また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
CategoryとBlogの内容について

 人名が書いてある場合は、その人とその周辺に関してのものになります。
 データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
 間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

 個人的意見は、あくまでも個人的なもので、一般論では有りません。
 悪意を隠せないタイプだと自分では思っているので、他意は無いつもりです。

 古いものは全て仕舞ってしまいます。
 古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出す可能性が、極めて高いです。

 自分がとっても可愛い、心の狭い人間です。
 やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。
 その前に、ちゃんと書くつもりが有るのか自分でも心配になっています。

2006年04月30日 (19:37)

ケニー・ドーハムを使って、ケニー・バレルを誉める?(笑)。


Round Midnight At The Café Bohemia
Kenny Dorham



1. Monaco
2. 'Round About Midnight
3.Mexico City
4. A Night in Tunisia
5. Autumn in New York
6. Hill's Edge


The Complete
'Round About Midnight at the Cafe Bohemia
[Original recording remastered]



Disc 1
1.K.D.'s Blues [Alternate Take]
2.Autumn in New York
3.Monaco [Alternate Take]
4.N.Y. Theme
5.K.D.'s Blues
6.Hill's Edge
7.Night in Tunisia
8.Who Cares? [Alternate Take]
9.Royal Roost

Disc 2
1.Mexico City
2.'Round About Midnight
3.Monaco
4.Who Cares?
5.My Heart Stood Still
6.Riffin'
7.Mexico City [Alternate Take]
8.Prophet

Kenny Dorham (tp)
J.R.Monterose (ts)
Bobby Timmons (p)
Sam Jones (b)
Arthur Degehill (ds)
Kenny Burrell (g)

1956.05.31
BN 1524


Kenny Dorhamを中心としたJAZZ PROPHETSと言うグループが有りました。メンバーは、Kenny Dorham (tp), J.R. Monterose (ts), Dick Katz (p), Sam Jones (b), Arthur Edgehill (ds)の5人。1956年の4月にBNではないレーベルでアルバム・デビューをしています。

それから約2ヵ月後の5月31日にBlue NoteにLiveで録音されたアルバムはKenny Dorham個人の名義で発表されました。

大きな変更はピアニストがBobby Timmonsに変わった事、そしてLiveの途中からギタリストKenny Burrellが演奏に参加する事です。

恥ずかしながらJAZZ PROPHETSのアルバムを聴いていないので、その内容の比べようがないのですが、Kenny Dorham & JAZZ PROPHETSではなく、Kenny Dorhamでの発表になったのは、Blue Noteとして他社で発表した2ヶ月前のアルバムとの違いを明確にしたかったのではないでしょうか。

それはギタリストKenny Burrellが演奏に参加する事によって、演奏が大きく変化する事を意味しているのだと思います。
このアルバムが録音された日は4回の演奏が有ったそうです。その中で最初のステージだけはKenny Burrellがいない形で演奏され、残りはすべて彼の参加した形での演奏でした。
そしてBN1524として発表されたアルバムはJ.R. MonteroseとKenny Burrellが抜けた1ホーンのAutumn in New York以外は全てKenny Burrellの参加したもので占められているのです。

Complete盤の1曲目の最後でメンバーの紹介がされていますが、そこにはKenny Burrellの姿は有りません。曲も4曲目までは、彼の参加の無いものになっています。
5曲目からKenny Burrellが参加したものになるのですが、スウィング感が全く違っています。それまでの演奏はゆったりとしたもので、それなりに心地良いものなのですが、彼が参加した事によって全体のシャープさやメンバーの一体感が生まれてきています。

聴く側の意識をステージへ向けさせる力強さが加わった演奏は、演奏のスピードの変化にも表れてきます。一本調子気味だった演奏が様々な流れを持つようになり、それぞれのソロにも色気が出てきたように感じます。

「迫力」「トリッキー」「テクニシャン」などの言葉とは遠い位置に有るようなKenny Dorhamのトランペットにも自己主張が感じられるようになり、Bobby Timmonsのノリやアタックも良くなっていると思います。

個人的にはComplete盤のDisc2になってからの演奏が特に好みです。Kenny Dorhamはリーダーらしい演奏を聴かせてくれますし、メンバー全員がそれぞれの演奏を意識しながらは勿論の事、聴いている人の事にも意識がいっているような面白いフレーズがアチコチで聞けるバラエティにとんだ演奏は、目の前のグラスを持ち上げる事を忘れさせるような、隅々にまで気持ちの行き渡った中々の演奏ではないかと思います。
'Round About Midnightなんて、ありきたりな突出した部分の無い演奏かも知れませんが、7分以上酔わせてくれる酒要らずの心地良さですし、それ以降も心地良さはアルバムの最後までずっと続いてくれます。


スポンサーサイト

2006年04月27日 (23:13)

本当は土曜日の出来事だった。



本当は土曜日の出来事だった。


「今、駐車場まで来ているから」と突然の携帯電話は彼女の息子だった。急いで駐車場まで行くと、型は多少古いが洗車されて綺麗に光る真っ白な乗用車がとまっていた。
久しぶりの再会に私と彼は抱き合って西洋式の挨拶をした。助手席には彼女が乗っていた。

メールでのやり取りが有ったので、車を見ながら1月の事故の話やその時廃車になった以前の車の話しをした。助手席の彼女がイライラしているのは、私も彼も気がついていたが、二人の暗黙の了解の様な形で、無理矢理無視していた。

体を捻って、上半身を運転席の方へ持って行き、半分開いている窓から、彼女の怒った声が響いてきても二人は無視していた。私と彼女は数日前に大きな喧嘩を電話でした。お互いに相手が悪いのだと言う事で譲る事はなかった。全ては結末を迎えていた。

彼女は気が収まらないらしく、彼に怒りの矛先を向けたらしい。私の「残念だけど、サヨナラなんだ。」と言う言葉に彼は、笑顔でうなづいてくれた。彼女はずっと自虐的な言葉を叫んでいた。彼は車の中の彼女に「わかっている」と言うと、納得したそぶりで「後は、ボクに任せて。」と私に小さく囁いた。

彼は握手の手を伸ばし「ボクたちは、友達のままだから」と言うともう一度抱き合って西洋式の挨拶をし、運転席に乗り込んだ。何度も同じ言葉を繰り返す彼女を彼は汚い言葉で制止した。ウインドウガラスをいっぱいまで下げ「大丈夫、ボクが話をしておくから」と言う彼に「もういいよ、全ては終わっているんだから」と言った。彼女は口を閉じたままだった。

クラクションを短く一回鳴らして車は駐車場から出て行った。彼の運転する車が見えなくなってから振り返って歩き出し、庭まで戻ってから煙草に火をつけた。親父の植えた花が色とりどりに咲いていたが、片づけを知らない親父が出したままの庭いじりの道具が散乱していて、あまり気分の良いものではなかった。

煙草を吸い終わり部屋に戻ると携帯に彼女からメールが来ていた。「Zembu de arigatou gozaimasu」と一生懸命に日本語で打ったメールは、彼の指示かもしれなかった。
少し考えてから「Muito Obrigado. Sayonara.」と打って返した。
直ぐに帰ってきた返事は、もう一度「Zembu de arigatou gozaimasu」だった。
もう返事の必要は無かったが、着メロがSummertimeのままだった事に、今頃になって無性に腹が立った。




[BGM]
Domingo
Gal Costa e Caetano Veloso



Domingoとはポルトガル語で「日曜日」の意味です。




2006年04月25日 (19:28)

Jazzmin小劇場(チョット長め~)


falsoは、マズいですにゃ~。



どもども。Jazzminですにゃ。




またfalsoの暇つぶしが始まったですにゃ~。




鼻つんは、やめろぉ、ですにゃ。




うぅ~やめろぉ~ですにゃ~。




うぅ~~~。falsoはシツコイですにゃ~。




しつこいとガブッしますにゃ~。




ペロッも、しますにゃ~。




うげっ! falsoは、まずっ、ですにゃ~。




2006年04月24日 (19:44)

勝手にW杯予想 グループB

勝手に予想を書く前に。

ブラジル代表チームやサンパウロFCの監督で有名なテレ・サンターナさんが、21日に亡くなりました。
「反則をするな、と言った監督は彼だけだった」とジーコに言わしめるほどのサッカーの面白さや凄さを表現しようとした素晴らしい監督でした。
勝手ながら心からご冥福をお祈りさせて頂きます。



ここからが勝手に予想

グループBは、優勝候補の一角と言われるイングランドにサッカー選手輸出国であるパラグアイ、スウェーデン、そして初出場ながら面白そうなトリニダード・トバコの4チーム。

イングランドはサッカー雑誌を見ると、その熟精度から言っても世界で最も完成されたチームのひとつに喩えられています。しかし私は、何処かしら信頼できない危うさを感じてしまいます。いつでも中盤から前の方が注目されるイングランドですが、タフな守備陣の安定したプレイは安心して見ていられると思います。逆に中盤からFWが機能しない時の打開策が、あまり良く見えてこないのです。特にルーニーは超短気ですからナーバスになると前回のベッカム以上の事をしてしまいそうです。ジェラードがどれほど大人のプレイをするかが鍵になりそうな気がします。

オマケにイングランドのメディアが、余計な事をしてしまいました。英大衆紙サン(2紙と言う話も)によって、ドイツ初の女性宰相のアンゲル・メルケル首相の着替え中の姿を盗撮掲載された事件です。イングランド代表がドイツに入国すれば、すぐさま独メディアの嫌がらせが始まるでしょう。
ナーバスな選手たちは、有るのではないかと考えるだけで十分プレッシャーになるでしょう。

試合内容で言えば、イングランドにとって有利なのはスウェーデンとの試合が最後だと言う事でしょう。
このグループで最も怖いと思っているスウェーデンは、FWとDF, GKのほとんどが185cm前後から以上と言う攻撃も守備も長身を活かした破壊力抜群のスタイルは相変わらずです。ラーションとイブラヒモビッチの破壊力は世界トップレベルですし彼らのタフなプレイはお互いを削りあうタイプの内容になると思います。スウェーデンが1勝1分でイングランドとの試合に臨んだ場合、凄い試合になりそうです。

パラグアイは中々狡猾な南米らしいチームで、個人的に興味の有る試合をしてくれそうですが、イングランドとスウェーデンに比べると少々打開策に欠けているチームではないかと思います。イングランドが浮き足立てば、1対0なんて試合をやってしまうかもしれません。

トリニダード・トバコの代表はプレミアでプレイしている選手が多く、イングランドとしてはやり易いチームではないかと思います。残念ながらドワイト・ヨークの神通力だけで勝ち抜くのは難しいでしょう。地区予選の結果を見ても強い所には負け、弱い所には勝つと言う一般的な結果しか出していないので、何かしら特別な力が働かない限り+αが、後押ししてくれる感じもしません。代表の試合を見た事が無いので是非見てみたいチームの一つです。

一般的にはイングランドが全勝で勝ち抜き、スウェーデンがそれに続くと言う予想になると思いますが、イングランドを中心にしたグループBだけに、随分辛い試合が続きそうな気がします。そうなるとスウェーデンが精神的に楽な立場に有りますし楽な展開になるのではないでしょうか。


[BGM]
The Marble Index
NICO





2006年04月21日 (22:03)

Jazzは、猫に小判かにゃ?


 
1曲歌ってくださいにゃ。



きょうは、これを聴きたいにゃ~


2006年04月20日 (19:24)

Blue Noteは、いつだって「たかだかJAZZぢゃん」


Orgy in Rhythm
Art Blakey



Orgy in Rhythm Vol.1
BN1554
01. Buhaina Chant
02. Ya Ya
03. Toffi
04. Split Skins

Orgy in Rhythm Vol.2
BN1555
01. Amuck
02. Elephant Walk
03. Come Out And Meet Me Tonight
04. Abdllah's Delight


Art Blakey; Drums and Vocal on Vol.1-3
Sabu Martinez; Bongo, Timbales
and Vocal on Vol.1-1, Vol.2-2,3
Art Taylor; Drums
Jo Jones; Drums and Tympani
"Specs" Wright; Drums and Tympani
"Patato" Valdez; Congas
Jose Valiente; Congas
Ubaldo Nieto; Timbales
Evilio Quintero; Cencerro, Maracas and Tree log

Herbie Mann; Flute
Ray Bryant; Piano
Wendell Marshall; Bass

March 7, 1957


アルフレッド・ライオンとアート・ブレイキーが、構成に3年の歳月を費やし連番2枚と言う形で、大々的に売り出したにもかかわらず、「ライオンの狂気」と酷評されたアルバムです。10年後の1967年に発表してもまともに評価はされなかったでしょう。
1970年代に入れば、音楽に対して柔軟な受け入れ方の出来るRockファンにはウケたかも知れません。しかし2000年も十分に廻った今でも「Jazz命」の人には受け入れる事の出来ないアルバムの様な気がします。
Blue Noteに変な幻想を抱いている人には絶対に無理だろうな(笑)。

1950年代も半ばになる前にライオンとブレイキーはジャズの硬直化に不安を抱いていたのではないかと思えるほど、ここで繰り広げられる音楽は自由に満ちています。
白人の奴隷としてアフリカから南米に渡り北米へと流れてきた黒人たちが作り出した大衆音楽のミクスチャーとしてのジャズの有り方が「ジャズ」と言う名の固定されたジャンルに留まる事への不安を砕くような激しいうねりが2枚のアルバムから溢れ出ようとしています。

普通のカッコイイJazzは、ここには無いかもしれませんが、めちゃくちゃカッコイイ音楽が、ここに存在します。



2006年04月19日 (20:14)

日本的曖昧さは理解出来ないのかな。


Quiet day

I try to laugh.
I try to be in high spirits.
And,
I try to pretend to be childish.

I watch the sky.
I try to go to a mountain.
And,
I try to pretend to be relaxed.

I watch you.
I try to listen to music.
And,
I try to talk by a joke lightly.

I try to understand.
I try to prepare.
And,
I try to pretend to have realized all.

I try to die.
I try to be corrupt.
And,
I try to pretend to return to soil.


上の文章は以前書いた「静かな日」を英文にしてみたものです。
と言うのはBlogの「静かな日」あたりを海外の人が英文にして読もうとしている傾向が有りました。
極めて日本的曖昧さの賜物のような文章ですから難しいと思いますが、「わたし(I)」となるべき部分が全て「あなた(You)」となっていてビックリしました。
試しにYahooで英文にしてみたら「わたし(I)」で英文になったので、これは日本的な考え方と欧米的な考え方の違いではないかと思いました。
そこで一度自分で英文にしてみたのですが、どこかしかつまらない文章になったように感じるのは私本人だけでしょうか。
日本語で書いたオリジナルは下の文章です。


静かな日

笑ってみたり
はしゃいでみたり
子供っぽい振り
してみたり

空を見たり
山に行ってみたり
リラックスしてる振り
してみたり

君を見たり
音楽を聴いてみたり
軽く冗談を話
してみたり

納得してみたり
覚悟してみたり
全てを悟った振り
してみたり

死んでみたり
腐ってみたり
土に還っていく振り
してみたり

海外の翻訳ソフトで英文化されたものは下記のようになっていました。この方がインパクトが強いのならコッチでも良いかな(笑)。

Quiet day

You try laughing,
With the plain gauze it is and sees
Childish inclination
You try doing,

You look at the sky,
You try going to the mountain,
The inclination which is relaxed
You try doing,

You look at you,
You try inquiring about music,
It is light joke story
You try doing,

You try agreeing upon,
You try being prepared,
The inclination which understands everything
You try doing,

You try dying,
You try rotting,
The inclination which keeps returning to earth
You try doing,




[BGM]
Pink Moon
Nick Drake


2006年04月18日 (19:59)

Jazzmin極小劇場



ん!?あの向こうにわっ!



もちょっとで手がとどくにゃ~



しまったっ!みつかったにゃ!




[BGM]
It Ain't Easy
David Bowie


2006年04月16日 (21:59)

ブルースをそっと歌って


Sing Me Softly of the Blues
The Art Farmer Quartet



01. Sing Me Softly of the Blues
02. Ad Infinitum
03. Petite Belle
04. Tears
05. I Waited for You
06. One for Majid

Art Farmer
(flh)
Steve Kuhn
(p)
Steve Swallow
(b)
Pete LaRoca
(ds)

Recorded on March 16, 1965

言葉に詰まる曲が有るのは私だけだろうか。そんな曲が私には何曲か有るのだが、このSing Me Softly of the Bluesはアルバム自体にそんな感情を持っている。特にPetite Belleは、両手バンザイ状態になってしまう特別な曲だ。

アルバムを通して言える事は、心地良い緊張感の保たれた演奏だと言う事だろう。特にSteve Kuhnの存在が大きいと思う。彼の一筋縄で行かない独特のスタイルは、スウィング感を殺してでも保とうとする緊張感をメンバー全員に煽動しているように感じる。

Art Farmerだけではなく、リズム・セクションのSteve SwallowとPete LaRocaにもその勢いは伝染し「叙情的」とは全く正反対にいながらも表面的な熱さを感じさせないものになっている。

Art Farmerは、私の大好きなPetite Belleをもう一度CTIのクロール・スペースと言うアルバムで、アレンジをアルバムの流れに乗ったものに変えて録音しているが、Live等では一度も発表をしていない。本人自身は好きじゃなかったのかな。


こんなお買い得も有ります。




2006年04月13日 (19:20)

勝手に予測 2006 グループA


応援しますですにゃ~♪



グループAは、開催国ドイツと古豪ポーランド、イマイチ心配なエクアドルにみんな仲良しコスタ・リカの4チームです。
色々とクリンスマンがお騒がせで楽しませてくれますがドイツが強豪としてのプライドと開催国の有利さでトップで抜けるのは間違いないでしょう。

問題はもう一つのチームが何処かと言う事です。

W杯に出る事の出来ないメンバーを連れて日本にやってきたエクアドルが順等ならポーランドに競り勝ちそうなのですが、少々問題を抱えています。それは、貧しさから来る『倫理観の無さ』です。その為に試合をする以前にゴタゴタが起きてしまいました。組織としてちゃんと機能する事が出来るのか心配です。W杯はプレイする選手だけでは勝つ事が困難な大会です。

ポーランドはチーム・プレイで勝ってきたチームです。今回地区予選での10試合ではイングランドにしか負けていません。また、その負け方もホームもアウェイも2対1のスコアが示すように決して守りばかりのチームでは有りません。バランスのとれた自分たちのスタイルを持ったチームは中々しぶといのです。

ポーランドとエクアドルの直接対決での勝者が抜け出る事になると思いますが、初日にぶつかり合う事を考えるとヨーロッパでの試合と言う事も有りポーランドが有利の様な気がします。
予想ですから・・・直接対決は「2対1でポーランドの勝ち」としておきましょう。頑張れエクアドル!

コスタ・リカは、クラブ選手権で日本にやってきたディポルティボ・サプリサの選手が中心でまとまったチームですが、野球をやっている国々に勝っての出場ですし、あまりにも世界基準を知らなさ過ぎるので、残念ながら少し無理が有るでしょう。
ただ、ここでドイツが自滅などしてしまうと、俄然グループAは面白くなるのですが、それは少々失礼な話ですね。


[BGV]
Libertadores 2005
Sao Paulo Campeao


Brasilでの放送から作っているので、
全てポルトガル語です。
日本語の字幕が有りますが、
無くても良いくらい雄弁なプレーの数々です。



Category
Recent Comments
Link
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1947位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
248位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


Search this site
PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。ギャグや冗談だと喜びます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg