また始めようかと思って、色々といじっている途中です。何となく始まってます。
895jazzmin
Net RadioのAccu Radioは、お勧めです

下の「Accu Radio」をクリックするとサイトが出てきます。

「Sign up」画面は「X」で消して大丈夫です。

左のChannelsで細かくジャンルが選べます。

写真・イラスト部分をクリックするとプレイヤーが立ち上がります。

相変わらず安定しています。プレイヤー単体可動は確認中です。

Accu Radio

うちの猫たち4匹です(2017年現在)
ok台座横長435

左から (うちの猫になった順)

ジャズミン (♂)
ミント (♀)
パセリ (♂)
スーズー[紫蘇] (♀)

DSCF3504-20080623-895.jpg
CategoryとBlogの内容について

 人名が書いてある場合は、その人とその周辺に関してのものになります。
 データ的内容は、なるべく間違いの無いようにするつもりです。
 間違いが有った場合は、教えていただけると助かります。

 個人的意見は、あくまでも個人的なもので、一般論では有りません。
 悪意を隠せないタイプだと自分では思っているので、他意は無いつもりです。

 古いものは一旦全て仕舞って仕分け方法を変えて出します。
 古いものに修正加筆して、シラッとした顔で出す可能性が、極めて高いです。

 自分がとっても可愛い、心の狭い人間です。
 やさしい気持ちで接してくれるとうれしいです。
 その前に、ちゃんと書くつもりが有るのか自分でも心配になっています。

2010年04月25日 (16:37)

日本のメディアの考える「美」の醜さ (Compay Segundo)

下のような記事をNetで読みました。
そうそう、今回も記事と音楽は無関係です(笑)

テレ東、アイスショー真央転倒を偽装
(4月24日7時51分配信 サンケイスポーツ)


 女子フィギュアスケートの浅田真央(19)らが出場し、テレビ東京が11日に放送した「スターズ・オン・アイス 2010」で、転倒した浅田の演技を差し替えて放送していたことが23日、分かった。

 同アイスショーは9日から11日まで東京・代々木第一体育館で行われた。同局によると、放送した9日の演技は、実際はトリプルフリップで転倒。その部分を成功した10日のトリプルフリップに差し替えるなど、計3選手で同様の編集を行った。同局の島田昌幸社長(65)は23日の定例会見で「あくまでショーなので問題はない。選手の妙技を見てほしかった」と説明した。






全く愚かとしか言えない出来事ですね。完璧に競技を行うことにしか興味を持たないのは「美」に対しての認識が、希薄過ぎます。たとえ一瞬を切り抜いたとしても、そこへ達する「過程」が感じられないものには希釈された「美」しか存在しません。

フィギア・スケートも競技ですから順位を争う為の基準が必要です。たとえ全体として美しくなくても競技基準に準じて成功すれば点数は上がります。しかし人は、そんな部分ばかりに興味が有る訳では有りません。

彼女たちの演技には、高いレベルに達した者のみが表現できる「人格」が現れます。そして、それは「嗜好」の部分が強く押し出される為に、点数では比較できない「美」が存在します。
オリンピックでのフィギアで、金をとったキム・ヨナの演技も残念だった浅田真央の演技にも点数とは別の部分での「美」が有りました。見る人の心に深く感じたのは、「失敗しない上手な演技」ではなかったはずです。

オリンピック後の演技でのキム・ヨナの転倒にも「醜」は感じませんでした。演技全体から彼女の感情の起伏を感じる事が出来「演技をする事」の価値である「美」を感じたからです。表現された「美」の過程は点数では計算できない部分でも感動させる事が出来るのです。

浅田真央の演技を切り貼りする事によって、彼女の「演技をする事」の価値は失われてしまいました。「美」は、テレビ局によって薄められてしまったのです。
なのに「あくまでショーなので問題はない。選手の妙技を見てほしかった」などと言う社長の発言です。

この社長は65歳になるまで何をしてきたのでしょう。何を心に感じてきたのでしょう。
映画のエンディングだけを見て映画を見たつもりになるのでしょうか。小説のあらすじを読んで、その小説に感動したと発言するのでしょうか。
何故フィギアスケートは、数分と言う時間を使い表現をしようとするのでしょうか。何故ワールドカップはPK戦ではなく90分かけて試合を行うのでしょうか。

スポーツニュースで得点の部分ばかり流す事が有ります。これは結果報告であり、それは競技としての「美」を見せる為の番組とは違います。そこには、人の心へ訴える部分のほんの一欠けらしか存在しないのです。
メダルや点数でしかスポーツを評価できないうちは、日本は「スポーツ」と言う「文化」において後進国でしかないのです。「完成」されたものにしか評価をしない文化は、その底辺でうごめく「醜」でしか「美」を表現出来なくなってしまうのです。

テレビ東京は、日本のメディアが文化や芸術に対して極めて無知だという事を露見させてしまいました。このままでは、日本の現代芸術や文化が、世界に「醜と言う形の美」としか受け取られないでしょう。
そして、その責任は日本人全員でとらなければならないのです。




Compay Segundo

The Cuban Heroes Collection [Best]


Cien Anos: 100th Birthday Celebration [Best]


彼は完璧な演奏は求めていません。そこには彼の求めている「美」が存在していないからです。

自分の表現したいものを表現しようとしているだけです。そこに彼の求めている「美」が存在し、それを求められている事を彼が知っているからです。

Buena Vista Social Clubで評判になり、日本でも色々と聴ける様になったのは素晴らしい出来事でしたが、一時の流行のようにとられるのは、少々悲しい事ですね。


スポンサーサイト

2009年12月01日 (23:38)

野村證券さん、シッカリしろよ! (Frankie Valli & Four Seasons)





また怒らせて貰います。すいませんねぇ、年を取ると短気になってしまって(笑)。

今日、野村證券がやってきました。ちょうど入り口のところに私がいたのですが、ドアを開ける時に彼の口から出た言葉は
「こんちわー、のむらしょーけんですぅー」

おいっ、いつから野村證券は近所の魚屋さんになったんだ?漫画の世界の近所の魚屋が勝手口で「ちわー、三河やでーす」って言うのと同レベルでどうするんだよ!

オマケに気に入らなかったのは、顔から髪の毛までテカテカしていた事。なんか、真剣さの無い顔とそれを見たらイライラしてきてしまいました(笑)。

本人に直接「お前、近所の知り合いでもないのに、コンチワーは、無いだろ。」と言って、ついでに「もう一度、社員教育受けてこい」と言って追い返しました。彼は私じゃなくて親父に用事が有ったんですけどね(笑)。






今回も音楽と上の文章とは関係有りません(笑)。

Frankie Valli & Four Seasonsには、個人的には小さな頃から特別な思い出がありますが、彼らの場合こういったベストもので良いと思います。勿論リアルタイムで聴いていた人は別ですけど。

今日、遠くから書き込みにやってきてくれた方がいました。招かざる客が来れば、こういったとても嬉しいお客様もいるんですね。もしかしたら本当に人生トントンなのかもしれません(笑)。


2009年10月24日 (22:01)

地元貢献って・・・愚痴ります (Byrd in Paris / Donald Byrd)


先週の日曜日は地元の区民運動会でした。一応『体育振興会会長』の肩書きが今年も有りますので偉そうに本部テントの中でそっくり返っていました(笑)。
準備から本番、そして後始末と関わってきて、明日の反省会が終わると、今年中におこなう予定のイベントがもう一つ有りその準備となります。今年度中となると2つのイベントと事業報告・決算報告、来年度の予算申請に役員選出と色々とならなければならない事が続きます。

所謂『生涯教育』と言う部分からの枝分かれで「体育振興会」と言うものが発足されたのだと推測できますが、その「体育振興会」の実態は『近所付き合い』と言うのが現実だと思います。常任の理事は近所の長男がほとんどですし、年度で変わっていくそれぞれの地区の理事は、今まで体育振興会のイベントに出た事も無い人が半分近くいます。

区長だとか地元の議員だとか発言力のある人たちだとかに優しい口調で褒められたり、労をねぎらわれたりはしますが、利用されているのは明らかで、クレームや苦情も多く、年々やってくれる人が少なくなっているのが現状です。それでもこれから地元で中心になっていくだろうと思われる立場の連中ですから「嫌でも」と言う部分が強いのが現実でしょう。

実は、私は今住んでいる場所にそれほどの思い入れは有りません。全てを売り払って出て行くことも平気です。
現実には田舎の国道沿いで駅前なんて、スズメの涙みたいな金額にしかなりませんし、考えてみれば持ち主の親父は現在も現役バリバリの口ウルサイ親父です。自分に発言力がある土地から出て行くなんて言う訳が有りません(笑)。
まぁ一度引き受けた限りは次の世代のやり易い環境を作ってから引き継ぎたいくらいの事は考えてはいますが、愚痴くらいはいつだって出てきます(笑)。


個人的には「地域差」と「地域格差」をまぜこぜにしている今の日本の有り方自体が、こんな田舎にも大きく影響しているように感じます。なんたって多数決の論理の使い方が間違っているのに、それを利用した政権に大きく振られた訳ですから、田舎の暮らしはこれまで以上に厳しくなるのは明らかで、日本が末端から腐っていくのを指をくわえて見ているのは辛い事です。

今の日本は人口密度の高さで物事の是非を判断するのが正しいと言う方向に進んでいますから、日本中の人間が東京に住むようになれば、きっと日本はみんなが平等の素晴らしく幸せな国になるんでしょうね。


Byrd in Paris / Donald Byrd

Dear Old Stockholm






*2枚で一対だと思ってください。

一時期は、みんなが血眼になって探した、まぁ俗に言う「名盤」です。
メンバーはDonald Byrd(tp), Bobby Jaspar(ts,fl), Walter Davis, Jr.(p), Doug Watkins(b), Art Taylor(ds)で、1958年にパリはオリンピア劇場で録音されました。

とても評判が良かった演奏ですが、どうなんでしょうね。悪いとは言いませんが、会場が広過ぎて客が多過ぎる気がします(笑)。

どこかしら余所行きの演奏で丁寧なのですが、熱気がイマイチ伝わってきません。私が上品じゃないのでそう感じるのかもしれませんが、彼らの魅力の70%程度のような気もします。

買って損をするような、聴いて損をするような演奏では有りません。ハッキリ言って、時々出してきて聴いています(笑)。
きっと私が簡単に使われる「名盤」と言う言葉が嫌いなだけだと思います。


2009年01月14日 (19:19)

無気力と言う存在の仕方も有るって事–もしくは、心に一輪の花を(The Hilversum Session - Albert Ayler)



9a01

深夜の天気予報では、この地方でも雪が降るかもしれないと言っていた。朝起きた時には、それでも何となく曇っていたが、昼を過ぎた今は、青い空が広がっている。
窓を開けると乾燥した冷たい空気が肺の中をざらざらにする。冷たくなった珈琲を口元まで持って言ったが、飲むのを止めてカップをテーブルの上に置いた。煙草を咥えて火を点けて、窓を閉めた。Jazzminが残念そうな顔をしている。

年末の調整が上手くいかなくて今年へずれ込んだ予定がブラブラと目の前にぶら下がっている。何もかもがダラダラと流れていって、完全に日にちと曜日の感覚が麻痺をしている。
私は元々だらけた人間だ。調子が上がらない事に色々と理由を付けて自分を納得させようとするし、周囲にはだらしの無い人間と思われている事も理解している。それでも出て行かなければならない時がたまに有ったりする。

9a02

ボサボサの頭に1週間髭を剃っていない顔で車に乗り込もうとしたら近所の人に新年の挨拶をされた。
挨拶を返しながら、いつまで新年の挨拶は有効なんだろうと考えていたら、ナビの小さな画面の中でテレビのニュースが旧正月の事を言っていた。

世界中が西暦で新年を祝う訳ではない。少し時代をさかのぼれば毎日何処かで正月を祝っていたと言っても良いだろう。世界が広く人々は無知で、地球が平坦だと言い張った宗教が世界を牛耳るまでは、それぞれの地域の暦は自然と一体となって生きる為に必要な知識だったのだ。

9a03

日本の旧暦、エジプト暦、エチオピア暦、マヤ暦、インカ暦、イラン暦、グレゴリオ暦、ユダヤ暦、ギリシャ暦、バビロニア暦、中国暦、イスラム暦・・・それぞれの地域や宗教で沢山の暦が存在する。それら全てに生活と複雑に結びついた理由が存在した。今でも宗教的意味合いや仕来りや形式として残っているものも有る。

しかし普段の生活は計算上正しい数値が出る形を優先している。四季の変化や地域の環境を無視して、4年に一度365日に1日を足して帳尻合わせをする事で数字的誤差を補足して、それらに合わせて生活する事で相互理解と言う名の安心を世界中が共有出来ると思っている。

9a04

みんなと同じ価値観でいる事の延長が流行だ。前年度に「来年の流行は云々」と言う決定が降り、全てはそこから始まる。素晴らしいから流行するなんて事は、今の今まで一度も無い。価値観の共有による安心感が全てだ。流行を決定する側は、いつまでも決定する側に存在し、流行と言う名の安心を人よりも早く手に入れようとする人間は、ずっとそちら側で消費するしか術は無い。

左ひざに大きな穴の有るGパンをはいている。そろそろ新しいのを買おうと思ったら、インドネシアから働きに来ている連中に「ロックだ!」と言われた。んーそんなものなのか、と思ったが、もう一方から見れば、浮浪者かなにかにしか見えないだろう。
自分の存在理由は自分で決めるが、社会的存在理由は他人が決める事なんだと思うと、ここにいる自分が何故かしら馬鹿馬鹿しく思えてきたが、ここに居る事自体は事実なのだ。

9a05



The Hilversum Session
Albert Ayler



*私が持っているのとジャケットが違います。
「通常1~2か月以内に発送します。」だそうです。
「無い」とほとんど同じ意味だと思います(笑)。

01. Angels
02. C.A.C
03. Ghosts
04. Infant Happiness
05. Spirits
06. No Name

Albert Ayler (Tenor Sax)
Don Cherry (Cornet)
Gary Peacock (Bass)
Sunny Murray (Drums)

Recorded on November 9, 1964.
Hilversum, The Netherlands

Don Cherryはもう一人のAylerに徹している。まるでAylerの影のように。人は様々な感情を持っている。ここでのDon Cherryは自らを介して、Aylerを表現しようとしている。そうすればそうするほどDon Cherryらしさが表に表れてくる。そしてAlbert Aylerが存在する。不思議な世界だ。





2008年05月17日 (01:15)

グリーン・ピースは醜い犯罪集団(Blue Lake - Don Cherry)


大嫌いです。環境保護団体とか動物愛護云々の名を語って、自分たちのやる事全てを正当化しようとする奴等は最低です。
彼らは人を殺しても正当化するのでしょうね。それに近い事は今までに幾らでもやってきているしね。

グリーン・ピースの今回の鯨肉盗難の件もただの窃盗事件でしかないのに正当化しようとしている。裁判ででも勝つつもりでいる。
盗まれた運送会社は信用問題にかかわる大変な事件。盗まれたまま放置していたら・・・会社としてやっていける訳が無い。
グリーン・ピースは盗んだものを速やかに運送会社へ返し、犯罪集団として法の裁きを受けなければならない。正義の基準はグリーン・ピースが決める事じゃない。

世界中の動物や木々や山々や海が、彼らグリーン・ピースたちの愚かな行動に泣いている。と私は思うけどね(笑)。
台風の災害支援を受け入れない愚かな出来事も何万人が一度に亡くなった中国の地震も、それからグリーン・ピースと言う強盗集団も、全てが悲しいだけだ。



Blue Lake - Don Cherry



コレが流れてきたらJazzminがソワソワしだした(笑)。
通常3~5週間以内に発送します。かぁ、無理っぽいなぁ。


アルバムとは関係無いけどDon Cherry & The Sound Unity Festival Orchestra





現在Sonny Rollins が来日中でTさんやSonnyさんや沢山の人が見に行かれたと思うのでSonny Rollins and Don Cherry in Roma 1963をオマケに。





2008年01月23日 (19:30)

いつから私は人気ブロガーになったんだろう?



今日、下記のような文章が、本人のみ閲覧と言う形で書き込みされました。多少伏字を使いますが、載せてみますね。


はじめまして
はじめまして。私は「◇◇◇◇◇◇」の■■と申します。ブログを拝見し、コメントさせていただいております。

現在、ある洋楽ミュージシャンについて、記事を掲載いただける人気ブロガーさんを探しています。

さんのブログを拝見し、洋楽関係のコンテンツがとても充実していると感じました。

是非ミュージシャンンの盛り上げにご協力いただきたいと思い、コメントさせていただきました。

少しでも興味がございましたら、詳細をメールでご説明させていただきますので、ぜひこちらまでご連絡ください。
※ご協力いただいた際には、謝礼をご用意させていただきます

 ⇒ ◇◇◇◇@media. ◇◇◇◇.co.jp

今回このような形でコメントを書込みましたことをお許しください。
こちらのブログにふさわしくないようでしたら、お手数ですが削除していただきますようお願いいたします。

 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂◇◇◇◇ ◇◇ビル37 3F
 株式会社◇◇◇◇ ■■■子
 URL:http://www.◇◇◇◇.co.jp/


個人的に私のBlogに興味を持ってくれる事は大変嬉しいのですが、■■■子さんと言う方が私のBlogを読んだとは思えないし、もう一度ココを覗くとは思えないのです。
なにせ名無しの[ さん]ですし(苦笑)、内容に一言も触れていませんから、多分気が狂うほど書き込んだ中の一つなんでしょうね。

「人気ブロガーさんを探しています。」そうですが、ハッキリ言って読んでくれる人の数なんて微々たるBlogです。残念ながらあてはまりません。
検索して見に来てくれる方の一年通して一番多いキー・ワードは多分「松前漬けの作り方」ですし(涙)、いつも読んでくれている方はリンクを貼ってくれた方くらいだと思います。

年をとると猜疑心の塊になりますし、自分のBlogが一般受けするとは思っていませんし、両手で数えられるほどの反応してくれる方の優しさで続けているようなBlogです。

このBlogに興味を持ってくれたのなら、こんなに嬉しい事は有りません。人にウケようなんて考えてはいないと言っても、やっぱり人前にさらす形で書いていますので、反応が有るととても嬉しいですしその気になります。
本当に興味が有るのなら、もう一度見に来てくれると思うので、その時にまだ興味が有るのならもう一度書き込んで欲しいですね。


と、ここまで書いてから、気になったのでNetで調べたら、とあるBlogの書き込み欄に下記のような文章が有りました。


はじめまして。私は「ブログスカウト」の池田と申します。ブログを拝見し、コメントさせていただいております。

現在、某大手不動産企業の住宅関連のクチコミサイトに、ブログ記事を提供いただけるブロガーさんを探しています。

□□□さんのブログを拝見し、インテリア関係のコンテンツがとても充実していると感じました。

是非サイトの盛り上げにご協力いただきたいと思い、コメントさせていただきました。

少しでも興味がございましたら、詳細をメールでご説明させていただきますので、ぜひこちらまでご連絡ください。
※ご協力いただいた際には、謝礼をご用意させていただきます

 ⇒ blog_scout@media.writeup.co.jp

 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-18-3 フジビル37 3F
 株式会社ライトアップ 池田晴子
 URL:http://www.writeup.co.jp


あらら、伏字にする事も無かったですね(笑)。文章も一部分を抜けば、全く同じですね。悪意は無いとしても、コピペは明らかですし、「やっぱり、下手な鉄砲、数打ちゃ当たる方式なんだ」と思うと、萎えてしまいます。この書き込み自体が『報酬』の有るだろう『仕事』なのかな。
この世に狂うほど沢山有るBlogですから、向こう側の気持ちもわからない訳では有りませんが、ちょっぴりガッカリも本音です(笑)。

でも考えてみたら私のBlogは、沢山の人に受け入れてもらおうなんて考えた事も無いBlogでした。この際だから『読んでくれる方に優しいBlog』に、ちょっと方向転換しようかな(笑)。・・・・・・・・・無理か・・・・・・(爆)。




2007年08月01日 (19:51)

神様(Yes)と呼ばれたい人たちの城(Castle)


Starcastle


政治に関して滅多に発言しないししたくも無いけど、とんでもない選挙は終わったし、少しくらいなら良いよね。あくまでも素人の戯言ですから本気で怒ったりは駄目(笑)。

『自民党』は大きな城か何処かの殿様の様な感じで『打倒、自民党』だとか『悪の根源、自民党を壊せ』みたいなマスコミのノリに便乗して、『民主党』と言う名の王様になりたいお金持ちの人たちとその裏でニヤニヤしてるお役人や商人の集団が大量の議席を獲得したけど、このままでは今より悪くなっても良くはならないと思う。

自民党の悪口はマスコミを中心に沢山の人が語るからあえてココで書くのもつまらないけど、いまだに士農工商だと思ってるアホや、敗戦の悲壮感や恐怖を引き摺りアメリカの傘下でしか生きていけないようにした臆病者を保護しようとする変な優しさは、もう必要が無いと思う。

マスコミ受けが良く、選挙上手な民主党の危険度に気が付いている人はあまりいないのは、彼らが頭が良いと言う事の証明だろうけど、自民党でトップに立てなくて逃げ出した人と社会党が一つになった時点で異常だと思うのだけど、何故みんな平気なんだろう。これ以上の事を書くと世間の流れと違うから「右」とか「左」とか言われそうだから止めておこうっと(笑)。

共産党は卓上の論理で遊んでいてほしい。彼らは自らの論理を正当化する為なら人を数としか考えないから。社民党?それ何?そう言えば他にも幾つか有ったな。

二大政党化が良い方向だと言う意見が一般的だと思うけど、何故二大政党化が良いのだろう。多分マスコミが「二大政党化が理想」だとか「二大政党化が良い」と言うから『多分それが良いのだろう』という程度の事だろうけど、自民党みたいなのが二つになるだけなのに。今の民主党には[元]自民党が沢山いるのにね。アメリカがそうだから余計に真似したくなるのだろうけど、アメリカはキリスト教の元での政治だからね、元々他の主義主張の存在は認知しないと言う大前提があるのに。

大勢の人が集まって同じ方向を向くなんて無理。考えただけで気持ちが悪い。派閥が有ってあたり前だと思う。勿論その有り方には様々な問題が存在するのだろうが「日本を良くする為に」とか「国民の為に」とか「サラリーマンの為に」なんて事ばかり言う嘘つきよりも潔いと思う。

政治家は選挙で投票されて選ばれる訳であって、神様に「あなたは心の綺麗な人だから政治家」と任命される訳じゃないのに。そう言えば神様も世界中で流血や差別の原因をいまだに作り出しているから、使い物にならないね。

「日本を良くする人に投票する」なんて言う人は完全にマインド・コントロールされていると思う。早く目を覚ますべきだよ。元々政治は「祀り事」だから政治家を神様だと思っているのかな。自分を神様だと思っている政治家は沢山いるかもしれないけどね。

沢山の人が様々な立場に有り様々な意見が有るのに「日本を良くする」とはどんな事を指すのだろう。「自分を得させてくれる人に投票する」と本音で言えないのは、多分誰が自分を得させてくれるのかわからずに「自民党だぁ」とか「民主党だぁ」とか言っているからなんだろう。これって凄く恥ずかしいと思うし馬鹿な自殺行為だと思う。

政治家が「日本の為」とか言うのは浮動票が欲しい為で、実際には将来の二大政党さんだけではなく、その他諸々の政党も組織票を投じてくれる人たちの利益になる為の政治を行なっている。勿論それは正しい事で有り選挙で選ばれた人は選挙で投票してくれた人の為に働く義務が有るのだ。その義務を果たさない人は次の選挙では「ただの人」に落ちぶれてしまうしね。

この日本に大きな城を二つ作って、他の小さなお城モドキを全廃しようとするのが、最も危険な行為である事に気が付くべきだと思う。自民党は派閥と言う名の小さな政党が集まっているだけなのだから与党になれないと思えば簡単でしょ?(笑)民主党もマスコミや世間にいじられる前に自浄する為にも分裂すべき。単独で政権を取れる様な政党が有るから沢山の間違いが起こる。

様々な立場から様々な意見が出て、その都度多数意見を取り上げて行けば、日本経済が不安定になったり海外との関係がもっと悪化する事になるかもしれないけど、誰も文句は言えないようになるんじゃないのかな。まだ日本人は現代政治的に幼く、戦後から脱してはいないのだから。

途中で、神様やお城や殿様に例えたりしたから「Yes様になりたかった、星のお城」を(笑)。


Starcastle
Starcastle



01.Lady Of The Lake
02.Elliptical Seasons
03.Forces
04.Stargate
05.Sunfield
06.To The Fire Wind
07.Nova

Terry Luttrell : Lead Vocal
Gary Strater : Bass, Vocal
Stephen Tassler : Drums, Percussion, Vocals
Herb Schild : Organ, Synthesizer, Pianos
Matthew Stewart : Guitars, Vocal
Stephen Hagler : Guitars, Vocals


アナログ時代から聴きたい聴きたいと思いながらも結局はその都度思いとどまり購入する事の無かったStarcastle。初めて興味を持ってから30年の月日を越え、遂にアルバムを購入してしまいました。

しかしまぁ本当にYESに似ています。曲構成とかのレベルじゃなくてボーカルの声質や楽器の音質・フレーズまでソックリ。時々見せるオリジナリティの部分で「おおっ」と思うほどソックリです。オリジナリティに特許とか著作権みたいなものが存在するなら完全に訴訟問題に発展するでしょう。

ただ、似ている事を否定的に受け取る事が出来ない潔さが有ります。「へー、そうなんだ。うん、わかった。」と思わず受け入れてしまうのです。なんて言うのか「そうそう、ボクもイエスが好きなんだよ。」みたいな気持ちにさせられてしまうのです。何処かの誰かさん達とは全然違って「神様(YES)みたいになりたい」と言うストレートな部分に共感出来るのです。

Bassの方が亡くなったそうですしHPの方も存在するだけで中身が丸々無いと言う可哀相な状態では有りますが、今現在もグループを解散していない、そのダラダラとした状態にも何となく好感を持ってしまうのですが、今までに発表されたアルバムのほとんどが廃盤なのにも哀愁を感じてしまいます。


なーんか、可哀相な彼らのHPはコチラ


2007年07月12日 (01:07)

幸せは貰う事よりも感じたいものだと思ったりする


近所に今年19歳になる知的障害者の女の子が住んでいます。彼女の家族とは随分昔からの知り合いで、ご両親の事も良く知っています。そんな彼女が今日引越しの挨拶に来てくれました。8月にここから車で20分ほどのところへ引っ越すそうです。

彼女の障害は計算が苦手な事で、数字に関しては小学校の低学年程度ではないかと思います。しかし人との会話は全く問題が有りませんし、物事を分析し順序だてて考え自らの意見を加えて説明する事が出来ます。

学歴が低い事と障害者手帳が有る事で、中々まともな仕事につく事が出来ないようです。今回も実際には引越しの挨拶と言うよりも、自信を失った自分に普通に相手をしてくれる人を探して私に会いに来たような感じでした。

彼女(彼)の様な立場の人と話しをする時、私は叱咤する事が多くなってしまいます。「自分を低く見ている」とか「出来ない事よりも出来る事の方が多いじゃん」とか「努力を忘れてるんじゃないの」なんて言葉ばかりで、優しい言葉をかけてあげる事はほとんど有りません。


この2年間介護の補助の仕事を真面目にやっていたと言うのが、私の今日までに知っている彼女の最新情報でした。
彼女にも顔を見た瞬間に「おっ、仕事頑張ってるか」と声をかけると先月いっぱいで辞めたと言う事でした。引っ越して仕事先が遠くなるからと言うのが彼女の私への説明でした。

彼女が後先を考えずに辞めた事を叱りました。彼女なりの考えが有り説明が有りましたが、「考えが甘い」と一蹴しました。普通はご両親が言うだろう事で私がとやかく言う立場に無い事はわかっていながらです。

彼女は学歴の無さと障害者手帳を持っている事に引け目を感じていました。私が話したのは「自分を低く見過ぎている」と言う事と「確かに何かと不利では有るが、自分の出来る事さえ放棄する程の事ではない」と言う事でした。先述のように彼女は会話自体は全く問題なく理解してくれますし、私の言葉を自分の頭の中で整理する事も簡単に出来るのです。

「普通の人が5出来る事を自分は同じ様に出来ないと言って放棄すると0だけど、社会が必要としているのが5とは限らない。2や3でも良いかもしれないのに君は諦めるから自分が0だと思い込んでいるんだ」と言うのが最後の言葉でした。彼女はこの言葉で何かを理解してくれたようでした。


彼女(彼)の様な立場の人は保護され、隔離され、特別扱いされ、健常者と同様に出来る事さえ禁止されてしまう事が多いように感じます。その中で甘えを覚え、逃げる事を覚え、責任転嫁する事を覚えていく人を多く見かけますし、色々な施設で働く人からもそんな話を聞く事が有ります。原因は彼女達を幸せにする事を考えても、彼女達が幸せを感じるのか考えないで形にしようとするからじゃないかと思います。

自らが出来る事を認識させてあげる事と、努力すれば今よりも出来るようになる自信を持たせてあげる事が大切だと思います。そして、何よりも彼女が達成感や心地良い疲労を感じる瞬間を沢山作ってあげる事が、社会全体のプラスになるのではないかと思いますし、結果的に彼女自身が幸せを感じる事になるのではないかと思います。

私は社会福祉関係の仕事をしている訳では有りませんから、素人の考え方で有るし素人の接し方でしか有りません。自分のして入る事が正しいと胸を張って人様に語れるほどでも有りませんし、自分が人に講釈出来るほどの人間だとは思っていませんが、何かを求めて私に会いに来てくれる人には、自分の方法での相手をしなければ失礼だと思っています。

近所のおじさんが近所の子供に声をかけていると言う程度で何の義務感も有りませんが、彼女(彼)が自立して幸せになって欲しいと考えるくらいの優しさは有るつもりですし、それに伴った個人的ポリシーくらいは有るのです。
そして、彼女にだって幸せを感じる権利が有るのです。


文章としてまとまらなかったかもしれませんが、それもまぁいつもの事ですから(苦笑)。


Sementes No Vento
Marcia Tauil




ブラジルのマルシア・タウイルが2002年に録音した物で、日本の小さなメーカーからも出ています。取り立ててどうのこうの言うような内容も無い普通のMPBですが、素晴らしく心地良いアルバムで有る事は間違い有りません。今日は夕方からずっと繰り返し繰り返し聴いていました。


2007年07月09日 (20:52)

「ライブ・アースで、地球を汚そう」って事だったの?


Stopって書いてある


Live Aidもイベント好きな連中と利用する事によって個人的に有益な一部の連中の為の道具になってしまったけど、Live Earthは最悪だな。今までの様々なチャリティーよりもずっと嫌な匂いがプンプンする。地球よりも大切なものが有る人たちの為のイベントって感じがしてしまう。元々環境保護団体には、ヤバい連中が多い事だし。

Live Earthによって地球が傷ついた事に気が付くのはどれくらいの日数が必要なんだろう。Live Earthで傷ついた地球がLive Earthを行なう前の状況に戻る事は出来るのだろうか?そう言う事を考える余裕を与えないようにマインド・コントロールでもしたのだろうか。

こんな事をせずに「今から6時間、エネルギーの使用を止めよう」なんてイベントを行った方が参加者は少なくても有意義なはず。最低でも「参加演奏家は全てアンプラグド」ぐらいの事は出来たはず。「今回のLiveで私達の使っている電気でも地球が傷ついています」ってTシャツでも着て演奏した人が1グループくらい居たのかな?

Live Earth

今回も利用されたミュージシャンの皆さん、ご苦労様でした。そろそろ気が付いても良いと思いますよ。イベント好きなミュージシャンの皆さん、イベントの趣旨を理解していましたか?まぁ、お祭り騒ぎで楽しかったって程度でしょうか。

今回のイベントが残したものは、大量のエネルギー消費によって起こる大気の汚れと、ゴミによって傷つく水と土と、一部の人間の利益以外に何が有るのだろう。このイベントに参加して、エネルギーの使用量を減らそうとかゴミの排出を減らそうとする人がどれくらい増えるのだろう。

音楽は素晴らしいと思っている。イベントで沢山のミュージシャンが演奏するのも面白いと思う。でも、たぶん、Live EarthとかEarth Aidと言うタイトルでする事は、別に有るんじゃないのかな。



2007年03月12日 (19:53)

暇じゃないけど、こんな事する気分



逃げろ~。



民降る
タミフル


仮住まいモーテル
カリスマ・モデル


あっ!エロ絵
アロエ


可か不可でしょう
花粉症


チクる音楽家
地球温暖化


恫喝痴呆占拠
統一地方選挙


団子鵜
談合


誰が食う牛脂
大学入試


頓狂と珍事
東京都知事


無事や
不二家


これが、ちっちゃい
高齢化社会


どうしようか、かぶるか
東証株価


[オマケ]

ジャイケル・マクソン
マイケル・ジャクソン


アメリカ人でさえ聞き取れない歌詞を、日本人の私がどう理解出来るかなんて「私の勝手でしょ」ってなもんで、「コレ、やっといて」って言ったのを「コリャ、やっとっと?」って訳のわからない言葉で聞き返されても全く動じたりはしないのである。


Category
Recent Comments
Link
ブロとも申請フォーム
ブログランキング
最近のトラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
275位
アクセスランキングを見る>>

Appendix


Search this site
PUKIO Latinoamerica
名古屋市大須に有るPUKIOは、ペルー人の友人Miguelが経営するお店です。小さな店ですがアルパカ商品やエケコ人形など面白いものが沢山有ります。お店に行けば彼の面白い話が聞けるかも。

FC2にBlogが有りますしHPで買い物もできます。
pukiolatinoamerica01-180.jpg
 PUKIO Latinoamerica
 名古屋市中区大須3-42-3
 TEL/FAX 052-251-5161
 11:00~20:00
 定休日 火曜・水曜
Profile

falso

  • Author:falso
  • いらっしゃいませ。

    元々は音楽Blogで始めました。色々な音楽について言いたい事を言っているうちに猫の写真やら過去の話しやら書き出していて、気が付いたらこんなBlogになってしまいました。

    と、言いながら4年ほど放置していました。

    そんな訳で勝手に放置して、勝手に再開しようと言う、身勝手な人間のBlogです。
    オマケに犬派を明言しながら、気が付けば猫を4匹飼っています。
Mailform
Blogに関係無い事や個人的に言いたい事が有ればコチラからお願いします。ギャグや冗談だと喜びます(^^)/。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
RSSフィード
ジャスミンの花
P1010167-895.jpg