また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
このBlogの内容について

長く放置していたので、現在調整中です。

聴いたアルバムや音源を浅く広く身勝手に語っています。
音楽とは全く関係のない一個人の事も書いてあります。
全てが、あくまでも個人的な経験や意見で、一般論では有りません。
悪意は隠せませんが、他意は無いつもりです。

データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

古いものは一旦全て仕舞ってしまいます。
古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出してしまいます。

自分の事がとっても可愛い、わがままで心の狭い人間です。
やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。

--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年05月24日 (12:18)

まぁ、兎に角、彼女は魅力的です。


20170524 - 2006純情-Esperanza Spalding



Junjo (2006) / Esperanza Spalding

01 The Peacocks (Jimmy Rowles) - 7:56
02 Loro (Egberto Gismonti) - 5:06
03 Humpty Dumpty (Chick Corea) - 5:51
04 Mompouana (Aruán Ortiz) - 7:51
05 Perazuán (Spalding, Ortiz) - 3:38
06 Junjo (Spalding) - 5:13
07 Cantora de Yala (G. Leguizamón, M. Castilla) - 4:55
08 Two Bad (Spalding) - 6:59
09 Perazela (Francisco Mela, Spalding) - 1:32

Personnel:
Esperanza Spalding - Double Bass, Vocals
Aruán Ortiz - Piano
Francisco Mela - Drums

Released: 2006, April 18
Recorded: 2005, April 6–7
Label: Ayva Musica
Producer: Esperanza Spalding


Esperanza Spalding (エスペランサ・スポルディング) ベーシスト、シンガー。1984年10月18日生まれ、オレゴン州ポートランド出身。2017年現在までに5枚のアルバムを発表、極めて高い人気と評価を持続している。

2006年に発表されたアルバムJunjoが、デビュー・アルバム。後聞きなので詳しい事はわからないが、メジャー・デビューは次作のEsperanzaらしい。「Junjo」は、日本語の「純情」の事を指すのではないかと思う。

Junjoは、ピアノ・トリオとして発表された。ジャズ・アルバムと言って良いだろう。
パーソナルは、彼女Esperanza SpaldingがDouble BassとVocals(スキャット)、ピアノがAruán Ortiz (アルアーン・オルティス)、ドラムがFrancisco Mela (フランシスコ・メラ)。二人はキューバ出身らしい。

自己名義としてのデビュー・アルバムを彼女自身がプロデュースしている。演奏が素晴らしいだけでなく、才女と言う事だろう。

1曲目のThe Peacocksのイントロで「おっ」と思ったのだが、アルバムを聴き続けると頭の中に「?」が、浮かんで消えない。演奏は悪くない、心地良いと言っても良いだろう。ただ、自分の中のジャズと、彼女のやろうとしている音楽とに、相容れない「何か」があり、その違和感が払拭されないままアルバムは終わる。

実は、昔Harry Connick, Jrのアルバムでも同じように違和感があった。彼の時の違和感は、スタンダードを軽妙に歌う姿に、何故か「彼は、それをそつなくこなす事が出来る能力の持ち主だが、実際にはもっと違ったタイプの音楽が合うのでわ」と思ったからだった。が、その後に聞いた彼のStar Turtleには、もっと不思議な違和感をもった。その後の彼はジャズで実力人気とも安定をしていくが、私は聞く事が無くなった。

元々ジャズ・ボーカルは、あまり聞かないし、Esperanza Spaldingもそうなっていくのかと思う部分もあった。結局は、そうはならなかったが。

彼女の演奏は、とても魅力的だ。自信に満ち溢れた演奏は、その見た目の美しさも加わって、ライブでは一層映える。冒険や挑戦をしていると言うよりも、自分が得てきたものをどう組み合わせて形にするのか、思考的な演奏ではないかと思う。「感情のおもむくまま」などと言う原始的で暴力的な演奏は、彼女には考えられない事ではないかと思う。

悪い意味で取ってもらいたくないのだが、このアルバムは心で作ったアルバムではなく、頭で作ったアルバムのような気がする。彼女の頭が認識しているジャズと私の考えるジャズとの違いが、根本的に違うのだろう。そして、スムース・ジャズなんて言葉が存在する現在、彼女の考えるジャズが一般的に認識されるジャズと言う事なのだろう。

彼女が正しくて、私が間違っている。そうなんだと思う。


Junjo (2006) / Esperanza Spalding



スポンサーサイト

2007年05月24日 (21:22)

もっとジャズに詳しくなりたい


Ben Photo


ジャズの有名な曲やスタンダードを1970年代の意識化でアルバムにしたBen SidranのThe Cat And The Hatで取り上げられた曲を色々な人で聴いてみようと言う趣旨で随分前にネタ振りをしたのですが、段ボール箱をひっくり返したり新たにアルバムを購入したりしているうちに凄い事に気がつきました。

私は私本人が思っている以上にジャズを知らないのです。

聴いた事の無い演奏家や音源が山ほど有って、『Ben SidranのThe Cat And The Hatを使って~』なんて偉そうな事は言える立場ではないのです。

Ben SidranのThe Cat And The Hatに取り上げられた曲を色々な人の演奏で聴くという趣旨に変更は有りませんが、カテゴリーのタイトルは「もっとジャズに詳しくなりたい」と変更しようと思います。まぁ自惚れている自分への自戒の念みたいなものです(笑)。


Ben Sidranを知らない人がいると思うので少しだけ彼について。
1943年Chicago生まれ。父親のジャズ・レコード・コレククターで幼少の頃からジャズに夢中になる。大学生時代の親友にスティーブ・ミラーやボズ・スキャッグスがいて、スティーブ・ミラー・バンドのデビューに付き合わされる。ロンドンでの録音が終了後もそのままサセックス大学に残り博士号を取得。因みに卒業論文は『Black Talk』というアフロ・アメリカン・ミュージックに関しての学術的研究書でその内容が評価されてしまい、その後出版される事になり作家としてもデビューしてしまう。この頃にはミュージシャンとして、Eric Clapton, Peter Frampton, Jesse Davis, Spooky Tooth, The Rolling Stonesらとも親交が有ったらしい。

アメリカに帰国後ソロ・アルバムを発表しながら、ウィスコンシン大学で教鞭をとるなど、その後もミュージシャンと作家、ジャーナリスト、プロデューサー、レーベル経営など「二足のわらじ」どころか一度に何足ものわらじを履くムカデのような人物。
1990年に設立した「Go Jazz」と言うレーベルは、現代的な解釈でのジャズを商品にしようと頑張ったようだが、残念ながら大ヒットしたアルバムは無かったように感じる。

Ben SidranのHP

Discographyの丁寧さは、Dr. Jazzと呼ばれるだけあって流石です。参加ミュージシャンから曲名・時間・作曲者までしっかりと載っています。
彼は現在もバリバリの現役なので著作権等の問題が発生しているのか一部のアルバムでしかありませんがDownload Musicでアルバム毎一曲ずつDL出来るサービスが有ります。


2004年に遂に自らの名前を使用した「Nardis」を立ち上げます。「Nardis」と言えばMiles Davis作曲とBill Evansの演奏で有名な曲ですが、Ben SidranのSidranを逆から綴るとNardisとなります。因みに「Nardis」のレーベル・ロゴはBen Sidranが1986年にマリブのビーチ・ハウスでマイルスにインタビューした時にプレゼントされたマイルス・デイビスのイラストだそうです。

Nardis


どうやらリラックスしたらしく随分自由に振舞っているようで、彼が監修した「TALKING JAZZ」と言う名のCD24枚のBOXを販売したりしている。勿論彼自身のアルバムは相変わらず彼自身のオリジナルとジャズの新解釈とが渾然とした形で発表されています。

Nardis MusicのHP

Nardis Musicの日本語HP

噂(笑)のCD24枚組BOX「TALKING JAZZ」


Nick's Bump
Ben Sidran

Ben Sidran







2006年07月16日 (22:51)

CTIはアメリカ製ブラジル風音楽の昇華した形、だと思うよ~。


Plays and Sings Bossa Nova
Luiz Bonfa




01. Samba de Duas Notas
02. Vem So
03. Sambalamento
04. Tristeza
05. Manha de Carnaval
06. Silencio do Amor
07. Domingo a Noite
08. Ilha de Coral
09. Adeus
10. Quebra Mar
11. Amor Que Acabou
12. Chora Tua Tristeza
13. Bossa Nova Cha Cha

Luiz Bonfa (Guitar, Vocal on 1~6)
Iko Castro-Neves (Bass)
Roberto Pontes-Dias (Drums)

Oscar Castro Neves (Piano, Organ, Guitar)
Leo Wright (Flute)
Henri Percy Wilcox (Guitar)
Maria Helena Toledo (Vocal)

Produced by Creed Taylor
1962

超絶と言う言葉が生まれる前に超絶だったギタリストLuiz Bonfaが1962年に米ヴァーヴに録音したアルバム。この時点で米ヴァーブは彼の持つスタイルやブラジルからやってきた新たなリズムをどう消化して良いのかわからず、全体的に手探りの状態での録音のように感じられる。

ここでCreed Taylerは様々なスタイルでLuiz Bonfaのギターを録音している。Bonfaにポルトガル語で歌わせたり女性の単独コーラスやパーカッションによって南国風を醸し出そうとしたり、オーケストラをかぶせたりセカンド・ギターを入れたりしてアメリカ音楽に馴染ませようとしたりしている。

Luiz Bonfa自体は、全体的に流すような演奏で終始している。この程度の演奏は彼にとって特別な事では無かった思うし、自らのアイディアでアルバムを彩ろうと言う素振りもみられない。彼らアメリカ人がどう料理するのか興味を持って参加しているような感じすらする。

ルイス・ボンファの稚拙なボーカルが聴いているうちに心地良くなりそうな自分も怖いが、やはり本当なら専門に歌ってもらいたいところだろう。最も個人的な意見を言えば、初めから最後までボーカル抜きでやって欲しかった。

様々な実験をするだけなら商品価値は存在しないので会社からO.Kを貰う事は難しいだろう。製作コンセプトに「あのボンファがギターとボーカルでブラジル音楽を奏でる」と言う売り文句が存在していたと言う事だろうか。

彼は何度もOrfeu Negroの曲を再演しているようだが、ここでも名曲Manha de Carnavalを演奏している。こんなところにもこの時代の彼やブラジル音楽の持つ商品価値が見え隠れしているような気がする。

7曲目のDomingo a Noite以降の曲に関して言えばBonfaのギター以外何も必要としない、彼の中で完結してしまった演奏になっている。パーカッションのポコポコもいらなかったしハッキリ言ってオーケストラさえやめて欲しかった。(何か、さっきからクレームばかり言っているな/笑)

Creed Taylerは、そう言う訳にはいかなかったのだろうが、前半に対して随分手抜きになっているのも確か。そのお陰で逆に音楽自体の出来は良くなっているのが面白い。ただ、こう言う試行錯誤が有ったからこそ、彼らの音楽を吸収し昇華させる事が出来たのだろう。

クリード・テイラーが後に作るCTIレーベルの基本コンセプトには、Luiz Bonfaらブラジル人演奏家との作業で得たものが有ると思っている。CTIはアメリカ製ブラジル風音楽の昇華した形だと言うのが私の意見。

つまりBossa NovaやBossa Jazzと呼ばれる種類の音楽をブラジル音楽とJAZZとのコラボレートされた新たな音楽と考える私にとって、CTIもやはり少々JAZZとは異なった音楽だと言う事になる。

勿論、Stan Getzと言う高性能のフィルターを通している事も確かな事で有るだろう。

2006年03月04日 (23:08)

ロック・ファンの為のオルガン・ジャズ?


Porgy & Bess
[Jazz in Paris]
Eddy Louiss & Ivan Jullien



1. My Man's Gone Now
2. There's a Boat Dat's Leavin'
Soon for New York
3. Gone, Gone, Gone
4. Street Cries
[Strawberry Woman, Crab Man]
5. Bess, You Is My Woman Now
6. Clara, Don't You Be Downhearted

Ivan Jullien
Trumpet, arrangements, Conducting
Eddy Louiss
Organ

[ Trumpet ]
Mauric Tomas, Fernand Verstraete,
Jean Baissat, Tony Russo, Michel Poli
[ Trombone ]
Jacques Bolognesi, Andre Paquinet, Benny Vasseur, Christian Guizen, Gerard Massot
[ French horn ]
Yves Valada, Jean-Jacques Justafre
[ Tuba ]
Marc Steckar
[ Alto saxophone ]
Pierre Gossez, Jacques Didonato
[ Tenor saxophone ]
Jean-Louis Chautemps, Robert Garcia
[ Baritone saxophone ]
Jacques Nourredine

Michel Graillier
Piano, Electric piano
Pierre Cullaz
Electric Guitar
Francis Darizcuren
Electric Bass Guitar
Jacky Samson
Double bass
Andre Ceccarelli
Drums
Luis Agudo, Bernard Lubat, Marc Chantereau
Percussions

Recorded November 12, 1971 in Paris


Eddy Louissのオルガンが19人のホーンを含めた総勢27名のビッグ・バンドをバックに爆発するっ!なんて言葉を帯に付けたら売り上げが上がるかな?(笑)しかし、そんな言葉もあながち間違いではないのです。

ジョージ・ガーシュインのミュージカル『ポーギーとベス』の中の曲をビッグ・バンドとオルガンのコラボで聴かせてくれるアルバムです。ホーンのノリを抜けばアレンジはビートも8ですしJAZZへの意識は希薄です。2曲目のオルガンとドラムの絡みなど、まるでプログレッジヴ・ロックの様です。

オルガンのエディ・ルイスは、フランスに渡ったスタン・ゲッツに『天才』と言われたそうでが、ここでの演奏を聴く限り『ジャズ・オルガンの天才』と言われたのではなさそうです。

音色の選択がチープですしスピーカーのセッティングもクリアー過ぎます。スウィング感も有りませんしフレーズにもアドリブ的楽しさを感じません。バックのホーンがスウィングすればするほど、その違和感が目立ちます。

ところが、『JAZZは』なんて偏見を無くすと、このアルバムは俄然面白くなってきます。何と言っても音の厚みが素晴らしいです。各曲でのノリも中々良いものが有ります。クルクルと変化するアレンジもその中に浸かってしまえば、とてもカラフルで楽しいものです。これほどJAZZが希薄と言いながらバックのホーン・セクションがスウィングしながら前に出てくるとメチャクチャ面白くなるのは、何だか不思議です。

『ポーギーとベス』の中で最も有名なサマータイムを外したのは正解だったと思いますし、決して間違った事を行なっているアルバムでは有りません。ただ『所謂JAZZ』を愛好している方には拒絶されそうな気がします。どちらかと言えば、プログレ・ファンやブラス・ロック・ファンの人に受け入れられそうです。ただスウィングするホーンが嫌いだと駄目かな(笑)。一度受け入れる事さえ出来れば、中々楽しいアルバムだと思います。個人的には好きかな(笑)。


2005年09月30日 (21:56)

ヴィーティース・ダーンワって誰?


Alfie
Eivets Rednow




1.Alfie
2.More Than A Dream
3.A House Is Not A Home
4.How Can You Believe
5.Never My Love/Ask The Lonely
6.Ruby
7.Which Way The Wind
8.Bye Bye World
9.Grazing In The Grass

1968
Motown


答えから行きましょう(笑)、若き頃のスティーヴィー・ワンダーです。シングル・デヴューが1962年ですから有る程度の人気も出てきた頃ですが、マーサ・アンド・ザ・バンデラスの前座で日本に来た年でも有ります。因みにマーティン・ルーサ・キングが暗殺された年としても有名ですね。

エイヴェッツ・レッドナウと名乗った理由はわかりませんが、彼の今までのソウルフルな路線と違ったハーモニカのインスト・アルバムだったと言う事が、大きな意味合いを持っているのかもしれません。

始めはウェス・モンゴメリーとの競演アルバムの予定だったらしいので、ただ単にこの年亡くなったウェスの部分を録音せずにそのまま販売予定に乗せて制作してしまったのかも知れません。
実は私には、その程度のアルバムに聴こえてしまうのです(笑)。

メインのハーモニカがオーケストラをバックに終始BGM風の演奏を聴かせてくれるアルバムです。ただハーモニカ好きの私でもBGM風過ぎて、イマイチ楽しみきれないと言うのが本音です。
『JAZZ』と言うよりも『JAZZ風』と言う言葉の方がシックリくるかな。

後半にはハーモニカさえも入ってない曲も有るのですが、その方がストレートに気持ち良く聴こえてきたりするのは、製作者の意図が何処かしら中途半端であり、こう言う形のアルバム制作に慣れていない表れでもある様に感じます。

でも朝、起き掛けにこんな音楽が流れてきたら気持ちが良いでしょうね。予定外に聴こえてきたら嬉しくなるタイプの音楽と言う感じかな。軽いJAZZやボサ・ノヴァ等が好きな方には、気持ち良く聴く事の出来るアルバムでも有ると思います。



Category
Recent Comments
Link
ブログランキング
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
259位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。正規で利用しているアドレスではなく、ステハンで結構です。

名前:
メール:
件名:
本文:

Search this site
月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。