっとストレートにジャズをやってくれるリズムと組ませて欲しかった気がします。そうすれば、もっと面白いアルバムになった気がします。って、もう20年前の話なのにね(笑)。

よくホテルやお店で流れている「ジャズ風」音楽に比べれば、ずっと良心的で明るく心地良い音楽なので、本格的なジャズでは重くなると思うホテルやお店には、是非ともこういう音楽を流してもらいたいと思う。購買意欲が進むと思うよー(笑)。


My Dog Has Fleas (05/14/2008)
George Young & Gabe Baltazar

おっイイ感じ(笑)。


2009年01月04日 (23:39)

あのスズメは元気かな?(Freddie Hubbard - At Jazz Jamboree Warszawa '91)


12月31日の夜、トイレの中にスズメがいました。換気扇口から入ってきたのでしょう。
捕まえてみるとまだ成長しきっていない感じでした。朝まで保護しておこうかとも思ったのですが、Jazzminが世話をしたがって仕方が無いので(笑)、危険だと思って窓から逃がす事にしました。

迷子のスズメ

ちょっとした感情で新年はFreddie Hubbardのアルバムを何枚か聴く事になりました。

Freddie Hubbardへの私のイメージは「抜群のテクニックでバリバリと吹き、何でもこなせる器用さを持った、優柔不断な勘違い男」って感じかな(笑)。自分に権限が有るほど完璧なアルバムや演奏から遠ざかってしまうような気がします。

いつの時代の彼を聴いても「うーん、本当にやって欲しいのは、そんな感じじゃないんだけど、でも良い感じだから、まぁいいや」なんて、思いながら聴いてきた気がします。
本人は、周りの評価が気になったりサービス精神が豊かだったりだとは思うのですが、いつでも何処か勘違いしているような気がするのです。

日本にも随分来てくれましたし生で見る機会の多かったのが逆に作用したのか80年代以降の彼への評価は随分低い気がします。
回りに気を使い過ぎて、最後に自制心を失ってしまうような彼のとても多感な心は、80年代以降の演奏も十分に輝かせていると思います。

AT JAZZ JAMBOREE WARSZAWA '91
Freddie Hubbard


All Blues
(この時の録音だと思います)


01. Bolivia
02. God Bless The Child
03. All Blues
04. Dear John
05. Blues For Duane (With Michal Urbaniak – Violin)

Freddie Hubbard(tp)
Donald Braden(ts)
Ronnie Mathews(p)
Jeff Chambers(b)
Ralph Penland(ds)

Recorded October 24.1991

何度かCD化されている演奏ですが、Netで調べると、どのアルバムにもBlues For Duaneが入っていません。DVDの演奏を見ると1.Bolivia 2.God Bless The Child 3.All Blues 4.Blues For Duaneの4曲になっています。
私の持っているのは正規で出たものではなく何処かの国の三流のレーベルが勝手に出したものだと思うのですが上記の5曲になっています。

私の持っている彼のアルバムでは多分最も新しい演奏だと思いますが、彼の演奏の何処にも問題は感じません。問題が有るとすれば、バックとの愛称特にリズムとの愛称がイマイチと言う感じかな。

Sing Me A Song Of Songmyも嫌いではない私の意見ですから一般とは違うかもしれませんが、ここ数日まとめて聴くと「テクニシャン」だとか「吹き過ぎ」とか言われる彼のトランペットも滅法人間くさいんじゃないかと思います。

まだ持っていないアルバムも沢山有りますし、これからも買う演奏家の一人でしょう。

Live at the Warsaw Jamboree Jazz Festival 1991






2009年01月01日 (00:42)

兎に角、今は「おめでと」と言わせて欲しい


おめでと2009

明けましておめでとうございます。2009年になりました。

2008年は、このコメのし難いBlogにコメしていただき、ありがとうございました。今年も多分去年と代わらないと思いますが、コメしてもらえるととっても嬉しいです。

リンク先の皆様、いつも見てはいますが、中々コメントしなかったりして申し訳有りません。「コメして」って言いながらコメを残さない私は卑怯ですが、見捨てないでいてくれる事をせつに願っています。

ホント、だらだらとしたBlogだよなぁ(苦笑)。
Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
374位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg